【遊戯王デュエルリンクス】BOX「カオスコンプライアンス」評価まとめ

『遊戯王デュエルリンクス』の第4弾BOX「カオス・コンプライアンス」に収録されているカードの評価についてまとめた記事です。特に優秀なカード(カオス・ソルジャー・フェニックス・ギア・フリードなど)のおすすめポイントも紹介するので、攻略やパック購入の参考にしてください。

カオス・コンプライアンスの特徴

デュアル・サイキックなどの強化!
今回はデッキのメインになれるカードが大幅に追加されました。遊戯王本編でも活躍した「カオス・ソルジャー」を筆頭に、「フェニックス・ギア・フリード」「ダークストーム・ドラゴン」と言ったフィニッシャー級のカードが増えました。

融合のサポートやRカードも十分実践級のカードに
融合デッキをサポートしてくれるのが「融合賢者」「置換融合」「ブランチ」。融合モンスターを使った戦略を大きく厚みを加えてくれます。

カオス・コンプライアンスの注目カード!

カオス・ソルジャー(UR)
カード名・種類
カオス・ソルジャー
(儀式モンスター)
ステータス
戦士族 地属性 レベル8
ATK/3000 DEF/2500
効果
「カオスの儀式」により降臨可能。攻撃力・守備力はB・W・Dと同じ数値。 サポートカードも混沌の場を安定させることが出来ます。

カオス・ソルジャー
豊富なサポートカードがあり、十分なステータスを持つモンスター。
センジュゴット」や「ソニックバード」はもちろん、同じパックに実装された「混沌の場」と安定して召喚する手助けになるカードが多い。

その一方で、攻撃力・守備力の高さ以外は能力がないため、過信はできずトラップ・魔法カードに対してサポートする必要があります。

フェニックス・ギア・フリード(UR)
デュアルカードであり、ルールが長いですが、整理すると
カード名・種類
フェニックス・ギア・フリード
(効果モンスター)
ステータス
戦士族 火属性 レベル8
ATK/2800 DEF/2200
効果

このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
「通常召喚の権利」を消費する事で効果モンスターになる

相手が魔法カードを発動した場合、自分の墓地に存在するデュアルモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。また、自分フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を墓地へ送る事で、フィールド上に存在するモンスターを対象にする魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

フェニックス・ギア・フリード
ルールが少し長くややこしく感じるかもしれませんが、一度場に出ると強力な効果を発揮します。装備カードを墓地に送ることで魔法・トラップに耐性を持てるところも大きい。

前回からデュアルカードが増えており、「炎妖蝶ウィルプス」や「樹海の射手」とサポートできるカードがあります。

通常のアドバンス召喚で場に出す場合、効果を発揮するために更に1ターンかかります。可能であれば特殊召喚で場に出し、そのままデュアル効果を発揮させたい1枚です。

爆風トカゲ(UR)
カード名・種類
爆風トカゲ
(効果モンスター)
ステータス
爬虫類族 水属性 レベル4
ATK/1400 DEF/700
効果

リバース:相手フィールド上のモンスターカードを1枚選択し、持ち主の手札に戻す。

爆風トカゲ
相手モンスター限シンプルなテキストですが効果は絶大。アドバンス召喚で出したモンスターはもちろん融合や儀式カードを戻すことで相手への妨害が可能。能力はハネハネと似ているが、こちらは自分のモンスターも戻せるため能力だけでミたら若干爆風トカゲが劣ります。
その分ステータスが高く装備カードなどを利用するとそのまま戦力としてぎりぎり使えるレベルなのが魅力です。

戦線復活の代償(UR)
カード名・種類
戦線復活の代償
(装備魔法)
効果

自分フィールド上の通常モンスター1体を墓地へ送り、自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。。選択したモンスターをこのカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。

戦線復活の代償
デュエルリンクスで実装されているカードの中では、制限もコストも軽く扱いやすい蘇生カードの1枚
コンボにも使われやすいカードです。このカードのためだけにカオスコンプライアンスを引くかちがあるレベルで優秀な1枚です。

マジック・ドレイン(UR)
カード名・種類
マジック・ドレイン
(カウンター罠)
効果

相手が魔法カードを発動した時に発動する事ができる。相手は手札から魔法カード1枚を捨ててこのカードの効果を無効にする事ができる。捨てなかった場合、相手の魔法カードの発動を無効にし破壊する。

マジック・ドレイン
確実な魔法カード対策とはいえませんが、相手の手札に魔法カードがなければコスト無しで魔法カードを妨害することが出来ます。
無効化されても、相手の魔法カードを1枚捨てさせるため、完全な損とはいえません。
ただし、相手側に選ぶ権限があるため肝心な場面で役に立たない場合があります。

混沌の場(SR)
カード名・種類
混沌の場
(フィールド魔法)
効果
「混沌の場」は1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いの手札・フィールドからモンスターが墓地へ送られる度に、1体につき1つこのカードに魔力カウンターを置く(最大6つまで)。③:1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。自分はデッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

混沌の場
状況に応じてカードをデッキから持ってこれる優秀な1枚。儀式カードを手札に加えるだけでなく暗黒騎士ガイアまで持ってくることができる。
カオス・ソルジャーを中心にデッキを組む場合に積極的に採用したい1枚

収録カードの評価まとめ

3月17日に販売を開始した新BOX「ワンダー・オブ・ザ・スカイ」に収録されているカードをレアリティ順にまとめました。

おすすめ度 内容
★★★ 絶対に入手しておきたいカード
★★☆ 入手しておきたいカード
★★・ 強いカード
★☆・ 使えるカード
★・・ 局所的な活躍に期待!
☆・・ はずれ
モンスターカード
レア度 カード名 おすすめ度
UR カオス・ソルジャー ★★・
UR フェニックス・ギア・フリード ★★★
UR 爆風トカゲ ★★☆
UR マスター・オブ・OZ ★★・
SR ダークストーム・ドラゴン ★★☆
SR ディストラクター ★★☆
SR スクリーチ ★★・
SR デス・カンガルー ★★☆
SR 超合魔獣ラプテノス ★★★
R ゼータ・レティキュラント ★★☆
R 竜の騎士 ★★・
R サイバー・ダイナソー ★☆・
R パペット・キング ★☆・
R 合成魔獣ガーゼット ★★・
R 氷帝家臣エッシャー ★・・
R ナチュラル・ボーン・サウルス ★・・
R マインフィールド ☆・・
R ジェネティック・ウーマン ★☆・
R テレキアタッカー ★★・
R レクンガ ★★・
R 異界の妖精 エルフォビア ★・・
R ダッカー ★☆・
R カード・ブレイカー ★・・
R ベビケラサウルス ★★・
R X・E・N・O ★★・
R カバリスト ★☆・
R 水晶の占い師 ★★・
R 迷犬マロン ★☆・
R ビッグ・コアラ ★☆・
R エメラルド・ドラゴン ★★・
R 達人キョンシー ★★・
N ジャベリンビートル ★・・
N スーパー・ウォーライオン ★★・
N ストーム・サモナー ★☆・
N スペースタイムポリス ★☆・
N 惑星探査車 ★・・
N 闇王プロメティス ★・・
N 灼熱ゾンビ ★☆・
N 炎の女暗殺者 ★☆・
N ボアソルジャー ★・・
N スカイオニヒトクイエイ ★☆・
N セカンド・ブースター ★・・
N プレートクラッシャー ★☆・
N 迷走悪魔 ★★・
N 大判振舞侍 ★☆・
魔法カード
罠カード

関連リンク

この記事へのコメント