https://gamy.jp/shadowverse/shadowverse-yougo

【シャドウバース】用語集|メリットやコツ

ライター

ナベ
0
コメントへ

『シャドウバース(シャドバ)』の用語をまとめました。アグロ・ウィニー・スーサイド・ランプ、いろんな用語が飛び交うシャドウバースですが、用語がわかりにくい、そんな人に伝えたい用語集です。 解説を見ていてわからない言葉があったら、是非ここで確認してみてください。

用語集

※不明な単語は随時更新していきます!

あ行の用語

■圧縮
対戦中にデッキ内のライブラリーの枚数を減らし、必要なカードを引く確率を高めること。「ライブラリー圧縮」と呼ぶ場合もある。

■アドバンテージ
損得勘定を指す。対義語にディスアドバンテージ。

■アーキタイプ
(Archetype)とは、原型、雛形を指す単語です。シャドウバースでは、デッキのコンセプトや分類を指す。現在のシャドウバースでは大きく分けると3つのアーキタイプに分かれており、ビートダウン・コントロール・コンボデッキがそれぞれ存在する

■アミュレット
プレイすると場に残りさまざまな効果を発揮する。フォロワーとは違い、攻撃力を持たず、攻撃されることはない。場に出せるカードの枚数は5枚までとなっており、そのうちの1枚分スペースを取る。

■歩く火力
「疾走」を持つフォロワーで「ターン終了時にこのフォロワーは消滅する」を持つカード。 フォロワーだが火力スペルと似た使い方をするため、歩く火力と呼ばれる。

■重い
カードをプレイするコストが高いことを指します。速攻デッキと中速デッキ以降では重いと評価する基準が変わります。

か行の用語

■カウントダウン
カードに数字が決められており、ターン開始時にカウントが減っていく。カウントが0になると消滅する。この時ラストワードも持っているカードは消滅と同時に効果を発揮する。

■カードアドバンテージ
手札の枚数に対して高い効果を発揮すること。
・「運命の導き」を使用し、1枚の手札を2枚に増やす。
・「ベビーエルフ・メイ」1枚で2枚のフォロワーを倒す。

■カードプール
デッキを組む時に使用できるカードを指す。カードの種類が多いほど「カードプールが広い」と表現する。

■覚醒
ドラゴンクラスの能力。自分の最大PPが7以上になると効果が発動する。

■火力
リーダーやフォロワーに直接ダメージを与えるスペルカードを指す。

■ギミック
デッキ内のコンボや仕掛けけを指します。例えば、「地獄の解放者」の場合、ラストワードでリッチを場に出すことができます。「ウルズ」で一度場から取り除くことでリッチを場に出すことができます。

■クロック
場のフォロワーやアミュレットによるダメージで、後何ターンでゲームを終わらせることができるかの目安。フォロワーである必要はない。
例:「冥府への道」では6点のクロックを刻む

コンボ
コンボとは、カード同士の組み合わせで高い効果を発揮する使い方をさします。似た単語にシナジーとも言われる。「ファンファーレ」を持つユニットを別のカードで手札に戻して使うなどさまざまなコンボが存在する。

■コンボデッキ
コンボデッキとは、戦いの主軸を特定のコンボを中心に組まれたデッキを指します。デッキの中にいくつかコンボが可能なカードを入れるのではなく、デッキ全体が1つのコンボになっている場合もある。

コンボパーツ
コンボパーツとは、コンボを行うためのカードを指す単語です。例えば「冬の王女の気紛れ」と「エンジェルバレッジ」で場のモンスターを一掃するコンボの場合、それぞれのカードをコンボパーツと言います。

さ行の用語

■モンスターのステータスを指す単語。
目安としては下記になります。
・小型フォロワー(ウィニー) …0/1~2/3
・中型フォロワー …3/3~4/4
・大型フォロワー(ファッティ)…5/4
ステータスの高いフォロワーはコストが重くなる傾向のため、ただステータスだけが高くてもあまり意味が無い。

疾走
場に出たターンから攻撃に参加できる能力。

守護
守護を持つフォロワーが自分の場にいる場合、相手のフォロワーは先に守護を持つフォロワーから倒さなくてはならない。スペルに対しては効果が発動しない。

■シナジー
カード同士の相性を指します。コンボと似た使い方をされます。


■スペルブースト
ウィッチクラスの能力。スペルブーストを持つカードが手札にある場合、他のスペルが使用されるたびに効果を増す。強化される効果はそれぞれカードによって変わる。

■潜伏
潜伏を持つフォロワーは、相手の能力の対象にならず、相手フォロワーから攻撃されない。潜伏を持つフォロワーが攻撃を仕掛けると、潜伏の効果は消える。効果の対象にならないためバウンスも効かないが、対象を取らないスペルや効果は適用される。
潜伏を持ってても効果を受ける物の例
・「腐の嵐」全体に対してダメージを与えるもの
・「ファイアーチェイン」ランダムな相手フォロワーにダメージを与えるもの


た行の用語

ドレイン
ドレイン能力を持っているフォロワーが攻撃によりダメージを与えた場合に、与えたダメージの量だけ自分のリーダーを回復する。相手から攻撃される場合は発動しない

ドロー
カードを引くこと。

な行の用語

ネクロマンス
ネクロマンサークラスのカードが使える能力。使用するには墓地にカードをためておく必要がある。

は行の用語

■バウンス
自分のカード・相手のカードを問わず一度場に出たカードを手札に戻すことを指します。相手のカードを戻す場合は、進化や、強化されたフォロワーを元に戻す目的や、1ターン攻撃を遅らせたり、相手の手札制限に合わせて戻すことで、次のターンのドローを潰すなど、応用力の広い使い方が存在する。

■バニラ
特殊能力を持たないモンスターを指す。

必殺
「必殺」を持つフォロワーが相手のフォロワーにダメージを与えた時、相手のフォロワーを破壊する。

■復讐
ヴァンパイアクラスの能力。自分のリーダーの体力が10以下になった場合に発動する。 復讐状態になると、スペルやフォロワーの能力が向上する。

ボード
カードをプレイした時に出す「場」のこと。

■ボードアドバンテージ
相手より優秀なフォロワーを場に出し相手より有利に立つこと。

ま行の用語

■マナ
別のカードゲームの用語で、意味は「資源」を指す。シャドウバースではそのまま「PP」を指す。「マナレシオ」や「マナカーブ」と言った単語ではそれぞれ「PP」についての用語となる。

マナカーブ
デッキ内のカードのコストを調整してあることを指す。通常は、コストの軽いカードが多く、コストの重いカードが少なくなり、ゲーム序盤から使用できるカードの選択肢が豊富にあることを指す。

マリガン
初期手札を引き直すこと。

■マリガンチェック
初期手札を確認し、引き直すかどうか判断すること。

や行の用語

誘発能力
「~時」や「~するたび」や「~以上なら」と言った、条件を満たすと発動する能力を指す。

ら行の用語

ライブラリー
対戦時のデッキの山札のことを指します。

ライブラリーアウト
ライブラリーを全部引くことで負けることを指します。

わ行の用語

■割る
場のカードを破壊することを指します。除去と同じように使う場面もあります。

英数字

EP
進化するのに必要なポイント。先行には2、後攻には3与えられる。

ランキング

GAMY事前登録受付中

事前登録ランキング