新カードの紹介:武将[不撓壮烈] 真田幸村SSRの紹介

ここでは定期的に登場する、新しい武将、智将を紹介していきます。 各プレイヤーのデッキに入る候補の魅力的カードをチェックしましょう!今回は新シリーズカード「天下分かつ宿星」からのカード紹介です。

【武将】コスト22[不撓壮烈] 真田幸村SSRの紹介(評価9.5)

各種評価

■コスト
23

■登場日
2017年8月31日

■特徴
◯前衛として
新スキル「六文葬槍」を保有します。敵1-5体対象で、相手の攻撃が高いほど威力が上昇します。"格上連合相手、また相手のダメージが高く差を広げられていて劣勢な時、応援負けしている時、奥義「光風霽月」や「機知頓才」の後で攻撃値の上昇が予想されている時などが狙い目"でしょう。このスキルは「燕返し」の上位スキルとして期待して良いのではないでしょうか。

補助スキルは定番の「覚悟」で、補助スキルの秘技として覚悟の上位スキルである「不退転の冥銭」が手に入ります。「不退転の冥銭」をスキル設定しているプレイヤーは増えてはいるものの、まだまだレアで希少なスキルです。

なお、前衛スキル継承枠もあるので、1進状態でもデッキに入れ活躍が出来ると思われます。

こんな前衛にオススメ
・合戦で逆転する術を増やしたい
「六文葬槍」を手に入れたい
「覚悟」が足りない
「不退転の冥銭」を手に入れたい

◯後衛として
味方全体の全ての能力を上昇させ、味方生存者の人数が少ない場合、1人当たりの応援効果が上昇する効果の「百折不撓」を保有しています。いまだ手に入りにくいスキルであり、味方が1人しか立っていないと、全上げスキルは使用しにくいという、後衛プレイヤーにとって非常に頼もしいスキルとなります。

こんな後衛にオススメ
・味方能力アップスキルを増やしたい
「百折不撓」を手に入れたい)
・後衛の中で役割が上げに特化している

■総括
前衛向きの武将です。ステイタスの差がある時(相手の攻撃が高い時)に、有効なスキル「六文葬槍」に加え「前衛スキル継承枠」「覚悟」秘技「不退転の冥銭」の組み合わせは前衛にとって非常に重宝します。後衛プレイヤーでも使えなくはありませんが、後衛スキルが一つしかないため「百折不撓」を継承させてしまうという手もあります。ただ、炎舞合戦祭りなど、強制的に前衛として戦うケースもあり、そのような時のために大事にしておくということも検討できると思います。

■評価点数
9.5

この記事へのコメント