https://gamy.jp/girlfriend-kari/%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83%E3%82%92%E8%BF%8E%E3%81%88%E6%92%83%E3%81%A4%E3%80%82%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB(%E5%AE%88%E5%82%99)%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84

相手の攻撃を迎え撃つ。バトル(守備)のコツ

ライター

ゆ~じ
0
コメントへ

バトルの守備時に一方的に負けないようにするためのコツを解説します。

守備時のバトルでは、こちらから相手を選べません。なので、攻撃のときとは違い、守備で勝つためには、守援センバツの総守援力を上げていく以外にありません。ここでは、守援センバツの強化のしかたをご紹介していきます。

出典: © CyberAgent

守援センバツのオススメはSWEETタイプ

SWEETタイプのガールには、守援を上げる声援が多いため、守援センバツはSWEETタイプで固めておくと安定しやすいでしょう。入手しやすいRの中では、"守援中UP"を持つ"白鳥詩織"や"小倉愛"は、序盤の守援センバツにオススメのガールです。

小倉愛

小倉愛の画像

出典: © CyberAgent

白鳥詩織

白鳥詩織の画像

出典: © CyberAgent

序盤は攻守が両方上がる声援持ちガールを使う

攻撃用と守備用のガールを同時に育成するのは、ガールもガルも少ないことから、最初のうちは難しいものです。そんなときは、攻守の両方が上がる声援を持つガールを使いましょう。ひとりのガールを攻守両方で使うことができるので、育成の負担を減らせます。ただし、その分声援による上昇量が、攻援や守援だけの声援より控えめなため、いずれは攻撃専門と守備専門のガールを育てていったほうがいいでしょう。

出典: © CyberAgent

リーダーのプレッシャーで狙われないようにする

振り分けptを守備に振ったり、守備用ガールを育成する余裕がない場合には、守援を上げる声援を持っているガールをセンバツリーダーに設定しましょう。そうすることで、こちらの守援センバツが本当は強くなかったとしても、相手から攻撃を受ける機会を減らせるのです。ただし、守備コストがあまりに低すぎる場合は、この手段は通用しないので注意してください!

出典: © CyberAgent

ランキング