https://gamy.jp/shadowverse/2pick_003

【シャドバ】2Pick攻略のためのおすすめリーダーランキング!

ライター

いのうえかける
0
コメントへ

『シャドウバース(シャドバ)』で2Pick(アリーナ)を攻略する際のおすすめリーダーをランキング形式で紹介しています。また、それぞれのリーダーの強みやデメリット、ワンポイントアドバイスなどもまとめていますので、ぜひ攻略の参考にしてください!

第1位:ロイヤル

展開力に長けたカードが多い

1枚のカードで複数のフォロワーを展開できるカードが多く、全体火力のカードを引くのが難しい2Pickではフォロワーが場に残りやすいです。そこから強化するスペルやフォロワーもいるので盤面の優勢をとるのが得意なリーダーといえます。

進化権の温存がしやすい

【突進】や【疾走】を持つフォロワーが多く、入手しやすいため、即盤面に影響を与えることができます。そのため有利な交換をするのがたやすく、進化権もより効果の発揮するフォロワーに使うことができます。

全体火力カードに弱い

展開力が強い反面、展開してるフォロワー単体のスタッツが低いことが多いため、全体火力を持つスペルやフォロワーで一掃されてしまうと、パワーカードで押し切られてしまうことがあります。

第2位:ヴァンパイア

除去性能や回復能力持ちのフォロワーが多い

除去しながら展開したり、攻撃やプレイ時にリーダーを回復したりと、優秀な能力を持つフォロワーが多く存在します。
これらのカードはなるべく優先してピックしていきたいです。

強力なパワーカードのレジェンドもいる

「昏き底より出でる者」など強力なフィニッシャーとなりえるパワーカードも存在し、これが出れば、5連勝にもかなり近づきます。
逆転勝利も狙える優秀なカードです。

復讐状態がキーのカードが腐りやすい

ヴァンパイアのピックに数多く存在する【復讐】であれば能力を発揮するというタイプのカードが相手にうまくダメージコントロールされてしまうと腐りやすいです。
こういったカードばかりピックしてしまうと厳しい状態に追い込まれることがあります。

第3位:ネクロマンサー

除去カードが非常に豊富

【必殺】や除去カードも多く、有利トレードをしやすいです。墓場を増やすことで強力な能力を発揮するカードも多く、「魔将軍・ヘクター」などがピックできれば一気に勝負を決めることも可能です。

展開力も優秀

【ネクロマンス】や【エンハンス】、【ラストワード】でフォロワーを大量展開できるのもネクロマンサーの強みです。

ややコンボに頼るカードが多い

【ラストワード】能力で破壊されることで効果を発揮したり、場にフォロワーが残っているから能力を発揮するカードだったり、墓場がたまっていないと能力が出せなかったり、手札が回らないと戦いずらいカードも多いです。
その分回った時は随一の強さを発揮します。

第4位:ビショップ

中盤や後半にかけて強いカードが多い

アミュレットでの強力なフォロワーの展開や、特殊勝利を狙える「セラフ」、圧倒的除去耐性を誇る「ヘヴンリーイージス」など中盤、後半にかけて強くなっていくデッキを組みやすいです。

回復能力持ちも豊富

回復能力を持つフォロワーがピックででることが多いので、中盤、終盤につなげやすいです。序盤はこれらのカードでしのぎつつ、中盤以降に優勢をとれるよう進めるのがコツになります。

序盤から押し込まれると後手後手に

「テミスの審判」などが使えないため、実は即盤面に影響を与えることのできるカードが少なく、序盤から押し込まれると後手後手になりやすいです。ニュートラルなどで火力カードがあればとっていくのもいいでしょう。

第5位:ドラゴン

PPブーストとパワーカード

うまくPPブーストのカードを引くことができれば、パワーカードで盤面を取り合うことの多い2Pickにおいては非常に強力なアドバンテージになります。なるべく優先してPPブーストのカードはとっていきたいです。

火力カードも豊富

即盤面に影響を与えることのできる火力カードも多いのもドラゴンの特徴です。フォロワーを展開しつつ、相手のフォロワーを火力能力で除去できれば、一気に盤面を有利にすることができます。

手札が枯れやすい

ディスカード能力を持つカードがピックで出てくることも多く、能力のためにこれらを発動しているとすぐに手札が枯れてしまいます。ディスカード能力持ちを採用するなら、ニュートラルなどでドローカードがあればとっていくのもいいでしょう。

第6位:エルフ

優秀な能力を持つ【守護】フォロワーが多い

全体火力や、【疾走】を持つことが可能だったり、回復かつ、EPを回復したりと、【守護】フォロワーで有能なカードが数多く存在します。必然的に体力の高いフォロワーも多いので、盤面の取り合いで有利に働くことも多いでしょう。

除去カードも豊富

ブロンズや低コストでの除去スペルや火力カードも実はかなり多いです。これらもうまく使えば盤面の確保に有利に働くのでピックで出たら押さえておきたいカードたちになります。

ニュートラルのカードと相性が悪い

エルフの効果カードにターン中に複数枚プレイすれば能力を発揮するというカードが多く、逆にニュートラルシナジーのカードは手札にニュートラルカードが複数枚あればというカードが多いです。どっちつかずになりやすく事故も多いため、ピックで迷うことも多々あります。

第7位:ウィッチ

土の秘術で強力なカードが多い

ゴールド、レジェンド帯の土の秘術の能力を持つカードで優秀なカードが多く、それらが除去性能を併せ持ってることも多いです。

ドローカードも多く存在する

ドローカードも多くピックで選択できるため、手札が枯渇するという状況は少ないです。手札が増えればコンボカードが主体のウィッチでは有利に運ぶことも多いです。

事故率の高さが随一

土の秘術とスペルブースト系のカードの親和性が低くただでさえデッキの構築が難しいうえに、土の印カードも少なく、ニュートラルカードとの相性も悪いです。
下手をするとデッキ構築の段階でなにもできないデッキが出来上がる可能性もあるので、ウィッチを使うのは非常に難しいでしょう。

2Pick関連記事

関連記事

コメント/情報提供

ランキング