【デレステ】エブリデイドリーム~楽曲情報・攻略情報と練習用譜面動画~

『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)』で追加楽曲「エブリデイドリーム」攻略情報を紹介します。高難度のクリア動画と難関ポイントの解説も載せているのでLIVE成功、フルコンボを狙う際の練習にご活用ください。

「エブリデイドリーム」楽曲情報♪

開放条件 ストーリー21話クリア
楽曲タイプ キュート曲
難易度 D R P M
消費スタミナ 11 13 16 19
楽曲レベル 13 17 25
総ノーツ数 114 175 342 552

エブリデイドリーム 難易度「PRO」プレイ動画

出典: YOUTUBE

エブリデイドリーム 難易度「MASTER」プレイ動画

出典: YOUTUBE

エブリデイドリーム 「MASTER」クリアのためのポイント

スタミナを「19」消費する楽曲の中では比較的難易度の低い楽曲になります。
この曲をきっちりとクリア・フルコンすることができれば、イベント時に効率のよい周回ができるようになるので練習しておきましょう。

それでは楽曲の攻略ポイントを説明します。

 1.同時押しとシングルタップが交互に落ちてくる

同時押しとシングルタップの塊が数箇所で落ちてきます。このポイントが一番ミスをしやすいので、きっちりと繋げる必要があります。

ここでは同じ場所を8分のリズムで叩きながら、もう片方を4分のリズムで叩くことを要求されます。「タタッ」のリズムでノーツを区切り、同時押しの部分をきっちりと両手のタイミングを合わせて叩くようにするとリズムを狂わされず叩くことができます。
画像のポイントでは、右が8分のリズムになっていますが、左が8分のリズムになることもあるので、両方きちんと叩けるようになる必要があります。
ただこの形式は「MASTER」ではよく出現するので、この楽曲で練習しておくことでほかの楽曲をプレイした場合に応用することができます。

エブリデイドリーム 「MASTER」個別箇所解説

まずは最初の2連横スライドです。
いきなりスライドを4つまたぎで要求されるので、ミスになりがちです。しかも1つずれて2個目が落ちてくるでので1つ目は早めにフリックしましょう。
2つ目をフリックする時は、右手で右端までフリックさせておくと、その後の長押しを左手で処理できるので、少し余裕が生まれます。

0:45~の上の画像部分から長押し後に両外側方向にフリックが必要になります。
④で右手の長押しを始めた後に、左手で②→①とタップして長押しを始めます。
長押し終わりは必ず両サイドにフリックを忘れないようにします。
このパターンが左右反転しながら3回続きます。
4回目も②で長押しを始めた後に同じパターンで落ちてくると思いきや、⑤→④→③→⑤と長押しになるので、ミスしやすいポイントです。

長い同時押しが終わり、シングルタップがゆっくりと降ってきた直後の
1:10~辺りでテンポが少し上がります。
これまでの違い同時押し→シングルタップ×2のパターンできます。
①→④→②と⑤、①→④→①と④、で降ってきます。

この次が難所で
④→①と⑤→⑤長押し→②→④→②と④です。
5の長押しは非常に短いので押しすぎてミスにならないようにいつものタップを少し長くする程度にしておきましょう。
テンポが早くむずかしいポイントではありますが、タップする指は中に移動していくだけなので、落ち着いて処理しましょう。
その後は②と⑤→④→②と⑤の

1:25~のこの部分もノーツが詰まっており、なおかついろんなタップを要求されるむずかしいポイントです。

タンタンと①ト④を②回タップした直後に右→左への2連フリックがきます。
右へのフリックがその前の同時押しとほとんど間隔がないので、2回目の同時押しで使った右手をそのまま右へとフリックさせると綺麗につながります。

その後は⑤の長押し→②→④→②と④と先ほどと同じパターンのものがきます。
⑤をあまり長押ししすぎないように注意しましょう。

1:32~は上でも書いたように同時押しとシングルタップの交互タップを要求されます。
リズムを崩されがちなので、2回タップするごとに一区切りするとコンボを繋げやすいです。
その直後の1:37辺りからの乞うごタップは少し右へ流れながらの交互タップになります。
②と④の同時押しの間に①・③・⑤のシングルタップが来るのですが
指の押す場所が右から左にいくことはないので、左から右へと流れるノーツを1セットで捉えながら処理していきましょう。

終盤最大の難所が1:41の上の画像の部分です。
④をタップしながら同時に①→⑤までスライドさせる必要があります。
しかもその後には②→④へのスライドも要求されます。
最初①と④に指を置くことになりますが、その指をすぐに離して左から画面の反対まで素早く左指をもっていきます。
そのときに右手は左手の上にもってきておいて、余裕をもって②→④のスライドを決められるようにしておきます。

ここまで決められればあとはリズムに乗ってノーツを処理しておけば、そこまでむずかしいポイントはありません。

最後の長押し後のフリックだけ忘れずに決めておきましょう。

この記事へのコメント