GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/gamism-ch/rage-wgp-1224-008

「RAGE Shadowverse WGP GRAND FINALS」決勝戦速報

ライター

GAMY編集部

『シャドウバース』プレイヤーの世界一を競う「RAGE Shadowverse World Grand Prix」が12月23日(土)~24日(日)に開幕。世界王者が決まる「GRAND FINALS」のトーナメント戦の模様を速報でお届けします。

『シャドウバース』プレイヤーの世界一を競うesports大会「RAGE Shadowverse World GrandPrix」が、12月23日(土)~24日(日)に開幕。

日本、台湾、韓国、北米、欧州から合計24名の精鋭が東京・ベルサール高田馬場に集結し、過去最高の賞金総額$120,000と世界一の座を目指して、試合が行われました。

12月24日(土)のDay2では、Day1の結果から勝ち上がった8名が、BO5の対戦形式にてトーナメントで激突。その対戦模様を速報でお届けします。

決勝戦はAkamarured選手対紅茶/PaR選手

決勝戦に進出したのはポルトガル出身Akamarured選手と、日本代表紅茶/PaR選手。Akamarured選手は、そのプレイスタイルとキャラクターから、着実に日本でもファンを獲得しました。彼を応援する声もギャラリーから上がります。

決勝は2戦目までをAkamarured選手が連取するという波乱の展開。特に2戦目はヴァンパイア同士のミラーマッチ。序盤こそ紅茶/PaR選手が有利に盤面を進めましたが、2撃3撃と続く展開はAkamarured選手が上回っていました。

後がなくなった紅茶/PaR選手。3戦目、Akamarured選手はビショップ、紅茶/PaR選手はヴァンパイアを使用。回復カードをなかなか引けず思うように展開できないAkamarured選手に対して、紅茶/PaR選手は12ターン目に「バハムート」を召喚し盤面を制圧。Akamarured選手も返しのターンでユニットを展開するも握っていた「黙示録」を発動。「バハムート」でフィニッシュし、なんとか1勝を取り返します。

これで勢いを取り戻した紅茶/PaR選手。4戦目は終始紅茶/PaR選手の展開となりました。7ターン目に「バハムート」を召喚すると、Akamarured選手のビショップはこれに対応できずそのまま勝利。勝負を振り出しに戻します。

最終5戦目。Akamarured選手は3ターン目、4ターン目と連続で「獣姫の呼び声」をプレイ。第3試合、SOS選手との対戦を思い出させる素晴らしい引きを見せました。

しかしゲームも中盤を過ぎたあたりからゲームは紅茶/PaR選手に傾きます。Akamarured選手の手札を使わせ消耗戦に持ち込みます。お互いのライフが一桁代となる接戦にもつれ込んだ11ターン目。このタイミングを待っていたと、紅茶/Par選手がダメージをフェアリーを展開し攻勢に出ます。

実況解説席からは「次のターンを迎えていたら負けていた」といわれるほどの接戦を制し、見事紅茶/PaR選手が優勝を勝ち取りました。

なお、大会の模様は「OPENREC.tv」で配信されているので、ぜひご覧になってください。

イベント名:RAGE Shadowverse World Grand Prix
開催日:2017年12月23日(土)~24日(日)
※会場の一般公開は12月24日(日)のみになります。

開催地:「ベルサール高田馬場」(東京 / 日本)
招待参加枠:日本 12名 / 台湾 3名 / 韓国 3名 / 北米 3名 / 欧州 3名 計24名
賞金総額:120,000 USD(約12,600,000円)
優勝賞金:50,000 USD(約5,250,000円)
入場:無料
豪華特典付きVIPシート(5-6名掛けソファーシート):100,000円

© CyberZ, inc. © Cygames, Inc.

ランキング