https://gamy.jp/mitrasphere/mitrasphere-syokugyou-ichiran

【ミトラスフィア】職業の特徴と職業一覧まとめ

ライター

練炭
0
コメントへ

『ミトラスフィア』には様々な職業が存在します。この記事では、それぞれの職業が持つ特徴や役割、装備可能な武器はなにか、どんな職業があるのかなどをまとめてあります。ぜひミトラスフィア攻略の参考にしてください!

職業とは

『ミトラスフィア』は、プレイヤーが職業を選び、クエストを攻略していくことになります。職業は5種類あり、それぞれ違った特徴を持ち合わせているので、プレイヤーのプレイスタイルにあった職業を選んで育成していきましょう。

剣術士

前衛&火力担当!
剣術士は大剣を使って、前線で敵を蹴散らしていく職業です。攻撃力を上げるバフや被ダメージを下げるバフといった自己強化からの物理攻撃が得意。プレイヤーの初期の職業でもあるため、、迷ったらとりあえず剣術士にしておくだけでも充分に戦えるほどのポテンシャルを持っています。

ソロ&パーティで活躍
物攻とHPが高く、安定した攻撃力から、雑魚殲滅から対ボスまで幅広く活躍するため、ソロ・パーティプレイのどちらでも活躍できるため初心者にオススメの職業でもあります。

装備可能武器 転職条件
魔道具 初期から転職可能

護術士

頼れるパーティの壁役
護術士は盾剣を使い、味方の被害を抑えることを得意とした職業です。『ミトラスフィア』は、ランダム攻撃でなく敵のヘイト値によって攻撃する対象が決まります。護術士は味方のヘイト値を自分に上書きすることができるので、前線で敵の攻撃を集めることができるまさにパーティの壁です。

ボス戦では大役立ち
HPと物防が高く、ヘイトコントロールのほか、各種防御バフを持っているため対ボス戦が得意な前線職です。所有スキルの関係からソロプレイよりも、パーティプレイ向き。

装備可能武器 転職条件
盾剣魔道具 初期から転職可能

聖導士

パーティの生命線
聖導士はメイスを使い、味方のHPを管理する職業です。スキルのほとんどがHPや状態異常を回復することに特化しており、唯一味方を蘇生させるスキルも使うことができる後衛職です。

ソロには不向き
魔攻と魔防が高いですが、HPと物防はそこまで高くない、攻撃面に関しても脆弱な攻撃スキルしか持たないため、ソロは不向き。基本的にはパーティプレイ特化型の職業。

装備可能武器 転職条件
メイス魔道具 初期から転職可能

弓術士

トリッキーなサポート役
弓術士は弓を使い、敵味方にバフとデバフをばら撒くことを得意とした職業です。味方の攻撃力を上昇させる、敵の攻撃力や防御力を下げるなどとほかの職業に比べてトリッキーな動きをします。

回避からの高い継戦能力
回避値が高く平均的なステータスを持ちながらも継戦能力は低くありません。ソロでも十分に戦えますが、パーティプレイ時に後衛サポーターとして活躍することでさらに輝くことができる職業です。

装備可能武器 転職条件
魔道具 初期から転職可能

魔導士

大砲のような火力
魔導士は魔杖を使い、高い攻撃力で敵を薙ぎ払う後衛職業です。基本的なスキルダメージが高く、敵全体を攻撃するスキルも豊富なため雑魚なら一撃で全滅させることも可能なほど。反面、高い攻撃力からヘイトを集めやすく、HPと物理防御が低いため集中攻撃をくらうとあっさりと沈んでしまうなど注意も必要。

剣術士と並ぶダメージソース
魔攻と魔防が高く、非常に高い攻撃力と殲滅能力を持っているため、ソロ・パーティのどちらでも活躍できる魔法アタッカー。

装備可能武器 転職条件
魔道具 初期から転職可能

転職の方法

『ミトラスフィア』では、自由に職業を変更することができます。転職してもランクが下がるようなこともなく、そのまま同じランクなので自分に合った職業を探しやすく、ソロプレイ、パーティプレイなどで職業を使い分けることもできます。

転職をするには:手順1
転職をするにはまず下記画像にもある画面右下の「MENU」ボタンをタップします。

転職をするには:手順2
タップすると現れる画面で装備変更のボタンをさらにタップして装備変更ページを開きます。装備変更ページを開いた後、下記画像の矢印が示す辺りにある職業のボタンをタップすることで職業画面が開きます。

転職をするには:手順3
あとはそこから好きな職業を選ぶことで自由に転職することができます。