GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/gamism-ch/Jikkyo-master-3

福山雅治さんの声真似で有名なマスターさんがホラーゲームの名作『サイレントヒル2』をプレイ!

ライター

GAMY編集部

福山雅治さんの声真似で有名なマスターさんがホラーゲームの名作『サイレントヒル2』をプレイ!

マスターTVとは、「FRESH!」で配信しているゲーム実況チャンネルです。

福山雅治さんの声真似をしながら実況するのが特徴のマスターさんですが、待望の新シリーズが始まりました。

今回からプレイするタイトルは、ホラーゲームの名作である『サイレントヒル』シリーズの2作目にあたる『サイレントヒル2』です。

主人公は、異形の怪物が潜むゴーストタウンに迷い込んでしまい、裏世界となった街からの脱出を図るストーリーで、後に映画化もされるなど、現在でも根強い人気を誇ります!

果たしてマスターさんは街から脱出することはできるのでしょうか。

操作性に戸惑いながら懸命にプレイするマスターさん

物語序盤では、あまり怖がる要素もないためか、「これ本当にホラーゲームなの?思ったより怖くないね」と、精神的には余裕のプレイングです。

しかし、TPS(三人称)視点の本作のカメラワークや操作性に慣れず、「キャラクターを動かしにくいんだけど」と、操作に戸惑っていました。

しかし、同時期に発売されたホラーゲームの『バイオハザード』シリーズの操作感に近く、シリーズをプレイしたことがあるマスターさんは、少しずつ思ったようにキャラクターを動かせるようになっていきます。

そして、ストーリーを進めていったマスターさんは敵と遭遇しました。

しかし、突然現れただけではなく、プレイヤーに攻撃もしてこない敵に対してどう対処すればいいのか困惑するマスターさん!

「え? なにこれ、こいつどうすればいいんだろう」と、敵を前にしてしばし棒立ちして悩むシュールな光景が繰り広げられていましたが、結局、手にしていた棒で叩いて倒していました。

倒した後は、「あー、そういうことね。でも、これホラーゲームじゃないよね」と言っていましたが、この程度の恐怖要素では、マスターさんからしてみればホラーゲームには感じないレベルなのでしょう。

余裕でプレイしていたマスターさんの意外な弱点が判明!

人型の敵に対しては余裕のプレイで倒してゲームを進めていくマスターさんでしたが、車の下から這い出てきた敵に対しては「うわー! びっくりしたーちょっと待って」と、驚いていました!

あまりにも突然飛び出してきたため心の準備ができていなかったのか恐怖を通り越して笑っていたマスターさんでしたが、「僕、ゴキブリだめなんで下からいきなり出てくる敵は苦手です」と言っていたように、突然現れる敵は苦手なようですね。

少しずつ恐怖がマスターさんを襲います

その後も現れる敵を倒しながらストーリーを進めていくマスターさんでしたが、車の下から襲い掛かってきた先ほどの敵がトラウマになっているのか、「もうね、疑心暗鬼になってきた、車だけは嫌だ」と、車を避けながらのプレイングです!

相変わらず通常の敵に対しては、「すいません、ちょっと失礼しますね」と余裕で対処しているだけに、そのギャップに驚くリスナーたちでした。

しかし、建物内部では部屋が真っ暗なため、敵が居ない状態でも怖いのか口数が減ってきてしまうマスターさん。

こうして、少しずつ本作の恐怖を感じ始めているマスターさんですが、このまま無事進めることはできるのでしょうか。

本作では、謎解き要素も豊富にあるので初見プレイでは、躓いてしまうことも多くあります。

しかし、マスターさんの場合は、視聴者がコメントでアドバイスをしてくれているので、比較的簡単に進めていきます。

それよりも、ホラーゲーム特有の不穏なBGMと、暗いマップに耐えられなくなってきたマスターさんは、リスナーに助けを求め始めます!

「ちょっと、コメントもっと書いてくれないと辛いです」と、ゲーム開始時は、「ホラーゲームじゃないでしょこれ」と言っていた余裕は既に無くなっているようです。

そして、最後には「いや、今回はここまでで終わりにします。さすがに、もう限界です」と、恐怖が限界に達したのかギブアップするマスターさん。

それでも、クリアするまでは継続して配信するようなので、今後の配信に期待ですね。

物語的には、この後も多くの種類の敵が登場するので、マスターさんは恐怖に打ち勝って無事クリアできるのでしょうか!

気になるかたは、ぜひ、フォローすることをおすすめします。

ランキング