https://gamy.jp/sangoku-haou/haou-guandu-building

【三国覇王戦記】官渡の戦い|建築物

ライター

ゆきとむし
0
コメントへ

『三国覇王戦記〜乱世の系譜〜』における、官渡の戦いの建築物についてまとめた記事です。官渡の戦いで登場する建築物の効果をまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

『三国覇王戦記』おすすめ攻略情報
▶ おすすめ武将ランキング
▶ 麗人街攻略まとめ

官渡の戦い|建築物の特徴

戦場本部

見た目は城塞と同じで、官渡の戦いにおいては主城と同じ兵力を収容できます。各戦場本部は連盟内の戦力順位に準じてポイントが付与されています。

官渡などに集中しすぎてしまい戦場本部を強襲されると、兵士が殲滅されて身動きが取れなくなり、ポイントも相手へ献上することになります。戦闘開始20分は、戦場本部は保護状態になります。

連盟内順位 付与されるポイント
1~10 500
11~20 200
21~50 100

虎牢関

ポイント産出量
最初の占領ポイント 200
1分間の算出ポイント 50

官渡の戦い開始直後から占領することができます。ほかの建築物に比べるとポイント産出量は低いですが、1分経過ごとに50ポイント産出できるため侮れません。

曹操陣営は開始直後の集結に手間取ってしまうと、敵の加速によって虎牢関を占領されてしまい、大きく出遅れる可能性があります。

鳥巣

ポイント産出量
最初の占領ポイント 200
1分間の算出ポイント 50

虎牢関同様、官渡の戦い開始直後から占領可能な建築物です。袁紹側勢力に近いですが、集結発起から出発までが遅れると、敵の加速によって占領される恐れがあります。

陽武

ポイント産出量
最初の占領ポイント 400
1分間の算出ポイント 100

官渡の戦い開始5分後から占領できる、官渡に次ぐ2番目にポイント産出量が高い建築物です。占領時間が長ければ長いほど、大量のポイントを獲得できます。

官渡の戦いにおいて高ポイントを産出できる、重要な建築物です。曹操陣営に近いですが、袁紹側勢力の攻撃に警戒する必要があります。

白馬港

ポイント産出量
最初の占領ポイント 400
1分間の算出ポイント 100

陽武と同様に、官渡の戦い開始5分後から占領できる、官渡に次ぐ2番目にポイント産出量が高い建築物です。占領時間が長ければ長いほど、大量のポイントを獲得できます。

袁紹側勢力に近いですが、曹操勢力の集結攻撃加速に注意しながら防衛しましょう。

官渡

ポイント産出量
最初の占領ポイント 600
1分間の算出ポイント 150

官渡の戦いにおいて、もっともポイント産出量が多い建築物です。戦場の中央に位置しており、ポイントの高さから壮絶な取り合いが起きます。

官渡を長時間占領することが、官渡の戦いにおいて勝敗を分ける要素となります。

軍楽台

ポイント産出量
最初の占領ポイント 100
1分間の算出ポイント 20

占領することで連盟全体に兵士の攻防属性アップが付与されます。官渡の戦い開始直後から占領できます。連盟員全体に効果が及ぶため、ポイント産出以上の価値があります。

戦力が拮抗している連盟同士の戦闘では確保することで優位になり、戦力で劣勢を強いられている連盟が確保することで、戦力差を埋めることができます。

医療館

ポイント産出量
最初の占領ポイント 100
1分間の算出ポイント 20

負傷者の回復速度を向上させることができます。官渡の戦い開始直後から、占領できる建築物です。官渡の戦いでは敵との衝突やNPCからの攻撃は避けて通れないため、重要な建築物です。

負傷者の回復速度が向上することにより、回復に使用する加速アイテムと元宝を抑えることができます。官渡の戦いは1シーズン8試合あるため、1試合ごとの消費を抑えるメリットは大きいです。

袁紹拠点

ポイント産出量
最初の占領ポイント 100
1分間の算出ポイント 20

官渡の戦いマップの上部に位置する建築物です。占領することで、敵の占領している建築物へ3分ごとにNPCが攻撃してくれます。NPCの派兵数は占領者の外交府レベルに依存します。

NPCは保護期間関係なく攻撃が可能で、到着時間をマップで確認できます。NPC勢力の攻撃に合わせて集結攻撃を行うなど、戦略的に利用することで、より価値を高めることができます。

曹操拠点

ポイント産出量
最初の占領ポイント 100
1分間の算出ポイント 20

官渡の戦いマップの下部に位置する建築物です。袁紹拠点同様、占領することで3分ごとにNPCが敵建築物に攻撃を仕掛けてくれます。

曹操拠点、袁紹拠点はポイント産出量だけを見ると価値が少なく見えますが、敵へダメージを与えることができる重要な建築物です。使い方によっては、劣勢を覆す要素になりえます。

『三国覇王戦記』のおすすめ記事まとめ