https://gamy.jp/yokaiworld/youkaiword-hyoi-howto

【妖怪ウォッチワールド】ヒョーイのやり方とメリット

ライター

もちごめ
0
コメントへ

『妖怪ウォッチワールド(妖怪GO)』のヒョーイ機能について掲載しております。ヒョーイ機能のやり方やメリットも掲載しているので、『妖怪ウォッチワールド』攻略の際にご参照ください。

ヒョーイとは

ヒョーイとは、『妖怪ウォッチワールド』に登場する妖怪(妖怪メダル)をほかのプレイヤーにヒョーイ(憑依)させて、妖怪を別の場所に連れて行ってもらえるシステムです。ヒョーイすることで自分では行けない場所の妖怪などにも出会える可能性があります。

ヒョーイのやり方

妖怪ホルダーに妖怪を設定しよう

ほかのプレイヤーにヒョーイをするためには、まず妖怪ホルダーに妖怪を設定する必要があります。妖怪ホルダーの設定はメインメニューの妖怪メダルをタップし、妖怪ホルダーボタンから設定することが可能です。

妖怪ホルダーに入れることができる妖怪メダルは、初期の時点では8体までですが、妖怪玉を使うことで、妖怪ホルダーを拡張することができます。

サーチしてほかプレイヤーにヒョーイしよう

プレイヤーにヒョーイさせるために、まずは周囲を妖怪ウォッチでサーチしてプレイヤーを探します。プライベートモードをOFFにしないとほかプレイヤーが表示されないのでOFFにすることを忘れないようにしましょう。

プレイヤーアイコンをタップし、よく行くところや移動距離、ひとことなどを参考にヒョーイするプレイヤーを決めます。画面下部に表示されているホルダーから好きな妖怪メダルをドラッグしてヒョーイしたいプレイヤーに重ねることでヒョーイすることが可能です。

プレイヤーのヒョーイ承認を待とう

プレイヤーにヒョーイして妖怪を運んでもらうためには、相手の承認が必要になります。ヒョーイしていても相手の承認がなければ、移動距離が増えることはないので注意が必要です。ヒョーイを拒否された場合は妖怪が待機状態になるので、再度サーチしヒョーイさせましょう。

ヒョーイされている時にできること

ほかプレイヤーにヒョーイさせることが可能

ヒョーイしてきた妖怪はほかのプレイヤーにヒョーイさせることが可能です。ヒョーイさせるとうんがいゲージを溜めることができます。妖怪の木を使ってヒョーイする際にうんがいパワーが必要になるので、積極的にほかのプレイヤーにヒョーイさせましょう。

おでかけバトルで妖怪とともだちに

ヒョーイしてきた妖怪には、おでかけバトルを仕掛けることができます。ヒョーイされている妖怪メダルをバトルトレイに入れることでバトルスタート。バトルに勝利することでその妖怪とともだちになれることがあります。

しかし、バトルに一度勝った場合、ヒョーイしていた妖怪は周囲のプレイヤーに自動的に乗り換えてしまうことがあるので注意しましょう。

ヒョーイをする・されるメリット

ヒョーイした先に妖怪の木を植えよう

妖怪をヒョーイさせた場合、プレイヤーのいる場所に妖怪の木を植えることが可能です。自分では行かないような場所に妖怪の木を植えることで、その地域の妖怪と出会える可能性もあるので、積極的にヒョーイし、移動先に妖怪の木を植えましょう。

ヒョーイして報酬をゲットしよう

ほかのプレイヤーに妖怪をヒョーイさせることで、プレイヤーの移動した距離に応じたヨーカがもらえたり、ひとだまやおみやげを入手することが可能です。ヒョーイした妖怪は呼び戻すボタンから呼び戻すことができ、移動距離やヨーカ、おみやげなどの報酬を確認できます。

おでかけ先から妖怪を連れてくることも

ヒョーイさせた妖怪はおでかけ先から呼び戻した場合、ヨーカなどの報酬のほかに、おでかけ先の妖怪を連れてくることがあります。バトルすることで妖怪をともだちにできるので、妖怪を連れてきたら、バトルをしましょう。

ヒョーイされた場合はヨーカを獲得しよう

自分がヒョーイされている場合は、画面左上のウィスパーがふきだしで教えてくれます。ヒョーイされた状態で移動すると距離に応じてヨーカを獲得することが可能です。自分に妖怪がヒョーイしている場合は、紫の妖気をまとったメダルが妖怪ホルダーに出現します。

報酬はヒョーイ時間が終了した場合や持ち主がほかプレイヤーにヒョーイを乗り換えさせた時は、ゆうびんでヨーカが届きます。自分で妖怪をほかのプレイヤーにヒョーイさせた場合は、乗り換えさせた時点で所持ヨーカに加算されます。

ヒョーイについてのまとめ

『妖怪ウォッチワールド』で重要な要素になるヒョーイ。ヒョーイする場合もされる場合もメリットがあるので、ほかのプレイヤーがサーチできた場合は、積極的にヒョーイしていきましょう。