https://gamy.jp/lineage2revo/linerevo-server-select

【リネレボ】サーバーの選び方とサーバーの考察

ライター

くまねこ
0
コメントへ

『リネージュ2レボリューション(リネレボ)』のサーバーの選び方についての記事です。これからサーバーを選ぶ方、サーバー移動が実装された際にどういった基準でサーバーを選ぶべきかについて考察していきます。『リネレボ・リネージュ2』の攻略にお役立てください。

これから始める人へ!
▶︎ リセマラ当たりランキング

サーバーとは

プレイヤーたちの国のようなもの

オンラインゲームを頻繁にやる人には馴染みのある言葉かもしれませんが、サーバーとはゲームをプレイする人たちが分かれるための国のようなものです。作った自分のキャラクターはこの国の中でゲームをプレイすることになります。一番はじめに選択するのがサーバーになります。

サーバー間移動は現在できない

サーバー間の移動は今はできません。ですが韓国ではサーバー間移動ができるようになったのでいつか日本でも移動可能になると思われます。今サーバーを選んで既にプレイしている人も、その時サーバーを移動するか、判断しなければなりません。

現在サーバーは60個

現在サーバーは60個存在し、プレイヤーが分かれています。友達とプレイしたい場合は、必ず同じサーバーを選ぶようにしましょう。

サーバー選びの基準は?

サーバー人口の影響

サーバー選びの基準は基本的に人口の差になってきます。基本的に出現する敵、イベント、ドロップアイテムなどは同じです。では、人口の多い少ないで何が変わってくるのでしょうか?それぞれのメリットが反対のサーバーのデメリットと考えてください。

人口の多いサーバーのメリット

まず人口の多いサーバーはそれだけ狩りなども活発に行われていることになります。つまりその分レアドロップやレアアイテムが出回りやすい、ということになります。人口の多いサーバーの方が、トレードが活発で物価もやすくなりやすいです。そのほかに血盟を組みやすい点もメリットと言えるでしょう。

人口の多いサーバー
メリット デメリット
トレードが盛ん 要塞や城の競争率が高い
血盟が豊富 フィールドボス、
狩場の競争率が高い

人口の少ないサーバーのメリット

次に人口の少ないサーバーのメリットは、血盟イベントやフィールドボスの競争率が低くなることです。人口が少ないと強い人も必然と少なくなり、血盟イベントの要塞戦や攻城戦での競争に勝ちやすくなります。また、特定の時間に出現し、レアアイテムをドロップするフィールドボスも倒しやすくなります。

人口の少ないサーバー
メリット デメリット
要塞や城の競争率が低い トレードが動きにくい
フィールドボス、
狩場の競争率が低い
血盟数が限られる

さらに、競争率が低いことによりメリットはまだあります。例えば、採取ダンジョンです。採取ダンジョンには稀にレアな「虹色の苗」が出現しますが、薬草は全プレイヤーも含め採取回数が決まっています。さらに採取ダンジョンはPVP可能ダンジョンなので、採取する前にほかのプレイヤーと取り合いになりPK(プレイヤーキル)されてしまうこともあります。

人気の高いサーバーの法則

PC版にあるサーバー

リネレボにあるサーバーで前からPC版に存在したサーバーは人気が高いです。「アデン」などがそれに当たりますね。

名前自体の響き

そのほかに名前の響きで人気なサーバーがあります。某人気アニメを彷彿とさせる「エヴァ」や、なんとなくお嬢様チックな響きに聞こえる「エリカ」などがそれにあたります。第1サーバーである「アインハザード」も必然と人気ですね。

自分にあったサーバーを選ぼう

この記事を参考にサーバーを選ぼうにも、もちろんサーバーの人数は変動しますのでその時はサーバーの人口状況を見て選んでください。しっかりやりごたえのあるリネレボがプレイしたいか、まったり自分のペースでプレイしたいかで選択してみてください!

各鯖別掲示板リンク

ランキング

GAMY事前登録受付中

事前登録ランキング