【モンスト】「アイリス」ステータス・評価まとめ(進化&神化)

『モンスターストライク(モンスト)』の水属性の星5~6「アイリス」のステータス・評価を紹介します。ガチャ限定モンスターで強いモンスターかどうかなどの評価をまとめました。適正クエストやわくわくの実なども一緒に紹介します。イベント「花降ル都ノ革命譚」で新しく追加されました。

アイリス 入手方法

アイリス 適正クエスト

おすすめのわくわくの実

わくわくの実 おすすめな理由
熱き友撃 友情コンボの威力の高さを活かせる
同族の加撃 攻撃力のステータス上昇効果
ケガ減り 被ダメージ軽減効果
将命削りの力 高HPの降臨ボス対策

詳しいわくわくの実の効果

わくわくの実を食べさせるのに適した神殿

アイリスで強いのは進化or神化どっち?

進化は?
「アンチ重力バリアとアンチ魔法陣」

重力バリアと魔法時に対応できるモンスターなので、覇者の塔の31階で大活躍が期待できるモンスターです。
ただ、通常降臨クエストなどで使う場合には魔法陣が出現するクエストが少ないので、あまり向いてはいません。

神化は?
「3つのギミックを無効化」

重力バリア、地雷、ウィンドと3つのギミックを無効化できる汎用性の高さが魅力です。
多くのクエストで使用したいのであれば、進化よりもこちらの神化を選ぶと良いです。
また、友情コンボも反射分裂弾と優秀なので火力の高さも魅力の1つです。

結論:神化がおすすめ

アビリティによる汎用性の高さや、友情コンボの優秀さで勝る神化のほうがおすすめです。さざまなクエストで活躍してくれるでしょう。
ただ、覇者の塔などの限定的な部分で使う場合には、ギミックなどに完全対応した進化のほうが適性が高い場合もあります。
全体的なステタースは優秀なモンスターなので、入手した場合はとりあえず育成しておけば、役に立ってくれるモンスターです。

「アイリス」ステータス

  HP 攻撃力 スピード
最大値 10772 13953 203.37
タス上限 (2460) (1350) (20.40)
合計値 13232 15303 223.77
種族 亜人族 レアリティ ★5
属性 最大ラック 90
戦闘タイプ バランス ショットタイプ 反射
アビリティ アンチ重力バリア
ゲージ なし
ラックスキル なし
ストライクショット

効果
ブルック・フラワー・ティータイム ターン 12
自身のスピードがアップ
友情コンボ
効果
ホライゾンレーザー (威力:6494)

左右2方向に属性中レーザー攻撃


進化素材

素材名 必要数
大獣石 30個
蒼獣石 10個
蒼獣玉 5個
獣神玉 1個


神化素材

素材名 必要数
ジラフィーヌ 3体
カピバリッチ 3体

アイリスの進化前 ステータス評価

進化前の強い点・使える点

重力バリアを無効化!

アイリスは、アンチ重力バリアのアビリティで重力バリアを無効化できるので、重力バリアが出現するクエストで使っていきましょう。

アンチ重力バリアがない状態では、敵モンスターの周囲にある重力バリアに触れるだけで大幅にスピードが削られてしまい、敵モンスターに思うように攻撃ができずほとんどダメージを与えられません。
移動距離が減れば敵モンスターに攻撃できなくなるだけでなく、友情コンボも発動させにくくなるので、火力が非常に落ちてしまいます。
アンチ重力バリアがあるだけで重力バリアがあっても普段通り移動できるので、重力バリアに対しては必須のアビリティになっています。

進化前の弱い点・注意点

ストライクショットで大ダメージを出すのはむずかしい

スピードが上昇できるストライクショットですが、攻撃力アップに補正がかからないので大ダメージを与えるのがむずかしいです。

友情コンボも威力が低い

ホライゾンレーザーMは左右にのみ攻撃ができるレーザーです。
細いレーザーなので攻撃をヒットさせることむずかしく、また威力も少し低いので敵モンスターへのダメージ源としてはいまいちです。

「バトルメイド アイリス」(進化)ステータス

  HP 攻撃力 スピード
最大値 18395 18373 272.17
タス上限 (3900) (2675) (40.80)
合計値 22295 21048

ゲージ:25258

312.97
種族 亜人族 レアリティ ★6
属性 最大ラック 99
戦闘タイプ バランス ショットタイプ 反射
アビリティ アンチ重力バリア
ゲージ アンチ魔法陣
ラックスキル ガイド
稀にガイドラインが表示される
ストライクショット

効果
キルト・リルト・ショット ターン 18
自身のスピードとパワーがアップ
友情コンボ
効果
ホライゾンレーザーL (威力:14774)

左右2方向に属性大レーザー攻撃


神化素材

素材名 必要数
ジラフィーヌ 2体
カピバリッチ 2体

アイリスの進化 ステータス評価

進化の強い点・使える点

ダブルアビリティ持ち

進化させると、アンチ重力バリアに加えてアンチ魔法陣が追加されます。2つのギミックを無効化できる便利なモンスターになっています。

アンチ魔法陣がない状態では、魔法陣を踏むごとにひよこ状態と通常状態を入れ替わり続けます。
ひよこ状態になってしまうと、ストライクショットが打てなくなり思うように攻撃ができなくなります。
それだけでなく、攻撃力が低下してしまい、直接攻撃はもちろん友情コンボの威力が落ち、敵モンスターを倒すのに時間がかかってしまいます。

同じターンでも偶数個魔法陣を踏むことで通常状態をキープできますが、移動ルートが限られてしまい、うまくダメージを与えられません。
そのため、魔法陣を無視して移動できるアンチ魔法陣のアビリティがあると、魔法陣が出現するクエストが非常に楽になります。

左右へのレーザー攻撃

ホライゾンレーザーLは左右へ攻撃できるレーザーです。
威力の高い太いレーザーを発射できるので、敵モンスターの横方向に配置してしっかりとダメージを与えていけるようにしましょう。

進化の弱い点・注意点

対応できないギミック

アンチアビリティを2種類持ってはいるものの
ダメージウォール
地雷
ワープ
といったギミックの影響を受けてしまうモンスターです。
また、アンチ魔法陣は限られたクエストでしか効果のないアビリティなため、持っていると便利ではあるものの、使うことができるクエストを増加させることはありません。
基本的には重力バリアのみが出現するクエストで使うことになるでしょう。

広範囲の敵モンスターには攻撃できない

ホライゾンレーザーは左右にしか発射できないので、上下のモンスターには攻撃できません。広範囲の敵モンスターに同時に攻撃できないので、雑魚モンスターの処理にはあまり向いていない友情コンボです。

「花の国の精アイリス」(神化)ステータス

  HP 攻撃力 スピード
最大値 14240 16533 288.40
タス上限 (4200) (2425) (43.35)
合計値 18440 18958
ゲージ:22750
331.75
種族 妖精族 レアリティ ★6
属性 最大ラック 99
戦闘タイプ 砲撃 ショットタイプ 反射
アビリティ 飛行 / アンチウィンド
ゲージ アンチ重力バリア
ラックスキル シールド
稀に自身へのダメージ量が激減する
ストライクショット

効果
クリーンナップ・フル・インパクト ターン 30
ふれた敵に氷メテオで追い討ち
友情コンボ
効果
反射分裂弾 (威力:17360)

5発の壁に当たると分裂する属性弾で攻撃

防御アップ (威力:0)

仲間が防御力アップ


進化素材

素材名 必要数
大獣石 90個
蒼獣石 30個
蒼獣玉 15個

アイリスの神化 ステータス評価

神化の強い点・使える点

トリプルアビリティ

神化させると、アンチ重力バリアに加えて飛行とアンチウィンドのアビリティが追加されます。非常に多くのギミックの影響を受けない優秀なモンスターで、汎用性の高さが魅力です。

飛行のアビリティがあることで、地雷を踏むことなく移動することが可能です。
このアビリティがないと地雷を踏むたびに爆発が起き、自身と周囲にいる味方モンスターがダメージを受けてしまいます。
地雷が登場するクエストでは非常に有効なアビリティです。

広範囲に攻撃できる友情コンボ

反射分裂弾は壁にぶつかると弾が分裂し、無数の弾で敵モンスターに攻撃できます。
そのため、画面上の多くの敵モンスターに同時に攻撃できます。
砲撃タイプで威力も上昇しているので、敵モンスターの殲滅力も非常に高いです。

敵モンスターに同時に攻撃できるストライクショット

ストライクショットのメテオは触れた敵モンスターすべてにメテオによる追い討ちのダメージを与えることができます。
メテオによるダメージは50~60万ほどのダメージを与えられます。付加効果として稀に麻痺状態にすることができ、敵モンスターの行動を封じることができます。

神化の弱い点・注意点

基礎パラメーターが低い

基礎パラメーターはHP、攻撃力、スピードのどれもあまり優秀とは言えません。
特にHPは18440と20000よりもかなり少ない数値しかないので、味方モンスターにHPの高いモンスターをいっしょに連れていかないと、低HPの状態でクエストに挑戦しなければいけません。

チャージターンが長い

ストライクショットのメテオを使うには30ターンという長いチャージターンが必要になります。
時にはステージ序盤でストライクショットを溜めておき、ボスとの戦闘時にきっちりとストライクショットを発動できるようにしておく必要があるでしょう。

この記事へのコメント