GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/ffrk/ability-17-R5-01

【FFRK】告死の大鎌(☆5暗黒) アビリティ解説まとめ

ライター

種子島

『ファイナルファンタジーレコードキーパー(FFRK)』の☆5暗黒アビリティ「告死の大鎌」の効果や特徴などのまとめページです。アビリティを使う際の参考にどうぞ。

告死の大鎌の基本情報

                     
分類 暗黒 レアリティ ☆5
使用回数(初期) 2回 使用回数(最大) 10回
効果 敵単体に自身が死の宣告状態だとダメージアップする2連続の闇属性物理攻撃
威力 「たたかう」の約1.05×2倍

※死の宣告状態で使用した場合は1.9×2倍

生成・精錬に必要な素材

                                                                                                                              
生成
必要素材 炎のオーブ(極大)×6
地のオーブ(極大)×6
闇のオーブ(極大)×10
必要ギル 20000ギル
精錬度1 → 精錬度2
必要素材 炎のオーブ(極大)×12
地のオーブ(極大)×12
闇のオーブ(極大)×20
必要ギル 100000ギル
精錬度2 → 精錬度3
必要素材 炎のオーブ(極大)×24
地のオーブ(極大)×24
闇のオーブ(極大)×40
必要ギル 200000ギル
精錬度3 → 精錬度4
必要素材 炎のオーブ(極大)×36
地のオーブ(極大)×36
闇のオーブ(極大)×60
必要ギル 600000ギル
精錬度4 → 精錬度5
必要素材 炎のオーブ(極大)×60
地のオーブ(極大)×60
闇のオーブ(極大)×100
必要ギル 1000000ギル

アビリティの詳細な効果と検証

効果

告死の大鎌は単体に2回連続の闇属性物理攻撃でダメージを与えるアビリティ。
更に使用したキャラが死の宣告状態だと、威力が大きく上がります。
先に登場していた☆5暗黒アビリティのブラッディクロスは自身が最大HPの25%分のダメージを受けるという代償がありましたが、告死の大鎌はそういったリスク無しに使えるので汎用性は高そうですね。

威力

告死の大鎌の威力はたたかうの1.05×2=2.1倍。
死の宣告状態でない時に使うと☆5アビリティとしては目を疑うレベルで弱いです……。
一応、2回連続攻撃なのでトータルで10000以上のダメージを狙う事はできますが、わざわざその手段として告死の大鎌を選ぶ必要性はかなり低いと言えます。
闇属性に弱い敵に使ったり、闇属性を纏える物理アタッカーに使わせておけばそれなりに高いダメージを期待できそうではありますが……。

一方、死の宣告状態で告死の大鎌を使った場合の威力はたたかうの1.9×2=3.8倍となります。
死の宣告状態で無い時と比べるとダメージがかなり違うのが分かりますね! 
死の宣告状態になる場面や手段は様々ですが、同じ時期に登場した☆4暗黒アビリティの死中活を使うのが最も手っ取り早いです。
死中活には攻撃力アップ(物理与ダメージ最大1.6倍)の効果もあるので、それも含めると1.9×2×1.6≒6.1倍もの威力に……! 

その他いろいろ検証

告死の大鎌は必中攻撃ではありません。
エフェクトではしっかり当たっているようにも見えますが、外れる時は外してしまいます。
せっかく死の宣告状態になっても、暗闇状態になってしまうとダメージをなかなか与えられないままカウントが減っていくので注意しましょう。

また、告死の大鎌は味方や自分自身に使う事ができます。
味方に使うメリットはほぼ無いのですが、一応記録として記載しておきます。
ちなみにかまえる状態の味方に使うと、しっかり2回分のカウンターで攻撃してくれました。

アビリティの総評

ノーリスクで闇属性の連続物理攻撃を繰り出せるアビリティではありますが、使用者が死の宣告状態か否かで威力に大きな差が出る為、使いこなすのは困難です。
FFXIIIダンジョンの召喚獣戦など強制的に死の宣告状態になる戦闘では下準備無しに高威力の攻撃を繰り出せるため役立ちますが、それ以外の場面では死中活を使うなどして自分から死の宣告状態になるしかありません。
死中活自体に攻撃力を上げる効果がある為トータルでは非常に高いダメージを期待できるものの、物理攻撃全般の威力減衰ラインが魔法と比べて低いのでメメント・モリ&ダークゾーンのコンボと比べると見劣りします。
暗黒アビリティや闇属性攻撃が鍵となる戦闘以外では、よほどの事が無い限り活用するのは難しいでしょう。

ランキング