【遊戯王デュエルリンクス】新BOXネオ・インパクトのおすすめ当たりカード紹介→強さランキング

遊戯王デュエルリンクスの新BOXネオ・インパクトのおすすめの当たりカードの強さ評価をします。環境と強さの評価が安定してきたらランキング形式で当たりカードを紹介していく予定です。

遊戯王デュエルリンクスの新パックネオインパクトの特徴

「救世の美神ノースウェムコ」「白竜の聖騎士」「メテオ・ブラック・ドラゴン」などスタンダードデュエリストのエースカードが多く採用されています。

新パック「ネオ・インパクト」の当たりカードは?

作りたいデッキによって当たりカードは異なりますが、
・銀幕の鏡壁(ぎんまくのミラーウォール)
・黒いペンダント(ブラックペンダント)
など単体でも使えるカードはほぼすべてのプレーヤーにとって当たりカードだといえそうです。

新パック「ネオ・インパクト」の影響

「ダブルコストン」や「カイザー・シーホース」のように、強力な効果を持った攻撃力1700・守備力1650といったステータスの高いモンスターが多く、「アックス・レイダー」の強さ評価がかなり下がりました。

「ジェリービーンズマン」のようにレベル3で攻撃力1750&守備力0の「通常モンスター」の登場の影響も大きいです。「死の4つ星てんとう虫」の採用数が減りました。

「銀幕の鏡壁(ぎんまくのミラーウォール)」の強さ評価

「銀幕の鏡壁(ぎんまくのミラーウォール)」は、どのデッキに入れても強い強力なカードです。

攻撃表示でモンスターを並べるタイプのデッキでは特に強いです。

永続罠なので、「ツイスター」などで破壊されてしまう可能性がありますが、「アヌビスの裁き」を使えば、「銀幕の鏡壁(ぎんまくのミラーウォール)」対策に対して対抗できます。

「ガーディアン・グラール」の強さ評価

「ガーディアン・グラール」は恐竜族なので、恐竜王国デッキで強さを発揮します。

「重力の斧グラール」と一緒に「恐竜王国デッキ」に入れてみると面白そうな強さです。

「恐竜王国デッキ」で「救世の美神ノースウェムコ」デッキ対策を考えると「ガーディアン・グラール」は非常に便利です。

「重力の斧グラール」の強さ評価

「重力の斧グラール」は、すべてのモンスターに装備できて攻撃力を500ポイントアップさせられる強い装備カードです。

さらに、相手フィールド上のモンスターの表示形式変更を妨害できるので、うまく使えば一気に相手フィールド上のモンスターを破壊できます。

「ガーディアン・グラール」と一緒に「恐竜王国デッキ」で使うのが一番強そうです。

「黒いペンダント」の強さ評価

「黒いペンダント」は、どのモンスターにでも装備できて攻撃力を500ポイントアップさせた上に、フィールドから墓地へ送られたときに相手ライフに500ポイントのダメージを与えるカードです。

装備カードの中では今のところ万能に使える最強のカードと評価しても良いかもしれません。「オートデュエル」でも上手に使ってもらえる安定した強さが期待できます。

「ガーディアン・シール」に装備すれば、「相手フィールド上に存在するモンスターを1体破壊した上地、相手ライフに500ポイントのダメージを与える」ことも可能です。

「流星の弓シール」の強さ評価

「流星の弓シール」は、「魔導獣ケルベロス」を使ってデュエル評価稼ぎにも使えます。

孔雀舞LV40相手にデュエル評価を稼ぐ際に、メテオレインの代わりに使うのがおすすめです。

「メテオレイン」は最後の1枚だと使えませんが、「流星の弓シール」は最後の1枚でも使えます。

「流星の弓シール」を使って孔雀舞LV40にデュエル評価8000を超えました。

「メテオレイン」よりも「流星の弓シール」のほうが便利です。

「センジュ・ゴッド」の強さ評価

儀式モンスターをサーチできる「センジュ・ゴッド」をGETすれば、儀式魔法カードをサーチできる「ソニックバード」と組み合わせて儀式召喚が安定するデッキが作れそうです。

「ネオ・インパクト」の強い儀式モンスターでURの「救世の美神ノースウェムコ」と「破滅の魔王ガーランドルフ」を確実に召喚するデッキを作るのによいでしょう。

スタンダードデュエリストの「救世の美神LV45」対策に「センジュ・ゴッド」と「ソニックバード」と「クラブ・タートル」と「亀の誓い」を入れてスキルを海の伝説にしたデッキを作れば、デュエル評価稼ぎが安定しそうです。

「救世の美神ノースウェムコ」の強さ評価

「救世の美神ノースウェムコ」は「魔法使い族」なので、闇遊戯のスキル「闇の力」との相性がよいです。

破壊を防ぐ効果があるのが強いです。「ジュラシック・ワールド」を選択すれば、恐竜王国デッキでよく使われる「突撃指令」も防ぐことができます。ただし、「海」を選択した場合は「ダイダロス」の効果で破壊されてしまう可能性があります。

1ターンだけですが、「救世の儀式」の効果によりカードの効果の対象になることを防いで攻撃できる点が強いです。ただし、儀式召喚直後に使える「エネミーコントローラー」などの影響は受けてしまいます。

新パック「ネオ・インパクト」を引いてみました。

出典: YOUTUBE

「一刀両断侍」の強さ評価

「一刀両断侍」は、「裏側守備表示モンスター」をそのまま破壊するので、「死の4つ星てんとう虫」「ハネハネ」「水魔神スーガ」「風魔神ヒューガ」「雷魔神サンガ」などの対策に使えます。

「A・O・J クラウソラス」の強さ評価

1体のモンスターをリリースすることでアドバンス召喚できるモンスターで攻撃力が2300ポイントなのが強いです。

「ジャッジ・マン」の攻撃力2200を上回る強さです。

「ジェリービーンズマン」の強さ評価

「ジェリービーンズマン」は攻撃力1750なので、「ドラゴン・ゾンビ」の上位互換カードとして使えます。

「死の4つ星てんとう虫」の効果を受けない上に、「アックス・レイダー」「ミノタウルス」「カイザー・シーホース」「ダブルコストン」「ツインバレルドラゴン」の攻撃力を上回れるのが魅力です。

「名もなき決闘者」と闘うときに便利です。「死の4つ星てんとう虫」対策にもなりますし、「手札1枚」などの不利な条件でも活躍してくれます。

「ツインバレルドラゴン」の攻撃力を上回っているので、バンデット・キースLV40相手に安定勝利するために採用したいカードです。

新BOXネオ・インパクトとレギュレーション戦

新BOXネオ・インパクトにはデッキ構成によっては「レギュレーション戦」で使えそうなカードはありますが、特別強いカードはありません。

「青眼の白龍」が3枚入ったデッキならば「スタンピング・クラッシュ」は便利です。

「青眼の白龍」と「カラテマン」が3枚ずつ入っているデッキに「流星の弓シール」を入れれば、高確率で2000ポイントの直接ダメージを与えることができます。

今後、新BOXネオ・インパクトに合わせて儀式召喚モンスターが有利になるルールの「レギュレーション戦」が登場すれば、新BOXネオ・インパクトのカードの活躍が期待できます。

この記事へのコメント