https://gamy.jp/rogue/burege-kakunin-tobidameup-dai

アビリティ:飛び道具ダメージアップ(大)の効果は

ライター

rebecca
0
コメントへ

『ブレイブリーゲート(ブレゲー)』は各種アビリティが文字表記で確率がわかりません。なので実際に検証し確認してみました。

確認手法

・アイテムを使用して敵を攻撃し、それぞれ表示されたダメージを記録し効果を推測します。アビリティの有無、レベルや攻撃力、使用キャラなど数パターン試行して差を確認します。
・試行対象は6-2ボス部屋にいるアスリートゾンビLv20、使用キャラ等条件は下記表画像参照願います。
・今回の確認作業には「敵Lvと、自キャラや装備のLvの相対関係」「敵種類」については考慮していません、かつ敵キャラに例えば「対固定ダメージ防御力」といったような関連するマスクデータが無いという前提でのものです。
・このデータは2015/07/14現在のものです。マスクデータなので、今後のアップデートなどで変更になる可能性があります。

出典: ©CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

結果

(大)ダメージ増加量=元の固定ダメージ値×1.15(端数切捨て)

○補足事項
 ・アイテム説明文に固定ダメージ量の表示があるもののみ対象。
  (固定ダメージであっても、火吹き薬やかまいたちの書などは対象外)
 ・キャラのレベルや攻撃力など、ステータスの影響はうけない。

○注記、条件他
・対象…6-2ボス部屋アスリートゾンビLv20
・カッコ内の数値は、剛力薬使用時のもの。
・通常攻撃、火炎の書使用時のダメージはばらつきがある為参考値とする。

○結論
・飛び道具ダメージアップ(大)=×1.15(端数切捨て)
 →レベル、攻撃力他ステータスの影響は受けない。
・薬、書は「飛び道具」には含まない。
・固定ダメージのものには剛力薬は効果が無い。

○その他
・火炎の書は攻撃力&タイプ依存(通常攻撃と同)
・説明書きには無いが、火吹き薬は固定ダメージ(飛び道具では無い)
・かまいたちの書も固定ダメージ。持込可能数は1個かよ。

出典: ©CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

まとめ・考察・備考

他に無いアビリティで面白いとは思いますが効果がかなり薄いと言わざるをえません。
現状では使いどころは無いでしょう。


(大)で×1.15なので、多分(小)(中)(超絶)が今後実装されてもそれぞれ×1.05、×1.10、×1.20なのかな?という予想ができます。
固定ダメージは元のダメージ量がとても小さいこともあり、この程度の上昇量ではとても第一線で使えるとは思えません。

固定ダメージは強すぎればそれのみでクリアできてしまい弱ければ使われない、ゲームデザインする側のバランス感覚が問われるものです。
実際、例えば各種矢の効果がもう少し高くて持込可能上限が99個な状態であったなら、下手すればそれだけで序盤~中盤のボスは全て倒せてしまうでしょう。なおかつそれがもしかまいたちの書に適用されればどのキャラも弱点の無い魔法使いになってしまいます。さらにもし剛力薬の効果が乗るようになれば極端な話魔法使いの存在意義自体が無くなってしまうでしょう。
そう考えると今後も固定ダメージ系統は不遇が続くのではないでしょうか。

今後、行動パターンが「逃げる」で、かつ防御力が極端に高くHPが極めて少なく、レア魔石を確定で持っているなんていう、某ゲームのメ○ルスライムのような敵が実装されたなら脚光を浴びる可能性もあるかとは思いますが。。。


どのみち所持キャラはイベント限定ドロップである☆3アセロのみ、メタルスラ○ム実装までは特に意識する必要も無いアビリティでしょう。

ランキング