『モンスターハンター:ワールド』スペシャル公開生放送

遂に発表された『モンスターハンター:ワールド』の最新情報をお届けするスペシャル公開生放送が開催決定!2017年6月20日(火)19:30より、東京・ベルサール秋葉原にて『モンスターハンター:ワールド』開発者自ら、国内初の実機プレイを交えてご紹介します。

FRESH!」の配信チャンネルカプコンチャンネルで、人気ゲーム『モンスターハンター』最新作『モンスターハンター:ワールド』の最新情報が公開されました。この放送の内容をまとめて紹介します。

動画本編はこちらからどうぞ↓
『モンスターハンター:ワールド』スペシャル公開生放送

面白さを世界級に!『ワールド』の魅力とは?

『モンスターハンター』は第1作発売以来、日本国内で常にヒットを続けてきた人気ハンティングアクションゲームです。ですが、その一方で海外市場での反響はそれほどでもなく、国内外では評価に温度差があります。

今回の『モンスターハンター:ワールド』はそれを払拭すべく、大幅なリニューアルが行われており、海外市場も意識した作りになっています。

生放送のステージでは、プロデューサーの辻本良三氏、エグゼクティブ/アートディレクターの藤岡要氏、ディレクターの徳田優也氏が登壇。『モンスターハンター:ワールド』の魅力を紹介します。

まず、大きな変更点としては「日本語の対応」です。今までは、『モンスターハンター』の言語だけで話し、字幕だけで解説されていましたが、チュートリアルなどに日本語の解説が入ることになり、初心者にもよりプレイしやすい環境が整いました

さらに目標のモンスターの位置をわかるようになる虫がいることや、ダメージは数値で確認できるなど、新規プレイヤーを取り込む工夫が各所に見られます。

ついにフィールドが1つに⁉ シームレスマップに感動

すでにシリーズをプレイしている人にとって注目なのが、シームレスマップです。今までは1つのフィールドでも複数のエリアを切り替えながら戦うことが多かった『モンハン』ですが、今回はフィールドすべてが読み込みなしに移動できるようになりました。

マップが1つになったことで、ハンターの戦術も大幅に広がります。例えば画像のように2匹のモンスターを戦わせて漁夫の利を狙うことも可能になりました。お互いが弱った瞬間を狙えば、強敵でも簡単に倒せようになったかもしれません。

さらに新要素としてロープアクションが加わりました。これによって3次元的な移動が可能になり、「モンスターをさけるために一段高い場所で脱出」や「遠回りの場所をショートカット」など、アクションの幅が広がっています。

共闘の世界も拡大。ソロからマルチもシームレス

『モンスターハンター』の魅力といえば、プレイヤー同士の共闘ですがこちらもパワーアップしています。
ソロでプレイしていても、仲間と連絡が取れれば共闘プレイへの切り替えが可能になりました。これで「ソロでやっていたけど、強敵が現れた!」といった突発的な事態にも対応できるようになり、仲間のありがたみが倍増します。

ディレクターの徳田氏のデモプレイでも、リオレウスを倒すべく仲間たちが集結します。ここではハンマーとランスのハンターが初公開。彼らの連携でリオレウスを追い詰めていきます。

今回は移動中の回復なども可能になり、よりテンポよく戦闘が行えます。カプコンスタッフの共闘プレイはさまざまな要素がわかって必見です。

さらに新モンスターの1部も公開。アンジャナフは今回のデモプレイで討伐したモンスターですが、シルバーの毛が特徴的です。さらに相手を探すのに鼻の部分が開くなどギミックが多く、怒りモードではしつこいほどハンターを追ってくるといった生物的なアクションも魅力的です。

最後はファンからの質疑応答コーナーです。
ダメージ表記の切り替えは可能」「ボイスチャット、テキストチャットに対応」といった気になる疑問が解決され、さらに「特殊装具」といった新要素も公表され、『モンスターハンター:ワールド』への期待がさらに高まった形で今回の放送は終了です。

カプコンチャンネルでは、今後も『モンスターハンター:ワールド』やカプコン最新ゲーム情報をお伝えしていきます。フォローすることで最新放送をチェックできるのでおすすめです。

この記事へのコメント