https://gamy.jp/mh-w/mhw-strongest-solo-weapon

【モンハンワールド】最強武器ランキング(ソロ用)【MHW】

ライター

トトロ丸
145
コメントへ

『モンハンワールド(MHW)』の最強武器ランキングです。最強武器の特徴とソロプレイ(オフライン)での性能やおすすめ、操作性についてご紹介します。『モンハンワールド』の武器14種の中で何を使うのか決める際にご活用ください。

最強武器ランキング早見表

最強武器ランキングは、各武器種のポテンシャルを引き出した場合のモンスター討伐の早さや、与えられるダメージの大きさを強さの主な基準とし、そこへ汎用性や防御面の安定性、サポート力といったその他の要素を加味して設定しています。

また、SS~Bまでのランクをつけていますが、上位の武器種と下位の武器種にそれほど大きな差はありません。そのため、立ち回りやスキルによって実際の強さは大きく変動します。

※2018年4月10日、内容を大幅に更新しました。

ランク 説明
SS 安定して非常に高い火力を発揮できる
S 安定して高い火力を発揮できる
条件によっては高い火力を発揮できる
やや火力に劣るか、高い火力を発揮しづらい

最強武器ランキングSS

弓の評価ポイント

は手数の多い「射撃」や「剛射」を主軸として立ち回るため属性との相性がよく、モンスターの弱点となる属性武器を使用して「CS(チャージステップ)ループ」を駆使した際の火力は全武器種のなかでもトップクラスです。

弓はスタミナ管理と弱点への集中攻撃が重要

弓は立ち回りにシビアなスタミナ管理を要求される武器でもあり、ポテンシャルを発揮するためには習熟が必要となります。また、本作に登場するモンスターは弾属性に対する肉質の固い部位が多いため、弓は弱点を狙いやすいソロプレイに向いています。

ハンマーの評価ポイント

ハンマーは各攻撃のモーション値が優秀で、状況に合わせて適切なコンボを選択することで高い火力を発揮できます。とくに傾斜を利用した「空中回転攻撃」や、〇ボタンで出せる高威力の「叩きつけ」によるコンボは非常に強力です。

めまいと疲労を狙うことも視野に

ハンマーは頭部への攻撃でスタンを狙えるほか、打属性武器の特徴であるスタミナ奪取効果によってモンスターを早く疲労状態にし、動きを制限できます。頭部が打属性の弱点になっているモンスターも多いため、副次的な効果として見ても非常に強力です。

大剣の評価ポイント

大剣は、「真・溜め斬り」で的確に弱点を捉えた際の凄まじい単発ダメージが最大の魅力です。また、「タックル」はコンボの始動や繋ぎとなるほか、敵の攻撃や咆哮を受け止めて攻撃チャンスを増やしたりと、さまざまな場面で活用できます。

「タックル」と「真・溜め斬り」がカギになる

大剣は抜刀攻撃を主軸とした戦い方も可能ですが、潜在能力を発揮しきるには「タックル」を活用し、「真・溜め斬り」などの隙の大きな攻撃を使いこなす必要があります。そのため、過去作よりも玄人向け武器としての一面が強まっています。

チャージアックスの評価ポイント

チャージアックスは、斧モードの各種属性解放斬りによる高い瞬間火力やGP(ガードポイント)などの独特な強みがあり、高いレベルで攻守のバランスが取れた武器です。ただし、各属性強化の管理がやや難しいため、扱いに慣れが必要な武器種でもあります。

ガードポイントを活用した攻防

剣モード時には盾によるガードができるほか、「回転斬り」や「移動切り」などに付与されたGPによって敵の攻撃を受け止めることも可能です。盾強化時のガード性能はランスガンランスとほぼ同等で、使いこなせば攻撃チャンスを増やすことができます。

最強武器ランキングS

太刀の評価ポイント

練気ゲージを溜めた状態の太刀は、非常に高い火力を持っています。また、太刀の大きな特徴でもある「見切り斬り」は敵の攻撃や咆哮を無効化しながら攻撃でき、ガードができない武器ながら隙のない安定した立ち回りが可能です。

攻防一体の見切り斬りで絶え間なく攻撃

また、「見切り斬り」から「気刃大回転斬り」へのコンボによって「練気ゲージ」の色を効率的に変化させることが可能なため、攻守一体の立ち回りで攻撃の手を止めることなく戦うことができます。

片手剣の評価ポイント

片手剣は威力の高い「フォールバッシュ」や「旋回斬り」を利用した永久コンボなどを使い分けることで、場面を選ばず高い火力を発揮できます。小回りが利くため、多くのモンスターの弱点に対して張り付くような立ち回りができるのも強みです。

汎用性と安定性に優れる

片手剣は抜刀時にも即座にアイテムやスリンガーが使用できるという特性をもっており、それらを活用した戦いも得意です。また、複雑な操作やゲージなどが存在せず、機動力やガードといった防御面の性能も備えているため、安定した戦いがしやすい武器種です。

双剣の評価ポイント

双剣は「鬼人化」による自己強化と手数の多さ、そしてモンスターの弱点への張り付きやすさで、トップクラスの継続火力を持っています。また、隙の少なさと高い機動力によって生存能力も高く、扱いやすい武器種でもあります。

リーチは短いが定点攻撃に優れている

双剣の弱点としてはリーチの短さが挙げられますが、攻撃モーションを利用して細かな立ち位置を調整することでカバーできます。また、一点に攻撃を集中させる「乱舞」も強力で、チャンス時の弱点に対する定点攻撃ではとくに高い火力が発揮できます。

ライトボウガンの評価ポイント

ライトボウガンは、「LV3散弾」や「速射」などを利用した強力な射撃と高い機動力が特徴の武器です。使用する弾種やボウガンのカスタマイズにもよりますが、攻撃時の隙が少ないために有利なポジションを維持しやすく、高い生存力を発揮できます。

強力な新アクション「起爆竜弾」

また、『モンハンワールド』から追加された新アクション「起爆竜弾」は火力が高く、とくにモンスターのダウン時や拘束中に使用することで、高い火力をさらに伸ばすことができます。

最強武器ランキングA

ヘビィボウガンの評価ポイント

同じ系統のライトボウガンと比べて扱いにくい部分が目立つ武器種ですが、最大の特徴でもある「拡散弾」が非常に強力です。とくに「LV3拡散弾」と「不動の装衣」、「癒しの煙筒」を組み合わせた戦法は、全武器種中でもトップクラスの火力を発揮します。

シールドパーツで防御を重視することも

ボウガンのカスタマイズでシールドパーツ(パーツは最大で3つまで)を付けることにより、ガードが可能になります。とくにソロでは防御面の弱さを大きくカバーできるため、状況によっては非常に有効となります。

ランスの評価ポイント

ランスは見た目以上に機動力があり、弱点に張り付くような立ち回りで手数を活かすことができます。また、「カウンター突き」と「パワーガード」を使い分けることで、モンスターのさまざまな攻撃を受け止めながら継続的に火力を発揮できます。

パワーガードにはデメリットも

新アクションの「パワーガード」により、スタミナ削りの大きい攻撃に対しても即座にカウンターを繰り出すことができます。ただし、ガード性能を上げた通常のガードと違い体力は削られてしまうため、状況にあわせた使い分けが必要です。

ガンランスの評価ポイント

ガンランスは最大の特徴である「砲撃」と、ランス同様トップクラスのガード能力を兼ね備えた武器です。とくに強力な「フルバースト」や「溜め砲撃」はモンスターの肉質に影響されないため、常に安定したダメージが期待できます。

ランスよりも起動性が低い

同様に防御性能の高いランスと比べて、ガンランスは機動力の低さや基本コンボで足が止まるといった弱点があるため、動き回るモンスターが相手の場合はうまく工夫して立ち回る必要があります。

最強武器ランキングB

スラッシュアックスの評価ポイント

高い瞬間火力を誇る斧モードの「なぎ払い変形斬り」や、定点攻撃ができる剣モードの「連撃」など、優秀な技を多数持っています。ただし、隙の大きな攻撃が多く、ダウンや拘束時などのチャンス以外ではまとまったダメージを取るのが難しい面もあります。

各モードの立ち回りとゲージの管理が難しい

火力を活かすには「スラッシュゲージ」や「覚醒ゲージ」を管理する必要があるため、2つのモードをどちらも把握して使いこなさなければならず、全体を通してやや上級者向けの武器となっています。

狩猟笛の評価ポイント

狩猟笛アップデートにより「自分強化」に攻撃力アップの効果が追加され、攻撃性能がやや改善されました。ただし、高い火力を出すにはモーションの癖が強い「演奏」や「重ね掛け」を攻撃の主軸に据える必要があり、使いこなすには熟練を要します。

旋律を揃えて演奏するまでの手間がある

「旋律効果」による強化が前提となる特性上、性能を発揮するためには準備時間がかかります。そのため、ほかの武器種と比べるとタイムアタックなどの短期決戦が苦手な武器種となっています。

操虫棍の評価ポイント

操虫棍は「操虫【エキス採取】」により自己強化をしつつ、機動力の高さや「跳躍」からの乗りによる拘束力を活かして戦う武器です。ただし、火力を重視する場合は地上戦を主体とした方が強く、現状は空中戦に特化した特性の活かしにくさが目立ちます。

エキス強化をしないと火力が出しにくい

操虫棍の武器性能を引き出すためには、赤、白、橙の3種類のエキスを採取する必要があり、狩猟笛と同じく攻撃に移る前の準備時間が必要となります。この手間があるため、タイムアタックなどの高速討伐を目的とした狩猟にはあまり向きません。

ソロとマルチの違い

ソロではモンスターの狙いが自分に集まる

ソロプレイとマルチプレイでの最大の違いは、モンスターのターゲットの分散しやすさにあります。

ソロプレイ時はオトモを考慮しても、モンスターの狙いが自分に集まりやすいため動きを予測しやすく、弱点を狙った攻撃チャンスが増えます。逆に、マルチプレイ時は狙いが分散するため、攻撃チャンスが減る場合が多くなります。

マルチでは状態異常や怯みの耐性が上昇

マルチプレイ時は、ソロプレイ時に比べてモンスターの状態異常耐性が約2.6倍に上昇します。そのため、麻痺やスタンによる拘束が狙いにくくなります。

また、怯みやダウンを取るために必要なダメージ量も上昇するため、武器種によってはまとまったダメージを与えられる攻撃チャンスが大きく減ることとなります。

コメント/情報提供

  • ななしさん
    2018/04/16 12:28

    >ななしさん イビルジョーの攻撃避けられないプレイヤーには安心だから流行ってる

  • ななしさん
    2018/04/13 00:36

    最近ランス増えたな〜

  • ななしさん
    2018/04/10 10:55

    >ななしさん 過去作と比べたら今回どれも強くね ぶっちゃけスラアクは剣からビーム出るくらいでもよかった

  • ななしさん
    2018/04/08 14:02

    今作のスラアク強いと思うのにランクBなん?

  • ななしさん
    2018/04/05 20:51

    武器よりスキル構成が重要なんだけどね

  • ななしさん
    2018/04/05 16:28

    このサイトは初心者向けですね

  • ななしさん
    2018/03/28 16:07

    わたしは断然双剣派だなー。 大剣使うと重くて動かせないし、 弓はカメラ動かして標準合わせんのが難しい! まぁ私なりの感想だけど。 弓使えるようになったら多分すごいんだろーなー。 ってかディアブロスに勝てねえ

  • ななしさん
    2018/03/24 20:43

    片手って初心者が使ったら火力でんやろ

  • ななしさん
    2018/03/24 16:21

    マルチやってると弓の生存率は下の方。そんでライトだね

  • ななしさん
    2018/03/19 05:14

    アドセンスクリックお願いします!