https://gamy.jp/shadowverse/re_vp

【シャドバ】「復讐ヴァンパイア」のデッキレシピや解説 ※デッキコード付き

ライター

いのうえかける
0
コメントへ

『シャドウバース(シャドバ)』でのヴァンパイアのデッキ「復讐ヴァンパイア」について、デッキの組み方や運用方法、キーカードを紹介しています。デッキコードなども配布していますので、ぜひプレイの参考にしてください。

復讐ヴァンパイアのデッキレシピ

必要レッドエーテル量 : 18,800

●デッキコード発行はコチラから●

デッキ評価

強さ

速攻性

扱いやすさ

作成コスト

A

A

B

A

※評価はS~Dの5段階評価です。

キーカード

▼ ベルフェゴール ▼

カードを2枚ドロー、【復讐】状態でないなら、体力を10になるようにダメージを与えるカードです。このカードの肝になるカードで、早期に【復讐】状態になることでこのデッキに組み込まれている様々なカードが強化されます。

▼ カオスシップ ▼

【復讐】状態でこのカードをプレイすると、2コストのカードを2枚場にプレイできるカードです。【疾走】持ちが出れば攻撃に、【守護】持ちが出れば、場の守りを強力にと様々な方面で活躍できます。多少運がからみますが、十二分に強力なカードです。

▼ デモンオフィサー・エメラダ ▼

【ファンファーレ】で場に出ているカード1枚を破壊、【復讐】状態であれば、【疾走】を付与することのできるカードです。単発の【守護】フォロワーであれば突破できるこのデッキのフィニッシャー候補の一枚です。

復讐ヴァンパイア運用のポイント

ゲーム序盤

低コストをマリガンで狙います。復讐状態になることで効果を発揮するデッキなので「ベルフェゴール」をキープするのもありでしょう。
ただ、相手がアグロの傾向が多いリーダーの場合は、除去カードをキープする必要があります。臨機応変に対応しましょう。

ゲーム中盤

4ターン目に「ベルフェゴール」で復讐状態へ、5ターン目に「カオスシップ」で2コスを並べて攻撃が、このデッキの黄金パターンです。
「糸蜘蛛の悪魔」が出れば「カオスシップ」を進化させても生き残る可能性が上がるので、うまく使いましょう。

ゲーム終盤

【疾走】持ちや「スペル」などで相手を削り切りましょう。復讐状態であれば「ディアボリックドレイン」が低コスト化しているのでそれらで敵フォロワーを処理しつつ、相手リーダーを攻撃します。
その際、回復能力のあるカードで復讐状態が解除されて能力が発揮できないということがないように、プレイする順番には注意が必要です。

関連記事

コメント/情報提供

ランキング