新カードの紹介:武将[秦山飛動]徳川家康SSRの紹介

ここでは定期的に登場する、新しい武将、智将を紹介していきます。 各プレイヤーのデッキに入る候補の魅力的カードをチェックしましょう!今回は新シリーズカード「天下分かつ宿星」からのカード紹介です。

【智将】コスト23[秦山飛動]徳川家康SSRの紹介(評価9.0)

各種評価

■コスト
23

■登場日
2017年8月31日

■特徴
◯前衛として
計略の風系最強スキルの「森羅万象」を保有しています。最近は計略スキルが大事になっていますし、攻城戦なども見すえ「森羅万象」の需要は高いでしょう。また前衛スキル継承枠が存在します。

補助スキルは「影武者」です。意外と「影武者」を持っているカードは多くないので、新しく「影武者」が手に入れられるチャンスです。秘技は補助スキルの「三河魂」です。常時自身の最大HPがアップします。活発な打ち合いの合戦だと回復コマンドで、最大HPを上げる機会が少ないので、「三河魂」は持っているとあらゆる面で役に立ちます。

こんな前衛にオススメ
・効率的な計略スキルを充実させたい
・前衛継承枠が必要である
「影武者」が足りない
「三河魂」を手に入れたい

◯後衛として
全上げ最高位スキル「不如帰」を保有します。「不如帰」スキル設定しているプレイヤーも増えてますが、まだまだ貴重なスキルです。全上げスキルはあって損はありませんので、出来るだけ充実させると良いでしょう。

こんな後衛にオススメ
・全上げスキルを充実させたい
・「不如帰」を手に入れたい

■総括
前衛寄りの智将です。計略スキルの「森羅万象」「前衛スキル継承枠」「影武者」秘技「三河魂」という、補助スキルはコスト18SSRの徳川家康と同じ構成ですが、前衛スキルは、より使いやすいですし「影武者」を継承せずに、そのまま使えるカードです。そして後衛スキル「不如帰」もコストが高い理由であると言えますが、後衛特化プレイヤーですと、少し物足りないかもしれません。

そして[秦山飛動]徳川家康は新奥義「奮起の葵紋」を保有しています。"一定時間有効で相手の攻撃が高いほど攻撃ダメージが増し、相手の知攻が高いほど計略ダメージが増す"効果があります。この奥義で、格上連合相手や劣勢時でも使い方次第で逆転を可能にできるかもしれません。

あえて前半に相手のステイタスを上げるために、強下げスキルを使わずに、後半に取っておき「奮起の葵紋」を挟み、猛攻を仕掛け、後半に下げ中心で相手からのダメージを抑え逃げ切るという使い方も出来るかもしれません。上手く使い格上連合に勝利するチャンスを得られる奥義です。

■評価点数

9.0

この記事へのコメント