https://gamy.jp/pbabel/pbabel-story

【最果てのバベル】ストーリー紹介

ライター

GAMY編集部
0
コメントへ

『最果てのバベル(元・プロジェクトバベル)』における、ストーリーを紹介している記事です。公式サイトから発表されたストーリーとキャラについて記載しています。配信までの攻略情報収集にお役立てください。

『最果てのバベル』のストーリー

文明を失いかけた人間たちが住む街から物語は始まる

さいはてのさ

巨大な塔『バベル』。文明を失いかけた人間たちが住む街、それは静かに死に向かう街でもあった。街は広大な森に囲まれ、森は高い岩壁に囲まれていた。誰も壁の外のことを知らなかった。誰も壁の外に行けるとは考えていなかった。彼を、のぞいては。

17歳の少年ライ。彼は隔離された自分の部屋から、一度も外に出たことがない。いつか自由を手に入れ、外の世界を知りたい。そう願い、暮らしていた。少年の願いは、いつもの街を襲う異変をきっかけに、叶うことになる。塔紀1119年、少年は鳥籠の中の少女と出会う。その出会いは彼に世界を翔ける翼を与える。そして二人は、それぞれの運命にむかって羽ばたき始める。

密室で育てられた少年ライを中心に物語は進行する

『最果てのバベル』は密室で育てられた少年ライと、同じ境遇のヒロインであるマイリージャが中心となって物語が進行する。登場人物にはそれぞれ抱えている想いがあり、ストーリーの進行につれて各人物との関係、その後の展開へどのような影響があるのか気になるところです。

2019年2月13日に、ストーリーのあらすじとキャラの基本情報が明らかになりました。公式Twitterを日頃チェックして、今後の追加情報に期待しましょう。

ランキング