GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

【ポケモン剣盾】積みエース(ギミック)構築の解説と組み方【ポケモンソードシールド】
https://gamy.jp/pokemon-sword-shield/pkmnss-builds-ace

【ポケモン剣盾】積みエース(ギミック)構築の解説と組み方【ポケモンソードシールド】

ライター

GAMY編集部

ポケモン剣盾(ソードシールド)のランクバトルにおける積みエース(ギミック)構築の強みや弱みなどの解説や、起点役やエース役のポケモン紹介、積みエース(ギミック)構築の組み方などを紹介しています。ぜひポケモン剣盾(ソードシールド)の対戦攻略時にご参照ください。

パーティ構築関連リンク
パーティ構築まとめ|構築の種類
対面構築 積み構築 サイクル構築

積み構築(ギミック構築)の特徴

起点を作り積み技などで全抜きを狙う構築

積み構築は、壁貼りあくびおきみやげちょうはつアンコールなどで有利な状況(起点)を作り、そこからエースポケモンでりゅうのまいちょうのまいダイジェットダイナックルダイアシッドなどの積み技を使い一気に相手を倒していく構築です。

基本的に、自身の考えた勝利ルートをいかに通すかというパーティなので、戦い方がわかりやすい構築です。

起点作りとは

起点作りの目的は、エースポケモンが安全に積み技を使える状況を作ることで、おもに「リフレクター」と「ひかりのかべ」による壁張りや、「おきみやげ」などのステータスを下げる技、「やけど」や「まひ」といった状態異常を使って相手を無力化します。

また、起点役のステルスロックまきびしなどで、あいての「きあいのタスキ」を無力化することができると、よりエースポケモンでの全抜きがしやすくなります。

積みエース構築の組み方

起点作り役を用意しよう

起点作り役には特性いたずらごころにより先制でリフレクターひかりのかべでんじはができるオーロンゲや、壁張り+おにびを高い素早さができ、かわらわりを打たれないドラパルトなどが強力です。

ほかにも、あくび+ステルスロックで相手のきあいのタスキなどを潰しつつ、必要な際は物理受けもできるおきみやげカバルドン、いたずらごころでひかりのかべおいかぜおきみやげをもつおきみやげエルフーンなどが候補となります。

起点作り役におすすめのポケモンの一例

エースポケモンを2体以上用意しよう

エースポケモンは1パーティに2体以上入れておくのがおすすめです。また、パーティ全体が特定のポケモンで止まってしまわないように、エースポケモンはパーティ内に2体以上入れて相性補完しておくのがおすすめです。

エースポケモンにおすすめのポケモンの一例

積みエース構築での選出とプレイング

相手にパーティ合わせエースを2体選ぶ

積みエース構築では、エースポケモンの攻撃を通すことが必要不可欠です。

もし1体目のエースポケモンが苦手なポケモンにやられてしまった場合にも、そのポケモンを起点として積み技を積めるようなポケモンや、ミミッキュのような対面性能が高い先制技持ちのポケモンを第二のエースポケモンとして選出できると良いでしょう。

起点を作り積み技のチャンスを作る

選出を決めた後は自身のパーティのプランを通すだけです。オーロンゲであればリフレクターひかりのかべの両壁を展開します。展開後は倒されても構いませんが、相手にスキがあれば交代し、しっかりとエースポケモンに繋げましょう。

パーティ構築関連リンク
パーティ構築まとめ|構築の種類
対面構築 積み構築 サイクル構築

追加DLC「エキスパンションパス」最新情報!

ポケモン剣盾攻略情報

ランクバトル攻略

ポケモン厳選・育成

データベース

ワイルドエリア

ランキング