新作『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』発表ステージレポ

※本記事はプレスリリースに準拠して製作しています。

2018年まで待てない!? f4samurai 開発の新タイトルの プレゼンテーションにあのレジェンド声優、山口勝平さんも登壇!

株式会社セガゲームス(以下 セガゲームス)と、株式会社f4samurai(以下f4samurai)は、12月3日(日)に新宿「LUMINE 0(ルミネゼロ)」にて、オフラインイベント、“f4 ファンフェスティバル(以下、f4 ファンフェス)”を開催しました。その中で17時35分より行われた、『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』発表ステージのレポートをお伝えします。

『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』は、パブリッシャーをセガゲームス、開発をf4samurai が担当するRPG で、プラットフォームはiOS とAndroid、配信時期は2018 年を予定しています。

大陸も海もなく、高大な空で生きる人々の世界<ウイトラスト>を舞台に、ある日、行方不明だった国際指名手配の父親から、未知なるチカラを持つといわれる世界の底<エンドロール>にたどり着いたという手紙と、下層の空へと向かう<ログ>を受け取った主人公のヒューゴが、人間と共存する星から生まれた小さき種族<ピノ>のニールとエンドロールを目指して旅立つ、誰も見たことのない空の冒険が味わえるストーリーとなっています。

今回は同作品の出演者である山口勝平さん、村瀬歩さん、f4samurai 中村昭宏氏、セガゲームス熊澤南氏にご登壇頂き、松田るかさん、堀江一眞さんのMC にて、ゲーム内容や今後の展開についてトークしました。

まず、ゲームのストーリーについて中村氏、熊澤氏から説明があり、舞台設定についても説明されました。キャラクターについての説明では、主人公であるヒューゴとニールの紹介があり、ヒューゴ役を演じる村瀬さんを「村瀬さんに演じていただき、本当にキャラクターと声がぴったりで感動しました!」と中村氏が絶賛。

また、ラヴェルを演じた山口さんは「目と口の感じが、まさに俺のキャラ(笑)。後、泣き虫という設定も一緒ですね。」と演じられた感想を述べました。あわせて、アポロを演じた感想をMC の松田さんが述べられる中、一人だけ出演されていないMCの堀江さんが抗議をすると、なんと堀江さんが今後演じることになるキャラクター、ヴァレントの発表がありました。これには堀江さんも「嘘じゃないですよね!?」と喜びのコメントを出されました。

その後、脚本原案は『仮面ライダー電王』『進撃の巨人』などを手掛けられた小林靖子さんが、サウンドは『クロノ・トリガー』などを担当したプロキオン・スタジオが、オープニングアニメはスタジオM2が担当することが紹介されました。

最後に「皆さんがいっぱいプレイしてくれれば、イベントとかもできると思うので、ぜひぜひ応援をよろしくお願いします。」(山口さん)、「僕自身も続報を楽しみにしているので、皆様も期待していてください。」(村瀬さん)とコメントされ、イベントは無事終了しました。

アプリ概要

タイトル:ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~
パブリッシャー:セガゲームス / 開発:f4samurai
ジャンル:RPG
配信機種:iOS/Android
配信予定日:2018年
価格:無料(アイテム課金有り)

©SEGA・f4samurai