https://gamy.jp/tidesofwar/tidesofwar-howto-proceed-early

序盤の進め方

ライター

トリ
0
コメントへ

スマホアプリ『パイレーツ・オブ・カリビアン 大海の覇者』の序盤の進め方についてまとめた記事です。ゲーム開始後、何をどのようにすすめたら良いのかをまとめました。ぜひ参考にしてください!

はじめに

このゲームの大きな目標は、強力な東インド会社との対決、交易都市の占領、ワールドボスへの挑戦など、多岐にわたります。

そんな大きな目標を達成するために、序盤に何をすべきかを解説して行きます。

大海の覇者になるために必要なもの

新米の船長が、やがて大海の覇者として名を轟かせるためには、何が必要でしょうか?

答えは、強力な海賊船と屈強な海賊達です。

海賊船を手に入れる

まずは、海賊船を手に入れましょう。海賊船は造船所で作ることができます。

最初は小さな船しか作れませんが、造船所のレベルを上げて行くことで、より大型の船を作ることができるようになります。

酒場で海賊を募集する

拠点にある酒場を覗いてみましょう。屈強な海賊達が、酒を飲み交わしています。
酒場では、海賊を雇用することができます。

酒場のレベルをあげると、より強力な海賊を雇うことができます。

部隊の状況を確認する

拠点の右端にいる海賊幹部を、タップしてみましょう。

ここでは、部隊の状況を確認することができます。

雇用している海賊の人数により、1時間当たりの食糧の消費量が変動します。
必要以上に雇わないように心がけましょう。

海賊を乗船させる

拠点の右下を見て下さい。仕事もせず食糧だけ消費している海賊はいませんか?

海賊達を、船に乗せてあげましょう。彼らの活躍の場は大海原です。
ふ頭に停泊している船をタップして、乗り込む海賊を編成します。

近海を探索する

海賊船と海賊の準備が調ったら、いよいよ航海の始まりです。
右下のアイコンをタップして、近海を探索してみましょう。

自分以外のプレイヤーの存在

大海には、数多くのプレイヤーが存在し、各々がその名を馳せる為に、腕を競い合っています。
プレイヤーとの戦いに勝利することで、資源を奪うことができます。非情にも、弱者は強者の糧となるのです。

しかし、まだ戦力の調っていない状態で、こちらから無闇に、ほかプレイヤーに攻撃を仕掛けるのは得策ではありません。

ゲーム開始後3日間は、他のプレイヤーから攻撃されないバフ「平和維持」が掛かっていますので、その期間で十分な戦力を整えるようにしましょう。

※ほかのプレイヤー、東インド会社への攻撃、偵察をしてしまうと、このバフは解除されてしまいます。

島を占拠して資源を採取する

拠点の資源生産施設だけでは、生産が追いつかなくなる場合があります。

そんな時は、大海に点在する、農場島、森林島、銀鉱島を占拠して、資源を採取することが可能です。

資源のある島は、東インド会社が占拠している状態になっています。対抗できる戦力で攻撃をしかけましょう。不安な場合は事前に偵察をして、戦力を把握することをお勧めします。
※平和維持のバフがかかっている状態で、偵察や攻撃をするとバフは解除されます。

資源の島は、東インド会社ではなく、ほかのプレイヤーが占拠している場合もありますので、攻撃の時は十分注意しましょう。

東インド会社から略奪する

農場島、森林島、銀鉱島の採取には、時間が掛かります。
その間、採取中の海賊船は使用できなくなってしまいます。

手っ取り早く獲得する方法があります。

それは――、戦って奪い取るのです!

ほかのプレイヤーに攻撃をしかけると、報復のリスクが伴いますが、東インド会社であれば、そんなことを気にする必要はありません。
※平和維持のバフがかかっている状態で、偵察や攻撃をするとバフは解除されます。

東インド会社を攻撃するには「3級出征命令書」が必要になります。これは、魔物を倒すことで手に入ります。

魔物と戦う

航海中に遭遇するのは、人間達ばかりではありません。獰猛な魔物達が、海賊達の夢を飲み込まんとばかりに、大きな口をあけて待ち構えています。
※魔物は、低いレベルから順番に、攻撃しなければなりません。

魔物を倒すことで、船長の経験値、宝物、装備品の材料などが手に入ります。

商船から交易品を奪う

商船を攻撃して勝利すると、交易品を獲得することができます。
獲得した交易品は、交易倉庫に保管されます。
※商船は、低いレベルから順番に、攻撃しなければなりません。

交易品は、倉庫に保管したままでは何の効果もありません。交易都市と取引をして、銀貨を手に入れましょう。

いざ大海原へ

船長、準備は調いましたか? それでは碇を上げましょう。

あなたのお名前が、偉大なるキャプテンとして、この大海に轟く日もそう遠くはないでしょう。

ランキング