https://gamy.jp/mh-w/mhw-guide9

【モンハンワールド】片手剣の特徴と立ち回り【MHW】

ライター

神崎 雛
0
コメントへ

『モンハンワールド(MHW)』の片手剣の操作方法です。『モンハンワールド』からの片手剣の新アクションや過去作からの変更点、モーション値などの情報を記載しています。片手剣の操作方法をマスターして『モンハンワールド』を攻略しましょう!

片手剣操作ガイド

片手剣の特徴

片手剣の長所

●ガードができる
●抜刀時にもアイテムを使える
●抜刀時の移動速度が速い
●モーションが短く隙が少ない
●ほとんどのアクションから回避に移行可能

片手剣の短所

●一撃の威力が低い
●手数が多い分、斬れ味が落ちやすい
●攻撃範囲が狭い

片手剣の新アクション

新アクション「ハードバッシュ」「突き」「ショート盾攻撃」

バックナックルから「ハードバッシュ」に、回転斬りから「突き」へ、突進斬りから「ショート盾攻撃」へ派生など、新しい派生技が増えているのが特徴。攻撃モーションが変わっているものもあるので、連係技を再度確認しておくとよいでしょう。

新アクション「フォールバッシュ」

溜め斬りがヒットすることで、新アクション「フォールバッシュ」への派生ができます。一度後方へ下がった後、溜め斬りを当てジャンプし、上から叩きつけるようなアクションで攻撃。突進斬りからのコンボの連係でつなぐこともできる有効な技です。

抜刀中にスリンガーが使える

片手剣の特徴であった抜刀時のアイテム使用に加え、スリンガーも使用できます。攻撃の流れを切らず、新要素の1つであるスリンガーを活かした戦い方も可能です。

片手剣の変更点

モーションの変更

・「突進斬り」のモーションが斬り上げるようなモーションに変更。
・「バックステップ溜め斬り」からモンスターを駆け上がるように斬りながら、ジャンプするモーションが追加。そこから新アクション「フォールバッシュ」に繋ぐことが可能。

派生技の変更

『モンハンワールド』からいくつか技の派生が変更されています。
・あらゆる攻撃から「旋回斬り」へ派生することが可能。
・盾で攻撃する派生技が多く追加されました。

片手剣の基本的な立ち回り

サポートに向いている

片手剣は各モーションが短く、攻撃速度が速い武器です。そのため麻痺や睡眠・毒との相性が良く、サポートを主体にすることでより活躍できます。

器用な立ち回り

片手剣は納刀速度が非常に早く、モーションに縛られることがありません。モンスターに合わせてバックステップから溜め切りから乗りを狙ったり、罠を仕掛けるなどさまざまな要素を活用していきましょう。

剣盾コンボの仕様が変更に

通称「盾コン」と言われる△→△→△のコンボは味方を吹き飛ばすこととDPSが低いことから、使用どころが限られていました。ですが、今作では吹き飛しがなくなったことから、立ち回りの幅も増えたと言えるでしょう。△→△→〇→〇→〇のコンボを多用していくことも効率的です。

片手剣のモーション値

※現在は、トレーニングエリアの柱を攻撃した際の各モーションごとのダメージ値を記載しています。

モーション ダメージ
斬り下ろし 11
水平斬り 17
突進斬り 14
ジャンプ斬り 15
横切り 10
剣盾コンボ 8+15
斬り返し 16
回転斬り 18
ショート盾攻撃 5
盾攻撃 6
バックナックル 12
ハードバッシュ 23
溜め斬り 30
駆け上がり斬り 26
フォールバッシュ 33+29
斬り上げ 11

片手剣紹介動画

出典: YOUTUBE

各種武器の特徴と操作

『モンハンワールド』攻略情報一覧

コメント/情報提供