https://gamy.jp/shadowverse/update_20170731

【シャドバ】レジェンドカードもナーフ!鳳凰の庭園復活! | 7月31日アプデ情報

ライター

いのうえかける
0
コメントへ

スマホアプリ 『シャドウバース(シャドバ)』で7月31日にアップデートが行われました。新シナリオ実装や、レジェンドカードを含めた大型ナーフ情報や追加機能についてわかりやすく情報をまとめていますのでぜひ参考にしてください。

7月31日のアップデート内容

▼ メインストーリーの新章追加 ▼
  • 「ローウェン」 12~14章
  • 「イザベル」 12~14章
  • 「ユリアス」 12~14章

▼ 機能追加/変更 ▼

  • 構築済みデッキ第2弾の追加
  • アプリのダウンロード形式の変更
  • 「鳳凰の庭園」の使用制限解除

▼ カード情報の調整 ▼

  • 「鳳凰の庭園」と特定のカードを組み合わせたときの仕様変更
  • 「スノーホワイトプリンセス」の能力変更
  • 「ウロボロス」の能力変更
  • 「風の軍神・グリームニル」の能力変更
  • 「ゴブリンリーダー」の能力変更
  • 「昏き底より出でる者」の能力変更
  • 「バフォメット」の能力変更
  • 「トーヴ」の能力変更
  • 特定のカードを分解したときのレッドエーテル分解量の変更

メインストーリー追加

構築済みデッキ第2弾の追加

アプリのダウンロード形式の変更

■変更前
アプリを起動する前に必要なデータを、全てダウンロードしてからアプリを起動する
■変更後
アプリを起動した後に必要なデータをダウンロードする

上記の変更に伴い、新規インストールもしくはアップデート直前にプラットフォーム上で表示されるアプリのファイルサイズは、変更前より縮小したサイズとなります。
また、アプリ起動後にデータのダウンロードが発生するため、ご利用されている端末には、表示されているアプリのファイルサイズ以上の空き容量が必要です。
※最終的な必要空き容量自体は、ダウンロード形式変更前とほぼ同じであるため、ダウンロード形式変更前から余分に容量が必要になることはありません。
※今後のアップデートに伴い、必要な空き容量が増加する場合がございます。

上記とは別に、DMM GAMES版ではDMM Game Playerの仕様により、アップデート時にファイルサイズが縮小されず、アプリ起動時にデータのダウンロードが追加で行われる現象を確認されています。
こちらの現象は、DMM Game Player上でShadowverseのアプリを一度アンインストールし、再度インストールを実行することで、適切なファイルサイズになり解消するようです。
お客様にはお手数をおかけいたしますが、DMM GAMES版で7月31日のアップデートを適用する際は、DMM Game Player上でシャドバのアプリをアンインストールし、最新バージョンのシャドウバースをインストールすると解決するようです。。

鳳凰の庭園の使用制限解除

4月3日より長期的に使用を制限されていたドラゴンのゴールドレア「鳳凰の庭園」の使用制限が解除されました。

「鳳凰の庭園」の能力とコストを変動させる能力を、同じカードに働かせたときの仕様が変更されました。

■変更後の使用例
・変更前
自分の手札にコスト10の「サタン」があるとき、「鳳凰の庭園」をプレイしたあと、「騎竜兵」のファンファーレ能力を「サタン」に働かせると、先に「鳳凰の庭園」の能力によってコストが5になって、次に「騎竜兵」のファンファーレ能力によってコストが3になる。
・変更後
自分の手札にコスト10の「サタン」があるとき、「鳳凰の庭園」をプレイしたあと、「騎竜兵」のファンファーレ能力を「サタン」に働かせると、先に「騎竜兵」のファンファーレ能力によってコストが8になって、次に「鳳凰の庭園」の能力によってコストが4になる。能力が働いた順番にかかわらず、「鳳凰の庭園」の能力が最後に処理される。

・変更後
自分の手札にコスト6の「ドラゴニックランス」があるとき、「鳳凰の庭園」をプレイすると、「ドラゴニックランス」のコストは3になります。
その後、自分が元のコスト5以上のフォロワーをプレイすると、「ドラゴニックランス」の能力によってコストは4になります(それまでにかかっていた「鳳凰の庭園」の能力は失われます)。

カードの調整

カードナーフ情報についてはこちらの記事に詳細をまとめています。

関連記事

コメント/情報提供

ランキング