GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/fate-go/kaleid-netabare

漫画『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』ネタバレまとめ

ライター

FGO攻略班

『Fate』スピンオフ作品の中でも高い人気を誇る『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』。そのあらすじなど、ネタバレ情報を総まとめしていきます!

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは?

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』は、『Fate/stay night』のスピンアウト漫画作品。月刊コンプエースの2007年11月号から連載が開始され、2019年5月現在、第3部に当たる『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』が連載中です。作画は、『とびだせ!トラぶる花札道中記』で筋肉少女隊チーム(イリヤスフィール&ヘラクレス)のイラストを手掛けたひろやまひろし氏が担当しています。

内容は、一言で説明すると『Fate/stay night』の平行世界を舞台とした魔法少女モノ。2013年から2016年にかけて計4期のTVアニメが放送され、2013年には伊藤ヒロ氏の筆で小説化、2014年には3DSでバトルアクションゲーム化、2017年には劇場版アニメが公開され、さらに2019年6月14日にはOVAが劇場公開予定となっています。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

以下、そんな『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の第1部から第3部までのストーリーを、ネタバレ全開で解説していきましょう。なお、以下で紹介するのは原作であるコミック版の物語で、TVアニメ版とは若干異なる点があることをお断りしておきます。

第1部『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』のストーリー

冬木市の穂群原学園小等部に通うイリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、衛宮士郎の妹でアニメの魔法少女に憧れる普通の女の子。彼女はある日、カレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーと出会い、強制的に契約を結ばされて魔法少女になってしまいます。

さらにイリヤは、マジカルルビーの本来の持ち主である魔術師・遠坂凛に命じられ、英霊を実体化させる力が宿った7枚のクラスカードの回収を手伝うことに。凛の相方、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトが連れてきたもう1人の魔法少女・美遊とともに、実体化した英霊と戦ううちに、美遊とイリヤの間には友情が芽生えていきました。

そんな中、イリヤが危機に陥った際に、彼女に施されていた封印が解けて強力な魔力を放つ事件が勃発。その結果、イリヤは自分の力を恐れて戦いを放棄し、美遊は友を気遣って1人で最後のカードの回収に挑みます。

戦いは美遊が押される展開となり、絶体絶命のピンチに。そこへ、母のアイリスフィールに諭されたイリヤが参戦し、美遊と協力して勝利を収めます。こうして、クラスカード回収任務は無事達成されたのでした。

第2部『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』のストーリー

クラスカードの回収終了後も、冬木に留まっていた凛とルヴィア。彼女たちは霊地管理のため、イリヤと美遊を連れて地脈を安定させようとするが、その矢先にイリヤとそっくりな少女がイリヤから分離するトラブルが発生します。

その少女はイリヤの命を狙うも捕縛され、クロエと名付けられて穂群原学園に転入、平穏だったイリヤの日常を破壊していきます。反発したイリヤはクロエと刃を交えますが、最終的には和解してイリヤの家に迎え入れることになるのでした。

そんな折、凛たちが所属する時計塔の魔術師で、クラスカード回収の前任者であるバゼット・フラガ・マクレミッツが冬木を訪れます。彼女はクラスカードを狙ってルヴィア邸を襲撃しますが、凛から存在しないはずの8枚目のカードがあることを聞き、イリヤたちと停戦。ともに最後のカードの回収に向かいます。

しかし、最後のカードの英霊・ギルガメッシュは、イリヤたちの実力をはるかに上回る強敵でした。その圧倒的な力の前に、平行世界で聖杯として生まれた過去を持つ美遊が捕縛され取り込まれるなど、イリヤたちは大ピンチに。

それでも、イリヤが2本のカレイドステッキを振るい、どうにかギルガメッシュを下して決着を付けます。ところがその直後に、戦いの余波で破れた時空の狭間から謎の女性2人が現れ、平行世界に美遊を拉致してしまうのでした。

第3部『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』のストーリー

ギルガメッシュ戦後、イリヤは街中にクレーターがある平行世界の冬木市で覚醒。彼女は、街で出会った記憶喪失の少女・田中、クラスカードから分離して幼い姿で受肉したギルガメッシュ(子ギル)とともに、美遊を連れ去ったエインズワース家に戦いを挑みます。

しかし彼女たちは、クラスカードの力を操るエインズワースのドールズたちの前に苦戦。こちらの世界に来ていたクロエとバゼットの支援で撤退し、とある学校を拠点に体勢を立て直そうとするイリヤたちでしたが、そこへエリカと名乗る少女と、その父であるダリウスが現れます。この2人こそ、エインズワースの当主とその娘でした。

田中の謎の力によりダリウスは撤退しますが、その翌日にはエリカが独断でイリヤを拉致。ここでイリヤは、エインズワース家の目的が、聖杯である美遊の力を使って滅びに瀕したこの平行世界を救うことだと知らされます。

イリヤは迷った末に、美遊と世界の両方を救うことを決意し、美遊を取り戻してダリウスに一矢報いることに成功。一方のダリウスは、自らの正体がダリウスの息子・ジュリアンであることを明かし、大量の黒化した英霊を呼び出して美遊を取り戻そうとします。しかし彼は、美遊の兄――この世界の衛宮士郎の参戦、黒化英霊の泥を打ち消す剣の出現などが重なったため撤退するのでした。

この世界の士郎は、自分を兄と慕う美遊のために、英霊エミヤのクラスカードの力を使ってエインズワース家と戦い、美遊をイリヤたちの平行世界に送り出した人物でした。彼との情報交換や、保護したドールズの1人・アンジェリカとの会話から、イリヤたちはドールズの正体が死者の人格を乗り移らせた人形であること、ジュリアンがエインズワースの真の当主であるダリウスに乗っ取られかけていることなどを知ります。

それら、さまざまな人々の想いをよそに、戦いはいよいよ佳境へ。イリヤたちとエインズワース家との激突は、さらに激しさを増していくのでした――。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』が初出の『FGO』サーヴァント

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の大まかなストーリーは上の通り。ここからは、本作が初出で『FGO』にもサーヴァントとして登場したキャラクターたちを紹介していきましょう。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

マジカルルビーと契約させられ、強制的に魔法少女になってしまった小学5年生の女の子。『FGO』ではキャスターのクラスで登場しますが、原作コミックではクラスカードに宿った英霊の力を、自身の肉体を媒介にして具現化する夢幻召喚(インストール)などを駆使して戦います。血の繋がらない義兄の士郎が好き。

美遊・エーデルフェルト

平行世界の士郎の願いによって、イリヤたちの世界に飛ばされてきた女の子。マジカルサファイアと契約したもう1人の魔法少女で、ほかの『Fate』シリーズには登場しないオリジナルキャラです。普段はルヴィア邸でメイドとして働きつつ、イリヤの学園に通っています。

クロエ・フォン・アインツベルン

愛称はクロ。アーチャーのクラスカードを媒介として、イリヤから分離した彼女の半身で、イリヤの中で封印されていた「聖杯としての機能」などが1個の人格として確立した存在でもあります。他人からの魔力供給を必要としており、よくイリヤや美遊の唇を奪っては魔力を吸い取っています。

ランキング