地上最強のハンターは? モンスターハンター頂上大会2017

「モンスターハンター頂上大会2017」決勝大会を完全生放送! 『モンスターハンターダブルクロス』の公式大会「狩王決定戦」「親子ハンター日本一決定戦」「女子ハンター日本一決定戦」の 全国の予選大会を勝ち抜いた猛者達が頂点を競い合う。

6月25日、『モンスターハンターダブルクロス』の頂点を決める大会が開催されました。
カプコンチャンネルで生配信された大会の模様をまとめてみました。

公式三大会の猛者たちが集結した『モンハン』イベント

今回の大会は、カプコン公式大会である「狩王決定戦」「親子ハンター日本一決定戦」「女子ハンター日本一決定戦」の全国の予選大会を勝ち抜いたチームが集結し、それぞれの決勝戦を行うというものです。

各大会には独特のレギュレーションがあり、その中でどういうプレイを見せていくのかが注目ポイント。全世界でも日本ユーザーが最大規模であるため、実質世界一のハンターを決める大会といっても過言ではありません。

全国から集まった狩親子・狩女子が激突!

まずは、「親子ハンター」「女子ハンター」の日本一決定戦。東京や名古屋、大阪など各地の大会を勝ち抜いた各8チームがぶつかります。

ルールはニャンタークエストのクリアタイムを競います。親子ハンターは大連続狩猟4、女子ハンターは大連続狩猟3に挑戦します。フィールドは闘技場です。
15分という制限はあるものの、地方大会を勝ち抜いたハンターたちにはあまり意味のない縛りでしょう。

クエストを300回以上練習してくるチームがあるなど、どこもやり込み度がハンパないです。試合は全チームともほとんどダメージらしいダメージをくらわずにモンスターを圧倒していきます。

倒れた相手の頭部へ着実にダメージを与えるなど、動きにムダが無さすぎます。解説の辻本プロデューサーが「すごい」を連発するほどのプレイばかりで、全国レベルに恥じないハイレベルな戦いが繰り広げられました。

親子ハンター日本一決定戦では、母子で参加の激撃ち君チーム(7分16秒)が優勝。女子ハンター日本一決定戦では、決勝のために350回クエストを攻略したgralisチーム(4分28秒)で優勝でした。
激撃ち君チームは2位と1分半以上の差をつけ、gralisチームは2位と2分以上の差をつける圧倒的な強さを発揮し、栄冠に輝きました。

無差別級の頂上決戦「狩王決定戦」

そして、無差別級最強決定戦である「狩王決定戦」決勝がスタート。エントリー20チームが銀嶺討伐クリアタイムを競います。準決勝に残れるのはわずか4チームということで、各チームとも一番やりこんでいるであろうクエストです。

高難度クエストのはずですが、ハンターのレベルが高すぎて全然難しそうに見えません
上位4チームが準決勝に駒を進めますが、クリアタイムが全チームが1分50秒台というほぼ横一線状態です。

準決勝は大連続狩猟1、決勝は大連続狩猟2でクリアタイムを競います。

タイムアタックなので強引な攻撃が要求されるためか、次々と力尽きるハンターたち。それでも相手の動きを読んで、確実にダメージを与えていきます。相手が倒れた場所に大剣を振り上げた仲間が待機しているのは当たり前というハイレベルプレイは、モンハンプレイヤーの参考になること間違いありません。

決勝でも、世界最高峰のプレイが光ります。

準決勝では2位だった狩※狩チームが、決勝では圧倒的な連携を見せて一気にモンスターを狩りまくります。

出現場所で待ち構えて頭部を攻撃するのはもちろんですが、モンスターが眠る瞬間も逃さずに一撃を入れる無駄の無さなど、高等技術のオンパレードです。
作戦はすべてクリティカルにハマったようで、2位に大差をつけて今年の狩王に輝きました。

『モンハン』ユーザーなら釘付けになってしまうようなプレイばかりなので、細かなプレイは動画でチェックしてみてください。そのほか、カプコンチャンネルではさまざまなカプコンゲーム最新情報を扱っているので、是非チェックしてみてください!

この記事へのコメント