GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/sekiro/sekiro-isshinashina

【SEKIRO】葦名一心の攻略情報と対策【せきろ】

ライター

らすいち

『SEKIRO(せきろ/隻狼)』のボス、葦名一心の攻略情報と攻略動画を掲載しています。葦名一心の攻撃パターンや対策も紹介していますので、ぜひ『SEKIRO(せきろ/隻狼)』攻略にお役立てください。

葦名一心の基本情報と出現場所

出現場所 弱点 使用する技
葦名城 本城(掟に従うルート) 【前半(1ゲージ目)】
突き
下段斬り
合気投げ
袈裟斬り
袈裟斬り→横斬り→斬り上げ
横斬り→横斬り
横斬り→斬り下がり
斬り抜け
上段斬り→上段斬り
奥義・葦名十文字

【後半(2ゲージ目)】
袈裟斬り
袈裟斬り→横斬り→斬り上げ
横斬り→横斬り
横斬り→斬り下がり
斬り抜け
奥義・葦名十文字
上段斬り→拡散火炎
火柱→急接近→秘伝・一心
踏み込み→火炎飛ばし

葦名一心から入手できるアイテム

ドロップするアイテム
戦いの記憶・葦名一心
秘伝・一心

葦名一心の攻略情報(前半)

「柔剣 エマ」~「葦名一心」攻略動画

※「葦名一心」前半までノーダメージ

ガードの上から体力を削れる流派技が便利

葦名一心はガードが固く、相手の攻撃を弾いてから反撃しても直撃を取れない場面が多いです。そのため、「奥義・不死斬り」などのガードの上から体力を削れる流派技を使い、攻撃チャンスごとに確実に体力と体幹を削り取っていくのがおすすめです。

GAMY隻狼攻略班のコメント

葦名一心は、攻撃にスーパーアーマー(こちらの攻撃で怯まない状態)がついているものが多い。無理にこちらから攻めず、相手の攻撃を捌いてから確実な反撃を叩きこむべし。

半身で躱されたら回転斬りが確定

葦名一心がゆったり歩いて構えている時にこちらから攻撃すると、半身で避けつつ回転斬りでカウンターしてきます。この回避後の回転斬りは確定なので、しっかり弾いてから反撃し、ダメージを稼ぎましょう。

上段斬りは初撃を弾いて反撃

刀を大きく振りかぶってからの「上段斬り」は体幹と体力の削りダメージが大きく、1発目に当たってしまうと2初目のヒットまで確定してしまいます。ただし、1発目を弾けば葦名一心がよろけて反撃が可能です。

上段斬りには出の早いパターンと遅いパターンがあり、出の早い上段斬りは見てから反応できるギリギリの速度です。ただし、「斬り抜け」の後に間合いに入ると打ってくることが非常に多いため、予測していれば安定して攻撃チャンスにすることができます。

葦名一心の攻略情報(後半)

基本は中~遠距離で横に動いて立ち回る

後半の葦名一心は、前半戦とは大きく攻撃パターンが変化します。近距離での攻防は「スーパーアーマー」「弾きに成功しても不利」「攻撃範囲が広く回避が難しい」といった厳しい要素が多いため、基本的には中~遠距離で横方向に動き、「奥義・葦名十文字」や「秘伝・一心」、「火炎飛ばし」などの突進・遠距離攻撃後の大きな隙をついて攻撃していくのがおすすめです。

「奥義・葦名十文字」は横移動で回避可能

大きな溜めから急接近して2連の抜刀斬りを放つ「奥義・葦名十文字」は、横方向へのダッシュで簡単に避けられるほか、距離が遠ければ届かない位置で技を振ってきます。回避しつつ背後に回り込めば大きな反撃チャンスとなるので、ダメージの高い流派技を直撃させましょう。

GAMY隻狼攻略班のコメント

「奥義・葦名十文字」への反撃時に限らず、正面からの攻撃は葦名一心にほぼガードされてしまう。ガードの上から体力を削り取れる「奥義・不死斬り」などを使うのもよいが、より効率よくダメージを与えるならば敵の攻撃を回避した後は、背後に回り込んでから攻撃すべし。

遠距離からの火炎飛ばしは横方向へのジャンプで回避

遠距離で踏み込んだあとに斬撃に火炎を乗せて飛ばしてくる攻撃は飛距離に比例して拡散するため、ただ横移動しているだけだと回避しきれません。火炎が飛んでくるのに合わせてジャンプをすれば当たらないため、タイミングを覚えましょう。

GAMY隻狼攻略班のコメント

葦名一心は、火炎を飛ばした後に大きな隙を見せる。斜め前方向へのジャンプで回避して距離を詰めれば反撃チャンスになるため、可能な限り狙うべし。

火柱からの「秘伝・一心」を確実に捌く

後半戦の葦名一心は、地面から大きな火柱を上げ、その直後に急接近からの抜刀連撃(秘伝・一心)を放つというコンボを使用してきます。葦名一心が遠距離で抜刀したあと、地面でくすぶる炎が少し大きくなると火柱が上がる合図なので、まずは地面が燃えていないところへ移動して火柱を回避しましょう。

直後に葦名一心が炎の中を急接近し、抜刀斬り上げを放ってきます。最初の一撃はタイミングを合わせる必要があるものの、その後の連撃は弾き入力を連打すれば受け切れます。その後、一拍置いたあとの最終段の弾きに成功すれば反撃チャンスとなるので、何度も挑戦して感覚をつかみましょう。