【白猫プロジェクト】味方が安全に行動できる!協力バトルでの「タゲ取り」を解説

『白猫プロジェクト』(Android版/iOS版スマホアプリゲーム)の攻略wikiです。協力バトルですぐに戦闘不能になったり、味方がいつの間にか全滅していた経験ありませんか? それは「タゲ取り」が上手くいっていないからかもしれません。ここでは、協力バトルでの「タゲ取り」について解説していきます。

出典: © COLOPL, Inc.

敵から狙われると、敵の頭上に「!!」と表示されます。
敵は狙ったプレイヤーを戦闘不能になるまで攻撃し、追い詰めていきます。

ここでは、協力バトルでの「タゲ取り」の利用方法を解説します。

「タゲ取り」の効果

敵のターゲットを取るのは簡単です。敵に近づけばターゲットをとれます
ターゲットをとると、自キャラが戦闘不能になるまで狙われるので、味方に攻撃があたりません。
つまり、味方は安全だということです。

自分が敵に追いかけられている間、味方は安全なところから敵に攻撃できます。これでダメージを負わずに敵を倒していくことができます。このときに敵を攻撃すると無傷でSPを回復できます

「タゲ取り」の応用

少し危険ですが、ボス・ザコ全員のターゲットを取ったまま味方から離れると、味方を敵の攻撃に巻き込まずに済みます。
ザコが自分の近くに寄ってきたら、スキルで一網打尽にしてしまいましょう。
残ったボスは味方に任せてあとは逃げるとすぐ倒せます。

まとめ

協力バトルでは「タゲ取り」は必須の作戦で、これだけで生死を分けると言っても過言ではありません。
協力バトルでは友達と事前に話し合い「タゲ取り」の役割を決めておきましょう。

この記事へのコメント