【グラブル】サプチケおすすめSSRキャラクターランキング!【グランブルーファンタジー】

『グラブル(グランブルーファンタジー)』のサプチケ(サプライズスペシャルガチャセット)で交換できるおすすめの最強SSRキャラクターたちを紹介しています。サプチケは1~2ヶ月に1度開催されます。課金のみで購入可能です。

※2017年3月上旬に、このページは改修予定です。

サプチケとは

『グラブル』内で不定期で開催される「サプライズスペシャルガチャセット」を購入することで、「10連ガチャチケット」と、好きなキャラクター解放武器や召喚石と交換できる「交換チケット(サプチケ)」を入手することができます。

狙って好きなものを入手できるので、通常の課金よりもコストパフォーマンスが優れています。

この記事では、サプチケで入手できるおすすめのキャラクターを紹介していきます。

サプチケおすすめキャラクター一覧まとめ

火属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
パーシヴァル ★★★★★ 恐怖/高火力アビリティ
クラリス ★★★★★ 高性能防御デバフ/無属性ダメージ
弱体サポート
マギサ ★★★★☆ 最終上限開放可能/マウント
ユエル ★★★★☆ 最終上限開放可能/全体回復アビリティ
火力強化/エルーン
アオイドス ★★★★☆ テンション効果/連続攻撃
メーテラ ★★★☆☆ 追加ダメージ/高火力アビリティ
スロウ

水属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
ヨダルラーハ ★★★★★ 奥義超火力追加ダメージ/確定トリプルアタック
回避+かばう/ハーヴィン
アルタイル ★★★★★ 攻防バフ/攻防デバフ/奥義ゲージ加速
シルヴァ ★★★★☆ 奥義ダメージ特化
リリィ ★★★★☆ 70%ダメージカット/全体回復
種族不明
シャルロッテ ★★★★☆ 最終上限開放可能/防御デバフ
ドライブバースト持ち/ダメージカット
ハーヴィン
リルル ★★★★☆ 攻防バフ/奥義ゲージ加速

全体回復+バリア効果/ハーヴィン

土属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
サラ ★★★★★ ダメージカット/防御力UP
かばう効果
アレーティア ★★★★★ 高火力アビリティ/ウェポンバースト
カリオストロ ★★★★☆ 最終上限開放可能/全体回復
全体強化+クリア/防御デバフ
ユーステス ★★★☆☆ 高火力奥義/麻痺付与
エルーン
キャサリン ★★★☆☆ 魅了+誘惑
反骨+追い打ち/エルーン
アルルメイヤ ★★★★☆ スロウ/マウント
攻撃デバフ/ハーヴィン

風属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
ペトラ ★★★★★ 4属性バフ/再生効果
ネツァワルピリ ★★★★★ 追い打ち(ブレイクアサシン)
アンリエット ★★★★☆ モードゲージ削り/奥義ゲージ加速
レナ ★★★★☆ 優秀な全体回復/高回転クリア
コルワ ★★★★☆ 各種独自バフ

光属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
ジャンヌダルク ★★★★★ 防御デバフ/全体攻撃バフ/連続攻撃
アーミラ ★★★★★ 最終上限開放可能/全体連続攻撃確率UP
自己強化
フェリ ★★★★★ 連続攻撃+奥義ダメージ特化/エルーン
アルベール ★★★☆☆ ダブルアタック確定/スロウ効果
アビリティ火力強化

闇属性キャラクター

キャラクター おすすめ度 備考
ジャンヌダルク ★★★★★ 強力な自己バフ/高性能防御デバフ
ヴァンピィ ★★★★★ ディスペル/スロウ
魅了付与/高火力奥義

自己強化/種族不明

ナルメア ★★★★☆ オーバードライブ時特攻/各種自己バフ
ドラフ
レディ・グレイ ★★★☆☆ 最終上限開放可能/高性能防御デバフ
バザラガ ★★★☆☆ ドライブバースト/自己バフ

火属性キャラクター

サプチケおすすめ度……★★★★★

火属性パーティを強化する場合、パーシヴァルを選択することを強くおすすめします。
アビリティ面における性能として、高倍率の単体攻撃である「ツェアライセン」、敵のチャージターン増加を防ぐ状態異常の恐怖を付与する「イクスゼーレ」、そして全キャラクターを通して見ても高い性能を持つ自己強化「トロイメライ」と、優秀な構成です。

パーシヴァルを編成する大きな利点は、主人公のジョブのスーパースターと非常に相性が良い点です。

ダークフェンサーで敵のチャージターンを妨害する必要が無く、高火力を押し付けることができます。

後述のクラリスや、スーパースターのアビリティ「ソウルピルファー」を併用することによって、恐怖の付与成功率も大幅に上がるため、キャラクター間の相性の良さも高評価のポイントです。

サプチケおすすめ度……★★★★

初心者の間は強さを実感しにくいですが、装備やキャラクターが整ってくるにつれて真価を発揮するキャラクターです。
敵の防御力を低下させる「ナノアナライズ」は、ダークフェンサーのアビリティ「ミゼラブルミスト」と累積するため、クラリスがいるだけで敵の防御力を下限まで低下させることができます。

クラリスのサポートアビリティには弱体効果の成功率を上げる効果があるので、スーパースターのアビリティ「ソウルピルファー」と併用することでほぼ確実に防御力低下を差し込むことが可能です。
前述のパーシヴァルとスーパースターの組み合わせと非常に相性が良く、パーシヴァルの「イクスゼーレ」の成功率も上昇するので、セットで運用するのが理想でしょう。

ほかのアビリティも、モードゲージを削るのに有効な「エクリプス」、敵の強化効果を解除しつつ、割合ダメージを与える「アトミック・レゾリューション」で火力面もまかなえる万能キャラクターです。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

最終上限解放が可能なキャラクターの1人です。
上記のパーシヴァル、クラリスとの相性も非常に良く、最終上限解放によるステータス面のアドバンテージもあるので、サプチケでも選択肢の1つとして考えられます。

キャラクターの特色としては、味方全体に1回のみ状態異常、ステータス低下を無効化する効果を付与できる「ウォール」が挙げられます。

先述したように、高いステータスもさることながら、最終上限解放を行うと強力な自己強化も可能になり、高い単体性能を誇ります。
また、効果量は控えめなものの、クラリスの「ナノアナライズ」、ダークフェンサーの「ミゼラブルミスト」と累積が可能なデバフアビリティも持っており、サポートキャラクターとしての活躍も期待できます。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

火属性のSSRキャラクターの中では珍しい、全体回復のアビリティを持っています。
以前までは、多少便利なヒーラーという扱いでしたが、最終上限開放の実装により、非常に強力なバッファーとして注目されるようになりました。
真価を発揮するにはレベル100まで上げる必要がありますが、火属性ダメージ強化、追加攻撃付与、最大3000のHP回復と、HLマルチバトルでも充分に通用する性能をもっています。
火属性には優秀なヒューマン族キャラクターが多いことで編成から外れがちという欠点も抱えていました。
ですが、バハムート武器の最終段階では、ヒューマン族とエルーン族を同時に強化する効果が付与されたので、最終的なメンバー候補には確実に入ってきます。
エンドコンテンツのひとつなので、非常に遠い道のりですが、序盤はヒーラーとして、最終的には強力なバッファーとして確実に活躍してくれるキャラクターです。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

マギサに次ぐヒューマン族パーティの候補キャラクターです。
アオイドスの大きな特徴として、「テンション」という攻撃力バフが挙げられます。
テンションには1~4までのレベルがあり、運が絡むものの、最大で攻撃力に100%のボーナスを付与することが可能です。
現状どの強化効果とも被らない別枠の強化効果なので、手軽に火力上昇を狙えることができるでしょう。
単体としての性能も高く、デメリット付きではあるものの、強力な連続攻撃確率サポートのアビリティを持っています。
全体的に火力サポートに寄ったキャラクターなので、総合火力を上げたい場合はマギサより優先される場合もあるでしょう。

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

既存のメーテラの特色を残しつつ、火属性に属性変更したメーテラです。
超高倍率の攻撃アビリティに加え、スロウや魅了効果と、フレキシブルな運用が可能です。
加えて、「エーテリアルシール」という独自の強化効果により、うまく使用すれば凄まじいダメージ効率を叩き出すことができます。

そして何よりも、ガチャで入手可能な3人目の火属性エルーンという点が非常に大きいです。
火属性には優秀なヒューマンキャラクターが多く存在し、高いスペックを持ちつつも敬遠されてきたユエルやヘルエスのようなエルーン族は、バハムート武器の関係でメインメンバーからは外されがちでした。

それがメーテラの登場により、新しい種族染めパーティの可能性が開けたので、エルーン族パーティを組みたいのであれば優先的に取得するキャラクターだと言えるでしょう。

水属性キャラクター

サプチケおすすめ度……★★★★★

水属性キャラクターが揃っていない場合、下記のアルタイル以上におすすめできるキャラクターです。
「三幕」という累積する効果を消費して運用する必要があり、性能としては複雑な部類に入りますが、それ以上に手軽に超高火力を発揮することができます。

各アビリティはすべて「三幕」に関係するもので、どれも魅力的ではありますが、特筆すべきは奥義の効果です。

「三幕」は最大3個までストックすることが可能で、上限までストックしている状態で奥義を発動すると、奥義ダメージに加えて99万の固定ダメージを与えることができます。
強力なマルチボスに対するダメージソースとして、長く活躍することができます。

ただし、「三幕」を消費した後は性能が著しく低下するというデメリットもあるので、短期決戦を心がけるようにして運用しましょう。

サプチケおすすめ度……★★★★★

『グラブル』における最高のサポートキャラクターです。
ヨダルラーハは即効性のある火力担当として活躍できますが、アルタイルは水属性パーティの戦力を大きく引き上げるサポーターとしての活躍が期待できます。

味方全体の攻撃力と防御力を強化するアビリティと、敵全体の攻撃力と防御力を低下させるアビリティを持っているので、単体でサポート効果をまかなうこともできます。

特に強力なのは、味方全体の奥義ゲージを30%上昇させる「戦術策:偃月」です。
チャージターンが7ターンなので、奥義の回転率を上げ、パーティの火力上昇に貢献してくれます。

サプチケおすすめ度……★★★★

水属性屈指の瞬間火力を発揮するキャラクターです。
アビリティ構成はすべて奥義の強化に関する性能を持ち、装備が揃っていない段階でも数十万のダメージを期待できます。
手軽に火力を大幅に強化できるので、初心者にもおすすめです。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

最終上限解放までは平凡なアタッカーですが、強化していくと屈指のアビリティアタッカーとして活躍します。
最終上限解放を行うと、奥義の追加効果により、攻撃アビリティ「ブレードインパルス」が2回発動するようになります。
通常時はそこそこの倍率ですが、奥義使用時に発動することで、奥義並のダメージを発揮することが可能です。
また、連続攻撃の面でも優秀で、アビリティ「サザンクロス」の効果も手伝い、高い火力と奥義ゲージ回収率を誇るようになります。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

「コロッサス・マグナ」などの強力な火属性モンスターに対して、圧倒的な耐久力を発揮します。

加入初期から使用できる「氷晶結界」は、火属性のダメージを70%カットするという破格の性能を持っています。
これはシャルロッテなどの使用する被ダメージカットの効果と累積するため、ダメージを100%カットすることも容易です。

また、高性能の全体回復も備えているため、加入させるとパーティの安定度が格段に向上します。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

最終上限開放が可能なキャラクターの1人です。
防御力20%低下のデバフを持ち、オーバードライブ時に大ダメージを与えるアビリティも保有しています。
被ダメージ50%カットのアビリティも有しているので、高いレベルで攻守を賄える万能キャラクターです。

種族がハーヴィンなので、一見ヒューマン染めパーティには編成しにくいかもしれませんが、上記のアビリティも加味すると、ほかのヒューマン族キャラクターに劣らない火力を発揮します。

また、最近では優秀なSSRハーヴィンのキャラクターも登場したので、種族染めパーティが組みやすくなったことも含めて、相対的に評価が上がっています。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

アルタイルと同じく、完全サポート特化のキャラクターです。
また、初心者の場合、アルタイルよりも使いやすい場合はあるので、その場合は優先度が上がります。
強化効果のひとつひとつが非常に優秀ですが、リルルの本領はキャラクターが揃い始めてきたあとになります。
味方全体の攻撃力と防御力を強化する効果は、現在重複する効果が存在せず、あらゆる強化効果と共存することができる特別な効果を持っています。
さらに、奥義ゲージ加速の効果と、味方全体に効果量の高いHP回復とバリア効果を付与することができるため、優秀なサポーターだと言えます。
一見、アルタイルと似たアビリティ構成のため、必要ないと思う方もいるかもしれませんが、味方の強化効果を含め、アルタイルとサポートを阻害し合うアビリティは存在していません。
そのため、サポート枠の拡大を狙う場合は、アルタイルを所持していても充分候補に挙がります。

土属性キャラクター

サプチケおすすめ度……★★★★★

本作において、最高の防御性能を持っています。
保有アビリティの組み合わせで、単体攻撃と全体攻撃両方に対して対策を練れます。

アビリティを同時使用すると、サラ自身の被ダメージを95%をカットするという点からも、その防御力は計り知れます。

サプチケおすすめ度……★★★★

土属性の代表的なアタッカーです。
パーシヴァルと同倍率の単体攻撃アビリティに、使い勝手の良い全体攻撃を持っています。
また、奥義ゲージを100%上昇させるアビリティを覚えるので、1体差し込むだけでパーティの火力上昇に貢献してくれます。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

最終上限解放が可能なキャラクターで、それに伴いアビリティが大幅に強化されます。

効果量は控えめですが、敵の防御力を下げるデバフと、状態異常が付いていない代わりに回復上限量の高い全体回復アビリティを持っています。

2つ目のアビリティ「ファンタズマゴリア」は自身の連続攻撃確率と攻撃力、防御力を上昇させる効果を持ちますが、強化されると味方全体にバフがかかるようになります。

一度だけHPが0になっても復活できるサポートアビリティも追加されるので、大器晩成型の優秀な支援型キャラクターです。

ユーステス

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

固有のシステム「充填」と、効果時間は短いものの、敵の動きを完全に停止させる状態異常「麻痺」を備えたエルーンのキャラクターです。
優秀なヒューマン族が多い土属性の中では、エルーンというディスアドバンテージを抱えています。
ですが、2つ目のアビリティ「アンチ・ソシアル・ディシーズ」によって、高い奥義ダメージを稼ぐことができるため、種族間の問題はあまり気になりません。

「麻痺」という貴重な状態異常も扱うことができるので、終盤まで活用することも可能です。

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

ユーステス、メルゥのSSRエルーンキャラクターに加え、3人目のエルーンキャラクターです。
このキャラクターの登場で、バハムートスピア編成でパーティを組めるようになったため、種族の問題は比較的起こりにくいと言えるでしょう。
単体の性能としても悪くなく、魅了の互換効果である「誘惑」と、それらを利用した攻撃力を大幅に上昇させる強化効果を所持しています。
単体で完結しているキャラクターなので、デバフ要員としての起用であればヒューマン族パーティに採用することも可能な点が優秀です。

アルルメイヤ

サプチケおすすめ度……★★★★☆

火力面では期待できませんが、サポート面で活躍できるキャラクターです。
敵のチャージターンを減少させることができるスロウ効果を持っており、ダークフェンサーと組み合わせることで敵の特殊技を大幅に阻害することができます。
ほかにも、敵からの弱体効果を無効化するマウント系アビリティも所持しているため、対策としてピンポイントで差し込むといった運用も可能です。
優秀なアビリティを持ちながらも、攻撃力が低いという理由でパーティから外れがちですが、HLマルチバトルの実装により活躍の機会も増えています。
また、その性質上初心者でも扱いやすい性能を持っているため、特殊技が痛い場合は優先度が上がります。

※5/30 ななしさんよりアドバイスをいただき、アルルメイヤのおすすめ度を変更しました。コメントありがとうございます!

風属性キャラクター

サプチケおすすめ度……★★★★★

本作屈指の攻撃力を叩き出せるキャラクターです。
オーバードライブ状態の敵のゲージを削りきり、ブレイク状態にした時に真価を発揮します。

1度だけブレイク状態の敵に対して与ダメージ自体に3~4倍の倍率をかけるので、凄まじい瞬間火力を叩き出せるでしょう。

連続攻撃確率アップのアビリティは、低レベルの間は効果を実感しにくいものの、最終上限開放後には信頼のおける程度の性能を発揮するので、さらにダメージが加速します。

サプチケおすすめ度……★★★★★

「フィル」という特殊なカウンターを消費することで、味方を強化していくバッファーです。
下方修正が入ったものの、効果量は依然として高いので、装備が整っているプレイヤーであれば大幅な戦力増強に繋がります。
また、コルワのバフ効果はすべて独自枠なので、ほかのバフ効果と重複させることが可能です。
ただし、修正により効果のキモである効果延長が若干使いにくくなったため、効果的に衣装するためには何かしらのサポートが必要になります。
火力面ではもちろん、奥義の回転率に依存する性能を持っているため、連続攻撃確率UP系の効果を持つキャラクターや、古戦場武器である四天刃などを所持している場合はさらに優先度が上がるでしょう。

※5/30 ななしさんよりアドバイスをいただき、コルワの評価に追記しました。コメントありがとうございます!

リセマラおすすめ度……★★★★

全キャラクターと比べても、最高峰の属性攻撃力上昇のバフ効果を持っています。
「エレメンタルブレス」は、パーティの味方の火、水、土、風の4属性の属性攻撃力を50%上昇させる効果があり、他属性のパーティにもバフ要員として出張できる性能があります。
さらに、レイジ系やカーバンクルなどの強化と累積するため、装備やパーティが整っていれば高い瞬間火力を発揮します。

また、サポートアビリティの「風の憩い」も、毎ターン最大150のHPを回復してくれるため、目立ちにくいですがパーティの生存力に貢献してくれます。

アンリエット

リセマラおすすめ度……★★★★☆

ペトラとは別の面でパーティを強化してくれます。
味方単体のアビリティのチャージターンを短縮したり、奥義ゲージの上昇量と攻撃力を強化してくれるアビリティを所有しているので、幅広い運用が可能です。

攻撃面では、敵のモードゲージの減少量上昇の効果を味方全体に付与する「ユーフォリア」が強力です。
ほかの同系統のアビリティよりも効果量が高く設定されており、戦力が整っていればすぐに敵をブレイク状態にすることができます。

サプチケおすすめ度……★★★★☆

初心者にはもっともおすすめできる、『グラブル』においてトップクラスの性能を持つ回復キャラクターです。

ほかの属性の回復キャラクターのアビリティとは違い、パーティのHPを回復したあとに自動回復効果を付与します。
継続は3ターンで、総合回復量は2250に達します。
チャージターンも比較的短いので、回転率も良好です。

弱体効果を解除する「エスポワール」は、同系統のアビリティと比較するとチャージターンの短さが優れています。

パーティを保護するという意味では、ダメージカット系のキャラクターに並んで、非常に優秀な働きを見せてくれます。

光属性キャラクター

サプチケおすすめ度……★★★★★

光パーティの火力を底上げしてくれるキャラクターです。

ジャンヌ・ダルク単体で敵の防御力を25%低下させ、味方の攻撃力を30%向上させてくれるので、編成するだけでダメージ効率が目に見えて向上します。

さらに、2ターンの間、確定でトリプルアタックを発動させるアビリティの恩恵で、奥義ゲージの回収率も非常に高いです。

光属性の攻撃の要になるキャラクターなので、パーティを強化する場合は優先的に入手すると良いでしょう。

サプチケおすすめ度……★★★★

最終上限解放が可能なキャラクターの1人です。
最終上限前から、あまりに優秀すぎるアビリティで高評価でしたが、レベルキャップ解放に伴う性能強化でさらに優秀なキャラクターになりました。

「バルサゴス」は味方全体の連続攻撃確率とゲージ上昇量を向上させる効果があり、奥義の回転率を大幅に加速してくれます。

敵味方両方から奥義ゲージを吸収する効果や、フォルムチェンジのアビリティを持つので運用は難しいですが、ただでさえダメージ効率の良い光属性をさらに強化できます。

サプチケおすすめ度……★★★★

ヒューマン族ではないため、フェリ単体に対してバハムート武器の恩恵を与えるのは編成上困難ですが、それ以上の火力増強を見込めるキャラクターです。
フェリの利点としては、全体に光属性の追加ダメージと、確定でトリプルアタックを発動させる効果を付与する「ヒン・リヒテン」が異常とも言えるスペックを持っています。
装備がある程度整っているプレイヤーであれば、フェリが編成に入るだけでも、瞬間火力が大きく上昇するでしょう。
このデメリット効果に、奥義ゲージが溜まらなくなってしまう「ショート効果」を付与する性質もあります。
ですが、この弱体効果を解除することができれば、味方全体のトリプルアタックによるすさまじい奥義ゲージ回収効率と、アビリティ「グラオザーム」の奥義ダメージ強化効果により、パーティの戦力を大幅に向上させてくれます。
その性質上、ジ・オーダー・グランデを組み込んだパーティと非常に相性が良いので、所持している場合はジャンヌ・ダルクよりも優先度は上がります。

アルベール

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

ジャンヌ・ダルクやアーミラに並び、奥義ゲージの回収とダメージ効率の良いキャラクターです。

サポートアビリティの恩恵で、毎ターン確定でダブルアタックが発生するので、光属性でパーティを組んでも奥義発動に遅れることはほぼありません。

また次に使用するアビリティのダメージを10倍にするという破格の性能を持つ「ライトニングバースト」もダメージソースとして優秀です。

1ターン帯電状態を付与され行動不能になるデメリットがありますが、こちらもサポートアビリティの恩恵で、疑似的に敵の攻撃を反射できるので簡易リフレクトとして使用することもできます。

単体アビリティと全体アビリティを両方とも持っているので、状況に対応しやすい優秀なキャラクターです。

闇属性キャラクター

光属性のジャンヌダルクと同じく、バフと強力なデバフを所持しているキャラクターです。
防御デバフについては、デメリットがあるものの効果量が25%なので、「ミゼラブルミスト」との併用で防御力を下限まで低下させることが可能です。
バフ効果に関しては、対象は自身のみですが、その分長期間の持続があります。
効果量が変動するためクセがありますが、単体のアタッカーとしては破格の性能を誇ります。

サプチケおすすめ度……★★★★

闇属性のパーティを強化するのであれば、最優先で取得したいキャラクターです。
単体性能だけで見れば、ほかの闇属性キャラクターと比較しても優秀さが際立ちます。

3種類のアビリティは基本的に妨害系の性能を持っていますが、同時に攻撃やダメージアップ、奥義の加速を行える強力なアビリティ揃いです。

特に、スロウ効果と自身のゲージを加速させる効果を持つ「スカーレットギフト」や敵に魅了効果を付与し、自身の攻撃、防御と連続攻撃確率を強化する「チャームスロープ」が汎用性が高く優秀です。

魅了効果の入った敵に対しては、奥義の効果によってトップクラスのダメージが入る点も優秀だと言えます。

サプチケおすすめ度……★★★★

闇属性キャラクターの中でもトップクラスの攻撃性能を持ち、種族のディスアドバンテージを覆すほどのスペックを秘めています。
「源氏の構え」と「神楽の構え」という2種類のモードを使い分けて戦うキャラクターで、性能は複雑な部類に入ると言えるでしょう。

ナルメアは自身の攻撃力や連続攻撃率を上昇させ、防御力が低下するという、いわゆる「捨て身」系のキャラクターに分類されます。

敵のオーバードライブ時に大幅に攻撃力を強化する「反骨」効果や、敵のチャージターンを減少させるスロウを使用することができるので、打たれ弱さはあるものの、サプチケで選択する場合は強くおすすめできます。

レディ・グレイ

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

最終上限解放が可能なキャラクターの1人で、『グラブル』最高峰の防御デバフアビリティを保有しています。
「ディープダウン」は加入時から敵の防御力25%ダウンという強力な効果を持っています。
敵のステータスダウンは50%が下限なので、主人公の「ミゼラブルミスト」と組み合わせるとダメージが跳ね上がります。

最終上限解放後にはさらに性能が強化され、防御力減少量が30%に増え、スロウ効果まで付与されました。
チャージターンも5ターンと悪くなく、主人公のジョブ「ダークフェンサー」と組み合わせると、パーティの安定度が大幅に向上します。

バザラガ

サプチケおすすめ度……★★★☆☆

ナルメアという優秀なドラフが登場したことにより、相対的に評価が向上したキャラクターの1人です。
もともと闇属性のアタッカーとして優秀な性能を持っていましたが、種族面の格差でメインメンバーからは外れやすいキャラクターでした。

ですが、現在では前述のナルメアに加え、ヴァンピィやケルベロスなどの種族不明キャラクターがいるので、ドラフによる種族統一パーティが現実みを帯びてきました。

もともと、敵のオーバードライブ時に高い火力を発揮する特性を持っているので、その点もナルメアとマッチしています。

マルチバトルなどでは屈指の攻撃性能を誇るので、手持ちのキャラクター次第では十分選択肢に入ります。

サプチケで入手するキャラクターの基準

①キャラクター解放武器
サプチケでは、召喚石「ルシフェル」「バハムート」「ジ・オーダー・グランデ」「カグヤ」「アグニス」「ヴァルナ」「ティターン」「ゼピュロス」「ゼウス」「ハデス」を除いた、開催期間中にガチャから排出されるすべての武器や召喚石が選択できます。

その中でも、もっとも優先度が高いのはSSRのキャラクターを解放できる武器です。
SSRの武器と召喚石はイベントでも入手できますが、SSRの強力なキャラクターはガチャでしか入手できません。

上限解放をしなければ強化できない通常武器や召喚石より、即戦力として活躍できるキャラクター解放武器を選択することをおすすめします

②SSRキャラクターの足りないパーティを補う
『グラブル』では、さまざまなイベントが高い頻度で開催されます。
火、水、土、風、光、闇の属性に対応したイベントがローテーションで開催されるので、1つの属性に特化してしまうと、ほかの属性のイベントで活躍できなくなってしまいます

SSRのキャラクターは、どれも強力な性能を持っているので、1人パーティに差し込むだけで戦力が向上します。

序盤はSSRのキャラクターが足りていない場合が多いので、まずはそれぞれの属性のパーティにSSRキャラクターを加入させていくのが効率が良いです。

③役割を考えて不足している部分を補う
パーティを構成する際、多くの場合は足りない部分が生まれます。
防御面が薄くてすぐに倒されてしまったり、攻撃力が低く、効率的に周回できない場合が該当します。

パーティーの攻撃力を強化したいのであれば攻撃タイプを加入させたり、安定した運用を求めるのであれば防御、回復タイプのキャラクターを加入させるという選択肢が増えます。

以上の基準から、SSRが足りていない属性のキャラクターで、かつパーティの弱い点をカバーできるキャラクターを選択することをおすすめします。

今回の記事では、ある程度戦力が整ってきたプレイヤーに向けて評価をしています。
基本的には火力に貢献しやすいキャラクターのおすすめ度を高く設定していますが、『グラブル』を始めて間もない方は、順位の低いキャラクターのほうが適している場合もあります。

参考記事
リセマラおすすめキャラクターランキング

この記事へのコメント

  • ななしさん
    2016/10/29 05:02

    >ななしさん 編集者には分からないだろうしな。結局コメ欄で意見出し合って決めるようなものだろ? 正しい情報が知りたければ他へ行った方がいい。

  • ななしさん
    2016/10/24 06:55

    闇ジャンヌの防御デバフは30%ですよっと Lv100のレディグレじゃないと効果時間延長不可

  • ななしさん
    2016/10/19 13:37

    サプチケのオススメのアドバイスをお願いします! 火:メーテラ ゼタ 水:リミカタ ヨダ 風: 地:カリオストロ 光:フィル セルエル アルベール サルナーン 闇:ベア 以上が所持SSRです

  • ななしさん
    2016/10/02 13:44

    >ななしさん というか弱体効果全般が、楽器装備のソウルピルファーがないと話にならない。だからクラリスを取る=火楽器メビウスを取る、ついでにクラリスのサポアビで恐怖の低い成功率を底上げする……という話。だからクラリスが先で、パーシヴァルは取捨選択の内。

  • ななしさん
    2016/09/02 12:53

    火だとパーシヴァルよりもクラリスのが優先されるような気がする クラリスが居ないとパーシヴァルの恐怖も安定しないし、火力貢献的にもディープ持ちのクラリスの方が上だと思う

  • ななしさん
    2016/08/24 13:17

    >ななしさん サラはどこにでも出張できるので風ならペトラがいいかも。 AT中なら属性関係なしで一撃で100万オーバーを叩き出すヨダルラーハか、クラリスが居てるのでパー様あたりでも問題ないかと。 あくまで参考程度で(笑)

  • ななしさん
    2016/08/23 00:45

    火:ユエル ゼタ クラリス 水:アルタイル ソシエ シルヴァ 土:カリオストロ アルルメイヤ サラ 風: 光:セルエル 闇:レディ・グレイ ケルベロス 風にSSRひとつもないのですが、他を強化したほうがいいのでしょうか。今回意を決してサプチケ購入したんですが迷ってます、アドバイスをお願いします。

  • ななしさん
    2016/08/22 19:24

    火:メーテラ ガンダゴウザ 水:リリィ 木:アンリエット 土:ユーステス 光:サルナーン アーミラ 闇:ヴィーラ 黒騎士 今回初めてサプチケを購入しようと思っているのですが誰を取ればいいのかアドバイスをお願いいたします!

  • ななしさん
    2016/08/09 08:26

    闇ジャンヌのオススメ度が書かれていませんよ

  • ななしさん
    2016/07/15 21:50

    サプチケ誰かとるか悩んでるんで誰かアドバイスお願いします 火ラカムアンリミテッド アオイドス ヘルエス 水 ランスロット シルヴァ リリィ 土 カリオストロ アルルメイヤ ジークフリート アレーティア 風 ネツァワリィピリ 光 アルベール セルエル 闇 ヴィーラ ベアトリクス バラサガ