https://gamy.jp/girlfriend-kari/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9%E5%85%88%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%84%E3%81%AE%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%96%B9

ライバルの一歩先を行くセンバツの組み方

ライター

MIKE
1
コメントへ

バトルを有利にする強いセンバツの組み方を解説します。

バトルを行うときには、あらかじめ手持ちのカードを組み合わせて「センバツ」を組んでおく必要があります。それぞれのカードには「コスト」が決められており、センバツに入れたカードのコスト合計が「攻コスト」「守コスト」を超えないように選ぶ必要があります。

それでは、強いセンバツの組み方を順番に解説していきましょう。

カードの種類が少ないうちはおすすめデッキでOK

センバツ選択画面左端のハートマークのタブをタップすると、攻援力(守援力)が高い順になるよう自動的にセンバツが設定されます。強い声援を持つカードが少ない最初のうちは、この機能を使ってセンバツを組むのが手っ取り早い方法です。

出典: © CyberAgent

強い声援を持つカードが増えてきたら自分で組む

おすすめデッキでは、声援の効果は計算に入りません。ほとんどの声援は「主センバツにいる同じタイプの攻援力(守援力)を上げる」という効果のため、主センバツはなるべく同タイプのガールで統一します。

出典: © CyberAgent

左端に配置されたカードは必ず声援が発動するため、声援の効果が一番高いカードを設定しておきましょう。

副センバツはセンバツボーナスの数を重視!

ほとんどの声援は主センバツにのみ効果がありますが、センバツボーナスは主センバツ・副センバツ両方のパラメータを上昇させます。同じボーナスを持つカードをセンバツに入れるとボーナスレベルが上がり(最大レベル5)、パラメータも大きく上昇します。レベルが高い順に5種類までボーナスの効果が発揮されます。

副センバツはボーナスを多く持っているカードを中心とし、そのカードと同じボーナスのレベルが高くなるようにカードを選択しましょう。基本的には同ガールで種類が違うカードを合わせるのが簡単ですが、種類と進展段階が完全に同一のカードではボーナスレベルが加算されないので注意が必要です。

出典: © CyberAgent

1枚で3種類ものセンバツボーナスを持つカードもあります。まずはこのようなカードを中心にしてセンバツを組むといいでしょう。

パラメータの高いカードに入れ替えていく

センバツボーナスが5種類そろってレベル5になったら、それを維持したままパラメータが高いカードに入れ替えていきます。高レアリティ・高コストほどパラメータが高くなる傾向があるほか、各ガールごとに攻守のバランスに差があることにも気をつけてみましょう。

出典: © CyberAgent

同じガールならセンバツボーナスも変化しません。同ガールで高レアリティ・高コストのカードに入れ替えていきましょう。

この記事へのコメント

  • 3式機龍
    2015/05/24 04:57

    このセンバツは声援を重視して作成 参考にしてください