https://gamy.jp/sangoku-haou/haou-safety-state

【三国覇王戦記】安全生産状態について

ライター

ゆきとむし
0
コメントへ

『三国覇王戦記〜乱世の系譜〜』における、安全生産状態ついてまとめた記事です。安全生産状態とは何か、安全生産状態についての詳細をまとめました。ぜひ攻略の参考にしてください!

『三国覇王戦記』おすすめ攻略情報
▶ おすすめ武将ランキング
▶ 麗人街攻略まとめ

安全生産状態とは

産出資源がすべて安全資源になる状態

安全生産状態とは陥落した際に確率で発生し、安全生産状態になると72時間土地や採掘場で得る資源も、すべて安全資源になります。流賊に取られた資源を奪還した分のみは、非安全資源になります。

掠奪される資源量によって発生する可能性がある

安全生産状態は陥落した際に略奪された資源量に応じて、確率で発生します。詳しい発生確率は調査中ですが、発生条件を考えると複数アカウントを利用して、意図的に発生させることも可能であると言えます。

サブアカウントで試したところ、実践上は数千万の略奪を繰り返しても何も起きませんが、一度安全生産に移行後は、一度の略奪資源量が多いとすぐに安全生産状態になることを確認しています。

長期的に資源を略奪されると発生

長期的に陥落され、大量の資源を略奪されると安全生産状態へ移行すると情報が入りました。資源の略奪を受けたり行っても、安全生産状態になりにくいのはこのためです。

詳細な期間と資源の略奪量については調査中ですが、サブアカウントから資源を移動する際は短期間で集中的に回収するより、略奪量を調整しながら資源を移動するとよいでしょう。

安全生産状態は時間経過で解除される

安全生産状態は、72時間経過すると解除されます。掠奪により損害を受けても、安全生産状態を活用して安全資源を貯めることで、戦争中でも安定した内政攻略を行えます。

安全資源を増やす意識を持ち、『三国覇王戦記』攻略を効率よく行いましょう。

『三国覇王戦記』のおすすめ記事まとめ