GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/gamism-ch/GAMY-goes-kouhou-07

GAMY編集長が行く!美人広報めぐり 第7回・エイリム広報かおりんごさん

ライター

GAMY編集部

「株式会社エイリム」の美人広報の、かおりんごさんにGAMY編集長・はっちーとGAMYライター紅巴(秘書)がインタビュー! 広報としての活動から、プライベートまで聞いちゃいます!

「GAMY編集長が行く!美人広報めぐり」第7回目は、「株式会社エイリム」の美人広報・かおりんごさんに、はっちー編集長がインタビュー! 今回も私、GAMYライター紅巴(くれは)が、はっちー編集長の秘書として同席させていただきました。

かおりんごさんは現在『ブレイブ フロンティア(ブレフロ)』広報としても活躍されています。

FRESH!」の「GAMY攻略動画」には、かおりんごさんからのひと言がアーカイブでありますのでぜひチェックしてください!

(左:はっちー編集長 右:かおりんごさん)

オフラインイベントも企画運営する広報

はっちー編集長(以下、はっちー):早速ですが、広報としての活動を教えてください。

かおりんごさん(以下、敬称略):すべて1人で対応しているわけではないですが、エイリム専属の広報は設立当初から私1人でして、幅広く業務を担当しています。一般的なプレスリリースとか、各メディアの対応はもちろん、オフラインイベントや動画の企画をやったり、広告のマーケティングのほうも見ていたりしますね。動画にも出ていますが、そちらは1割くらいで、8、9割はデスクでカタカタと作業をしています(笑)。

はっちー:そうなのですね。オフラインイベントというワードが気になったのですが、オフラインイベントはどのような形式で開催されているのですか?

かおりんご:毎年7月に『ブレイブ フロンティア(ブレフロ)』の周年記念がありますので、7、8月あたりにユーザーさんを招待したオフラインイベントを開催しています。今まで3回開催しており、すべて企画が異なっています。1回目はホール型施設を借りて招待制のイベントを、2回目は東京ビックサイトで出入自由なオープンイベントを開催しました。3回目の今年は、全国4か所を回るキャラバンを行いました。会場限定ミニゲームを用意してその大会を開いたり、ワンナイト人狼の『ブレフロ』バージョンをステージ上でやったり。あとはニコ生で好評だったショーをやったり、会場全体を使っての謎解きゲームなども実施しましたね。会場内を区切っていろいろなイベントをやりました。

はっちー:実際開催するまでが大変ですよね。

かおりんご:私は出演もさせていただいている分、最初から最後までひいひい言いながら運営をしていますね(笑)。ただ普段顔を見ることがないユーザーさんと会えるイベントは本当にいいなと思います。スタッフのモチベーションも上がりますし、こんなに多くの人に楽しんでもらえているのだという実感も湧きます。直接いつも楽しんでいますなんて言われると、本当に嬉しいですね。皆さんの笑顔を見て、2年目の時は感動のあまりステージ上で思わず泣いてしまいました。

ベテラン広報かおりんごさんの気になる経歴

はっちー:広報になるまでのご経歴を教えてください。

かおりんご:もともとは違う会社で受付の仕事をしていました。エイリムの前身となる会社の社長に「広報をやってみない?」と声をかけてもらい、そこからなので……ゲーム広報歴でいうと5~6年くらいですね。

はっちー:ありがとうございます。広報としてスカウトされた時の心境をお聞かせください。

かおりんご:そもそも広報という職業は何をやるのだろう? という疑問があったのですが、私に需要があるのであれば何でもやります! という意気込みのほうが強かったですね。初めは広報専任の上司がいなかったので、何をやっていいのかわからなく、しばらく会社の中をふらふらしていましたが(笑)。

はっちー:その後、かおりんごさんとしてメディアに出るきっかけとかはありましたか?

かおりんご:社長に「広報って何をやるのですか?」と聞いた時に、「お前は何も持っていないからキャラでいけ!」と言われまして、広報になった5、6年前くらいからもう「かおりんご」としてコツコツと活動をしていました(笑)。本当に何の知識もなかったのですが、そのときはこんな風に表に出る女性広報自体が少なかったので、メディアからは面白い広報がいるなという感じで取り上げてもらい、そこから表に出ることが多くなりましたね。

はっちー:なるほど。5、6年前からかおりんごさんという名前で活動していたとのことですが、広報のネームの由来はありますか?

かおりんご:キャラ押しでいくならあだ名があったほうがいいということで、「あだ名はあるか?」と社長に聞かれ、いくつかあだ名を挙げました。ですが「つまらない」と言われて、絞りに絞り出して、「かおりんご」って言ったら、「面白い! それでいこう」ということで「かおりんご」になりました(笑)。

はっちー:そうだったのですね。話は変わりますが、今後広報以外でやりたいお仕事はありますか?

かおりんご:実現を度外視したらパティシエとか(笑)。パティシエに限らず、自分しかない何かを持っているところに憧れますね。自分の世界観を表現して、それを評価されるのは羨ましいです。

かおりんごさんとはっちー編集長のシンパシー

はっちー:ありがとうございます。今カメラマンを呼びますので、紅巴に代わらせていただきますね。

かおりんご:カメラマンさんってどこに?

紅巴:そこにいますね(カメラマンことはっちー)。なので、よろしくお願いします!

かおりんご:あっなるほど(笑)! よろしくお願いします。

紅巴:休日ってどのように過ごされていますか?

かおりんご:まずは掃除ですね! 水回りだけは綺麗にしておきたいので、休日はまず掃除してから行動します。

紅巴:掃除が終わってからはどのように過ごされますか?

かおりんご:映画館に行ったりします。映画は映画館で見たい派なので(笑)。

紅巴:すごくぴったりな方がいますよ。

かおりんご:えっ、誰ですか?

はっちー:実は僕も映画は映画館で見たい派です。あとはポップコーンが食べたいですね(笑)。

かおりんご:ポップコーンは、もしかしてキャラメルポップコーンですか⁉

はっちー:TOHOシネマズのキャラメルポップコーン」ですね。

かおりんご:私も「TOHOシネマズのキャラメルポップコーン」です‼ 人生で初めてわかってくれる人がいた‼ 絶対わかってくれる人がいると思っていたのですが、今までそういう人に会ったことがなかったので、嬉しいです(笑)。

はっちー:僕も理解してくれる方がいるとは思っていなかったです(笑)。ちなみに一番好きな映画は?

かおりんご:一番と聞かれると難しいですが、主人公が天才系やチームで何かを成し遂げる映画が好きなので『オーシャンズ11』とかですかね? あとは『インセプション』や『レオン』も好きです。

紅巴:あっ……!

はっちー:「あっ」て言わないで(笑)。僕の一番好きな映画が『レオンなのですよ。

かおりんご:そうなのですか! 『レオン』いいですよね!

紅巴:すごくお2人の感覚が似ていますね(笑)! 

かおりんごさんからの逆質問!

(右:紅巴 左:かおりんごさん)

紅巴:あとこれは聞いていいのかわからないのですが、好きな男性のタイプを教えていただいてもよろしいですか?

かおりんご:逆に紅巴さんはどんな男性がタイプですか?

はっちー:初めての逆質問(笑)。

かおりんご:難しいなと思って、お手本を聞きたいです!(笑)

紅巴:私は定番がありまして、優しい人が条件ですね(笑)。

かおりんご:優しい人っていうと、例えばすごく暴力を振るうけど、優しい一面があったらOKですか? ダメですか?

紅巴:それはダメですね、全体的に優しい人がいいですね。共通の趣味を持っていて、ゲームをプレイしていて助け合うことができる人とかが好きですね。

かおりんご:なるほど! 逆に私はまったく趣味が違っても大丈夫だと思います! あとは言葉遣いが綺麗というか語彙力が高い人が好きですね。プラスメガネフェチなので、メガネをかけている男性もいいです(笑)。

かおりんごさんからひと言!

紅巴:そろそろ締めさせていただこうと思うのですが、『ブレフロ』ユーザーの方にゲームのここが魅力・おすすめというポイントがありましたら、ひと言よろしくお願いします!

かおりんご:ストーリーとグラフィックですね。1000体以上のキャラクターがいるのですが、1体1体にきちんとした設定があり、ファンタジー小説を読んでいるかのような濃厚な物語を楽しめます。あとはドット絵もキャラクターごとに異なる動きをするので、図鑑でしっかり見ていただけると、開発スタッフも喜ぶと思います。来年はさらに新しい展開が待っていますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

紅巴:最後に『ブレフロ』をやったことがない方に対して、宣伝を兼ねてアピールをよろしくお願いします。

かおりんご:今年で3年を迎えたゲームなので、名前を聞いたことがあるけれども、今から始めても追い付けないと思う方が多いかもしれません。ですが、シンプルなゲームになっていますので、初心者の方でも手に取りやすい内容となっています。エイリムの企業理念「ゲームは愛だ!」の通り、3年分のさまざまなコンテンツ、そしてスタッフの愛が詰まっています(笑)。まずはぜひプレイしていただけたら嬉しいです!

はっちー:あと最後に大変申し訳ないのですが、いつもインタビューさせていただく広報の方に毎回お花を持っていくということをしていたのですが、今回は忘れてしまって……本当に申し訳ありません。

紅巴:大変申し訳ありません。

(次お会いした時はお花を絶対お持ちします!)

かおりんご:いえいえお気になさらないでください!

かおりんごさん、インタビューありがとうございました! 女子トークや映画の話など、とても楽しく話させていただきました! 

第8回「GAMY編集長が行く!美人広報めぐり」も近日公開しますので、ぜひお楽しみに!

(記事:紅巴

ランキング