戦国攻城戦

その獲得報酬の豪華さから、『戦国炎舞 -KIZNA-』でも1、2を争う人気イベント「戦国攻城戦」。 どんなイベントなのか、その仕組みをここで学びましょう。

戦国攻城戦の進め方

攻城戦とは、連合仲間と協力し、有名敵将の城を攻めるイベントで、真田攻城戦、島津攻城戦、武田攻城戦があります。

戦い方は、通常合戦と全く異なります。限られた条件で、何回敵軍を退却させることができるか、その退却回数により、攻城銅銭が手に入り、豪華報酬と交換できるのです。とくに「技能石の数珠」(スキルレベルの上限アップ)や「武将編成枠」「智将編成枠」を増やすことができるので、必死に頑張りたいところです。

まず初心者連合は真田攻城戦200回退却させることができたら、島津攻城戦武田攻城戦に挑むことができます。

攻城戦は奇襲戦、包囲戦、騎馬戦に分かれており、奇襲戦は攻撃、包囲戦は計略、騎馬戦は騎馬系スキルが有効で、それ以外だとダメージが与えにくいです。

※騎馬戦は武田攻城戦のみです。

攻城戦では、城を崩壊させる、崩壊後に一気に攻め立てて退却させる、この流れが基本ですが、奥が深いので、連合仲間と色々作戦を練るのが良いでしょう。スキルも通常合戦と異なり、相手が連合ではないので一部使用効果が無効になるものもあります。ゲーム内のイベントページでチェックしておきましょう。

AP回復が自力でできないのでスキルの使い方、使うタイミングが非常に大事です。数分毎にAPが自動回復しますが、どれだけの時間にどれだけのAPが回復するかは、攻城戦前の選抜戦で決まります。

この選抜戦にて、勝ち点とボーナス点をより稼げた連合から、順に優位なAP回復条件になるので、まずは選抜戦を頑張ることになります。

この記事へのコメント