【ポケモンGO】サンダーとファイヤーの追加時期が決定も都会と田舎の格差が問題に

ポケモンGOのサンダーとファイヤーの追加時期が決定しました。ルギアとフリーザーのレイドバトルで問題になった都会と田舎の格差の修正は行われていないので、サンダーとファイヤーに関しても都会と田舎の格差が問題になりそうです。

ポケモンGOの公式Twitterでサンダーとファイヤーの追加時期を発表

ポケモンGOの公式Twitterの発表によると、
フリーザーは7月23日から7月31日まで
ファイヤーは8月1日から8月7日まで
サンダーは8月8日から8月14日まで
出現するようです!

「ルギアはしばらく世界中様々な場所に出現するようです。」と発表されたので、「ルギア」の後に追加される可能性が高い「ホウオウ」の追加時期はまだ未定です。

ポケモンGOのファイヤーの公式画像

ポケモンGOのファイヤーの公式画像の画像

ポケモンGOのサンダーの公式画像

ポケモンGOのサンダーの公式画像の画像

伝説ポケモンのレイドバトルで都会と田舎に格差

ポケモンGOの伝説ポケモンのレイドバトルは都会を中心にもりあがっています。

ポケモンGOのプレイヤーが少ない田舎では、レイドバトルに勝利するのが非常に難しいので注意しましょう。

田舎のプレイヤーは何らかの手段でポケモンGOプレイヤーと連絡を取って集まらないと厳しいです。

都会と田舎の格差の修正について

都会と田舎の格差に関しては以前から問題になっていたのに、ほとんど修正されていません。

今回の伝説ポケモンのレイドバトルでも、都会と田舎の格差が問題になることはわかりきっていたので、今後も都会と田舎の格差の問題への対策は遅れるものと推測されます。

この記事へのコメント