https://gamy.jp/lineage2revo/linerevo-ketumei-kouzyousen

【リネレボ】攻城戦について攻略解説!実装はいつになる?

ライター

くまねこ
0
コメントへ

『リネージュ2レボリューション(リネレボ)』の攻城戦について解説した記事です。大規模PVPの攻城戦について攻略していきます。血盟に所属している人は、ぜひ攻城戦に参加してみましょう! ※ 攻城戦は現在実装されていないコンテンツです。実装され次第更新します。

※ 実装前のコンテンツなので、情報は事前情報となります。実際と異なる場合があるので注意してください。実装され次第更新します。

攻城戦とは

最大200人の城の攻防戦

攻城戦では4つの血盟が攻撃側と防御側に分かれて戦います。城を所有している1血盟が残りの3血盟から城を守る防衛戦になります。攻撃側は城を攻め落としたら勝利です。

制限時間は30分

攻城戦の制限時間は30分です。これを過ぎると引き分けとなり、城の変動はないので、実質守備側の勝利となります。

勝利すると城が獲得できる

攻城戦に勝利すると防衛側が守っていた城を入手することができます。ただし城を獲得できる血盟は1つだけなので、攻撃側の血盟も油断はならない。同盟などでチームを組み、あらかじめどこの血盟が城を入手するか話し合っておくのも良い。

攻城戦の勝利条件

攻撃側の勝利条件

攻撃側の勝利条件は城を攻め落とし城の内部にある聖物に刻印をすると勝利となります。そのためには、門(ゲート)を突破する必要があるなどの様々な関門を潜り抜ける必要があります。

守備側の勝利条

城を守る守備側の勝利条件は、30分耐え抜くか3つの血盟すべての攻撃拠点を陥落させるかの2通りです。数では圧倒的に不利なので、30分耐え抜く方が確率としては高いですが、ジリ貧になる可能性もあるので、隙を見つけたら積極的に相手の拠点を破壊しにいくのが良いでしょう。

攻城戦は参加権を獲得する必要がある

攻城戦も要塞戦と同じく参加するためには参加権を獲得する必要があります。参加権はオークション形式で血盟アデナを使って入札します。4つのエリアにある4つの城の中から自分たちが攻め落としたい城を選択し、参加権を落札した3血盟がはじめて攻城戦への参加が可能となります。

攻城戦と要塞戦の違い

強化の祭壇の上昇量の違い

刻印することで強化効果を付与できる強化の祭壇の効果の値が違います。要塞戦では、攻撃力と防御力が10%アップですが、攻城戦では攻撃力と防御力が20%アップと効果が大きく上昇しています。

これにより、いつもより大きな力で攻めることができるので、要塞戦より破壊的な戦いを繰り広げることができます。

攻略のコツ

※ 実装前のコンテンツなので、攻略のコツは予測となります。実際と大きく異なる場合があるので注意してください。実装され次第更新します。

攻撃側のコツ

血盟同士で連携をとる

攻撃側の3血盟であらかじめ作戦・連携を取っておくことが重要です。まとまって攻めるのかばらけて攻めるのかなど、うまく連携を取れば敵を翻弄し、数の利をうまく活かせます。

足止め要員は前線に

スタンやノックダウンなどの足止めができるクラスは、聖物に刻印するときに時間稼ぎとして重宝します。特に刻印をする血盟が決まっている場合、足止めできるガーディアンなどのクラスは前線で戦うのが良いでしょう。

守備側のコツ

敵の隙を逃さない

守備側は数で押されるのが一番の負け筋です。それを防ぐために、相手の拠点はなるべく早く破壊したいです。そのためには敵の隙をうまくつくことが必要です。敵がたくさん倒れ、戦場にいる敵の数が減ったときに一気に相手陣に攻め込み拠点を破壊してしまうのが良いです。

ただしその場合自陣が手薄になるので、パラディンなどの防衛役を複数人残しておくようにしましょう。

敵の動きを把握する

守備側はあまり動かなくていいからと、ただ待ち構えているだけでは敵の作戦を自由に遂行させてしまうかもしれません。メンバーの中から何人か偵察として、戦況を把握するメンバーがいると戦いやすいかもしれません。

防御塔をうまく利用する

要塞戦で防御の要となる防御塔ですが、攻城戦にあるかはまだわかりません。ですが、もしあれば使わない手はないです。防御塔の近くで敵をスタン・ノックダウンさせることで素早く、少ない被害で敵を処理できます。

いつ実装かは未定

攻城戦の実装時期はまだいつになるかわかりません。ですが、9/30(土)に要塞戦が開催されることから、要塞戦のあとに実装されるのではないかと思います。攻城戦に向け、血盟同士の連携も重要になってきますね。

情報が公開され次第、さらに更新をしていくのでお楽しみに!

コメント/情報提供