名作タイトル内蔵ゲーム機「GENERATIONS4」発売日が7月5日に変更、本体・SDカードへのデータセーブの不具合で

※本記事はプレスリリースに準拠して製作しています。

JNNEXは、 往年の名作タイトル内蔵ゲーム機「GENERATIONS4(ジェネレーション4)」について、発売日を5月31日から7月5日に変更したことを発表しました。

製造中間チェックにおきまして、 内蔵している7タイトルについて『ジェネレーション』本体の機能である「本体およびSDカードへのデータセーブ」に対応出来ない事が判明したため、 メニュー周りの一部変更を余儀なくされてしまい、 修正に時間がかかってしまいました。

以下7タイトルについてはゲーム途中でのセーブが出来ませんが、 通常プレイやコンティニューに支障はありません。

●ゲーム途中でのセーブが出来ないタイトル:
R-TYPE LEO、 クロスブレイズ、 魔法警備隊ガンホーキ、 ザビガ、 ファイティングファンタジー、 ロードオブキング、 天聖龍

発売直前の発売日変更のご案内となりまして、 「ジェネレーション4」を取り扱いの販売店様、 事前に予約をしていただいているユーザー様をはじめ、 関係の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

Copyrightc2018 JNNEX Co.,Ltd All Rights Reserved.