https://gamy.jp/mh-w/mhw-heavy-bowgun-new-action

【モンハンワールド】ヘビィボウガンの特殊弾の使い方【MHW】

ライター

トトロ丸
0
コメントへ

『モンハンワールド(MHW)』の新要素「ヘビィボウガンの特殊弾」についてまとめた記事です。ベータ版で使えるヘビィボウガンの特殊弾の使い方や性能(機関竜弾と狙撃竜弾)を紹介。ぜひベータ版『モンハンワールド』攻略の参考にしてください。

ベータ版で確認できた特殊弾は2つ

『モンハンワールド』のベータテスト版では2種類のヘビィボウガン(スティールアサルト、ボーンシューター)が用意されています。この2つの武器は攻撃力や扱える弾は同じです。

異なる点は特殊弾。「スティールアサルト」は機関竜弾で、ボーンシューターは「狙撃竜弾」を扱うことができます。

ヘビィボウガンでガトリング!

特殊弾:機関竜弾を使ってみた

出典: YOUTUBE

「スティールアサルト」の特殊弾は機関竜弾。1発のダメージはあまり高くはありませんが、連射性能に優れており、ガトリングのような攻撃といえば分かりやすいでしょうか。これまでの『モンハン』にはなかった爽快感のある攻撃ですね。

狙撃できる簡易徹甲榴弾!

特殊弾:徹甲榴弾を使ってみた

出典: YOUTUBE

「ボーンシューター」の特殊弾は狙撃竜弾。スナイプ状態で簡易徹甲榴弾を使うイメージです。狙った部位を捉えやすく、またダメージも期待できる攻撃となっています。

特殊弾の装填時間

次に使用できるまでの時間が長い

特殊弾を発射すると、持参した弾とは異なり、一定時間経過しないと特殊弾を装填できません。その時間は「スティールアサルト」の機関竜弾で約4分、「ボーンシューター」の狙撃竜弾で約1分20秒となっています。

武器名 特殊弾 装填時間
スティールアサルト 機関竜弾 約4分
ボーンシューター 狙撃竜弾 約1分20秒

特殊弾によって、次に使えるようになるまでの時間が異なります。また機関竜弾は狙撃竜弾とは異なり、途中で装填することが可能です。ただし、途中で装填した場合、再度使い切らないと特殊弾の装填ゲージが回復しないので注意しましょう。

コメント/情報提供

ランキング

GAMYガチャ実施中

事前登録ランキング