https://gamy.jp/monsterhunter-x/mhx-weapon-guide-12

【モンハンダブルクロス】ライトボウガン操作ガイド|スタイル別コマンド・モーション値一覧など【モンハンクロス】

ライター

タテロク
0
コメントへ

『モンスターハンターダブルクロス(MHXX)』のライトボウガンの操作方法に関するまとめです。スタイル別のコマンド、モーション値一覧など。

ライトボウガン操作ガイド

このページでは『MHXX』の武器種「ライトボウガン」の操作方法についてまとめています。

ライトボウガンの特徴

<長所>
●遠距離攻撃ができる
●射撃時のスキが少ない
●武器出し状態での移動速度が速い
●撃てる弾薬の種類が豊富
●速射で、武器に対応した弾丸を連発できる
<短所>
●射撃1発1発の威力は低め
●ガードができない
●弾薬管理が必要
●防具がガンナー用装備となるため、防御力が低い
●弾薬を多く持とうとするとポーチを圧迫する

ライトボウガンは、同じ遠距離武器のヘビィボウガンと比べて、射撃時のスキが少なく、武器を出した状態でも移動速度が速いのが特徴の武器です。弾丸1発1発の威力は低めながらも装填可能な弾丸の種類が豊富なため、攻撃だけでなく、モンスターを毒や麻痺などの状態異常にかからせるサポート役味方の回復や強化などを行うフォロー役としても活躍できます。

また、ライトボウガンには武器ごとに速射対応弾が設定されており、この対応弾を装填して発射を行うと、1発分の弾丸消費で複数発弾を発射する速射を行います。
速射は、1発の威力は低くなるものの、全弾ヒットすれば通常の射撃以上にダメージを与えられる攻撃です。状態異常弾薬を速射すれば、モンスターを状態異常にかからせられる機会も格段にアップします。
的確に全弾ヒットさせられるチャンスを見極め、いかに速射を叩き込んでいくかがライトボウガンの真髄といえるでしょう。

■武器内蔵弾
本作『MHX』より、ライトボウガンには武器内蔵弾という要素が追加されています。
これは武器にあらかじめセットされている専用弾薬で、店では売られておらず、調合で作ることもできません。クエストごとに、最初からセットされている弾数のみ使用可能です。
その分、店で買えたり調合できたりする通常の弾薬よりも多彩な効果があり、威力の高いものが揃っているので、ここぞというタイミングで活用しましょう。

■相性の良いスキル
ライトボウガンを使用する際にまず付けたいスキルは、速射の発射回数が1発追加される「速射」。発射回数が増えることで、純粋に与えられるダメージ量がアップします。他にはガードできないという短所を補うため、「耳栓」「回避性能」などでダメージを受ける危険を軽減したいところ。
また、1発1発の威力が低い、という点を補うため、砥石を使うことで一定時間弾薬の威力を上げられる「剛刃研磨」や、対応した属性弾の属性攻撃力を上げる「属性攻撃強化」、武器内蔵弾の威力が上がる「特定射撃強化」なども相性の良いスキルです。

ライトボウガンのパーツ交換

ライトボウガンは、レベルアップ以外に「サイレンサー取付」「ロングバレル取付」「可変倍率スコープ取付」といったパーツ交換が行えます。
「サイレンサー取付」を行うと、減音化によって敵から狙われにくくなり、射撃時の反動も少し抑えられます。ただし、「ロングバレル取付」は行えなくなります。
「ロングバレル取付」を行うと、武器の攻撃力がアップします。ただし、「サイレンサー取付」は行えなくなります。
「可変倍率スコープ取付」を行うと、Rを短押しした際のスコープ画面で、十字ボタンを押して表示倍率を変更できるようになります。

武器内蔵弾の種類

種類 効果
竜撃弾 火属性のダメージを与える攻撃力の高い弾薬。
LV1 斬裂弾 着弾した位置で刃が飛び出し切断属性のダメージを与える弾薬。
LV2 斬裂弾 着弾した位置で刃が飛び出し切断属性の大ダメージを与える弾薬。
LV1 爆破弾 爆破属性を持つ弾薬。
LV2 爆破弾 高い爆破属性を持つ弾薬。
LV1 強装弾 反動は大きいものの威力が高い弾薬。
LV2 強装弾 反動は大きいものの威力がとても高い弾薬。
LV1 重撃弾 適正距離の近距離でヒットさせると部位破壊ダメージがとても多くなる弾薬。
LV2 重撃弾 適正距離の近距離でヒットさせると部位破壊ダメージが非常に多くなる弾薬。
痛撃弾 弱点部位にヒットするとダメージがアップする弾薬。
LV1 大砲弾 着弾した位置で爆発する弾薬。
LV2 大砲弾 着弾した位置で大爆発する弾薬。
LV1 遠撃弾 遠距離からのダメージが多くなる弾薬。
LV2 遠撃弾 遠距離からのダメージがとても多くなる弾薬。
ツブテ弾 部位破壊ダメージが高い弾薬。。
LV2 火炎弾 高い火属性攻撃力を持つ弾薬。
LV2 水冷弾 高い水属性攻撃力を持つ弾薬。
LV2 電撃弾 高い雷属性攻撃力を持つ弾薬。
LV2 氷結弾 高い氷属性攻撃力を持つ弾薬。
LV2 滅龍弾 高い龍属性攻撃力を持つ弾薬。
LV1 貫通火炎弾 火属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV2 貫通火炎弾 高い火属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV1 貫通水冷弾 水属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV2 貫通水冷弾 高い水属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV1 貫通電撃弾 雷属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV2 貫通電撃弾 高い雷属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV1 貫通氷結弾 氷属性攻撃力を持つ貫通弾。
LV2 貫通氷結弾 高い氷属性攻撃力を持つ貫通弾。
連爆榴弾 着弾した位置で3回の爆発が起こる弾薬。
榴散弾 着弾した位置で散弾と同じ効果が発生する弾薬。
烈光弾 光の弾丸を高速発射する弾薬。
毒煙弾 着弾した位置に毒煙が発生する弾薬。
鬼人弾 着弾した仲間の攻撃力を上げる弾薬。
鬼人会心弾 着弾した仲間の攻撃力と会心率を上げる弾薬。
硬化弾 着弾した仲間の防御力を上げる弾薬。
硬化強靱弾 着弾した仲間の防御力を上げ、のけぞり無効効果も与える弾薬。
閃光弾 閃光玉と同じ効果を持つ弾薬。
こやし弾 こやし玉と同じ効果を持つ弾薬。
治癒活力弾 状態異常を回復させ、さらに自然回復力も上がる弾薬。
広域回復弾 エリア内の味方全員の体力を回復させられる弾薬。
鬼人硬化弾 鬼人弾と硬化弾の両方の効果を併せ持つ弾薬。

ライトボウガンのコマンド一覧

ライトボウガンのアクションとコマンドの一覧です。「スタイル」列は、各狩猟スタイルにおけるアクションの使用可否を示しています。(※モーション値は判明次第追記します)

アクション コマンド モーション値 スタイル
前転回避 B ×
エア回避 B × × × × ×
ジャスト回避 攻撃を受ける直前にB × × × × ×
納刀継続 Y(長押し) × × × × ×
マカ錬金タルの使用 回避/ステップ後にR+Y × × × × ×
ステップ バック:発射後にB
サイド:発射後に◎(←or→)+B
× × ×
側転回避 バック:発射後にB
サイド:発射後に◎(←or→)+B
× × ×
近接攻撃 特殊攻撃ボタン
発射 A
ステップ発射 ブレイヴ状態でのみ使用可能
発射後にB/◎(←or→)+B
× × × × ×
ジャンプ発射 ジャンプ中にA
ジャンプ下発射 ジャンプ中にX+A × × × × ×
スコープ R短押し
簡易照準 R長押し
リロード X
ジャンプリロード ジャンプ中にX
弾選択 L+X or L+B
パワーリロード ジャスト回避後、自動発生 × × × × ×
ブレイヴリロード 納刀継続中にX × × × × ×
パワーラン ジャスト回避後、X × × × × ×

ライトボウガンの連携技派生表

■ストライカースタイル

■エリアルスタイル

■ブシドースタイル

■ブレイヴスタイル(通常状態)

■ブレイヴスタイル(ブレイヴ状態)

■レンキンスタイル

ライトボウガンの連携技

■ジャンプループコンボ
[B]
エア回避で踏みつけ跳躍
[ジャンプ中にX+A]
ジャンプ下発射
[X]
ジャンプリロード
くり返し
エリアル用の、ジャンプ下発射とジャンプリロードをくり返すループコンボ。
ジャンプリロードをジャンプ下発射後に素早く行うことで、着地時のスキを少なくするのがポイントです。
着地後はモンスターの方向へ向きを調整して、改めてエア回避を行いましょう。

なお、踏みつけ跳躍した際の位置、モンスターのサイズに合わせて、ジャンプ下発射をジャンプ発射に切り替えてください。


<対象スタイル>
●エリアル


■パワーリロードコンボ
[敵の攻撃が当たる直前にB]
ジャスト回避
[ジャスト回避後、自動発生]
パワーリロード
[A]
発射
ブシドー用のコンボ。
ジャスト回避に成功したら、素早くモンスターの方向を向いて発射を行いましょう。
同時にRを押して、簡易照準かスコープを表示させてヒットの確実性を高めておきたいところ。
スキを少なくするため、パワーリロード後に素早く発射するのがポイントです。
なお、武器の速射対応弾を装填しておけば、最後の発射は速射にすることもできます。


<対象スタイル>
●ブシドー


■3連ステップ発射コンボ(ブレイヴ状態)
[A]
発射
[◎(← or →)+B]
ステップ発射(左右方向)
[◎(← or →)+B]
ステップ発射(左右方向)
[◎(↓)+B]
ステップ発射(後ろ方向)
ブレイヴ状態中に使用できるステップ発射を絡めたコンボ。
ブレイヴ状態では、発射後の回避がステップ発射に変化! ボウガンに内蔵されている特殊弾を放ちます。特殊弾に弾数は存在せず、最大3回まで連続発射可能。

<対象スタイル>
●ブレイヴ


■発射後にマカ錬金タルを使用するコンボ
[A]
発射
[◎(← or →)+B]
サイドステップ発射
[◎(← or →)+B]
サイドステップ
[R+Y]
マカ錬金タル使用
レンキンスタイルの抜刀状態では、前転回避を除くバックステップ、サイドステップは2回連続使用が可能になります。発射後にステップを2回行って、モンスターとの距離を保ちつつ、マカ錬金タルを使用しましょう。
レンキンゲージは適性距離で弾を当てると溜まりやすいので、ゲージが溜まっていない時は敵との距離を意識!

<対象スタイル>
●レンキン


ライトボウガンの各スタイルの立ち回り

各スタイルの立ち回りはこちらの記事も参考に。
【関連記事】
ライトボウガンの各スタイルの使い方と立ち回り

この記事へのコメント