【遊戯王デュエルリンクス】レベル40「海馬瀬人」の攻略情報まとめ

スマホアプリ『遊戯王デュエルリンクス』に登場するレジェンドデュエリスト「海馬瀬人(Lv.40)」の攻略情報をまとめた記事です。デッキ構成、最強・要注意カードや対策におすすめのカード、攻略サンプルデッキを紹介します。攻撃力が高い☆4モンスターと表示変更やコントロールを奪うエネミーコントローラーが脅威!

Lv.40「海馬瀬人」の特徴

キャラ名・デッキの特徴

海馬瀬人
【レベル40デッキの特徴】
・火力が非常に高いデッキ
・ATK1900のレベル4モンスターが存在
・異次元の戦士による相打ち
・エネミーコントローラーの対策が必要
・魔法・罠除去カード「ツイスター」持ち
・最強モンスターは青眼の白龍ATK3000

レベル40の海馬瀬人は攻撃力が非常に高いモンスターが多く編成されたパワーデッキ! レベル4のモンスターで素のATK1900のブラッド・ヴォルス、レベル6にも関わらず攻撃力2400のエメラルド・ドラゴン、トップクラスの攻撃力(ATK300)を持つ青眼の白龍を使用してきます。

単純火力が高いだけでなく、多彩な魔法カードを使用。エネミーコントローラーでこちらのモンスターのコントロールを奪ったり、表示形式を変更します。速攻魔法のツイスターを所持しているため、フィールド魔法や永続魔法、装備魔法は破壊されます。コストダウンはATK2400のエメラルド・ドラゴンをリリースなしで召喚可能にします。

真っ向勝負すると、非常に強力な相手! レベル40のレジェンドデュエリスト中でも最強クラスの強さを誇ります。

Lv.40「海馬瀬人」のデッキ

レベル モンスターカード名 枚数
ドル・ドラ
ケンタウロス
ミノタウルス
異次元の戦士 要注意
ブラッド・ヴォルス 要注意
エメラルド・ドラゴン
青眼の白龍 最強!
種類 魔法カード名 枚数
通常 コストダウン 要注意
速攻 エネミーコントローラー 要注意
速攻 ツイスター
種類 罠カード名 枚数
デッキ内のカード枚数 20
レベル エクストラカード名 枚数

Lv.40「海馬」の最強・要注意カード

レベル40「海馬瀬人」の要注意カード

レベル40の海馬瀬人が扱うレベル4以下のモンスターはいずれも強力なカードばかりです。レベル4のブラッド・ヴォルスは攻撃力1900! 次点で攻撃力1700のミノタウルス異次元の戦士は攻撃力こそ低いものの、戦闘を行った相手モンスターをゲームから除外します。こちらの攻撃力が勝っていても、ダメージを覚悟で相打ちに持ち込むため、強いモンスターを召喚しても安心はできません。ブラッド・ヴォルス、ミノタウルス、異次元の戦士はデッキに各3枚ずつ入っているので、遭遇する確率は非常に高いです。

上級モンスターのエメラルド・ドラゴンはATK2400のレベル6モンスター。リリース1体で真紅眼の黒竜と同等の火力を持ちます。場合によっては、魔法カード「コストダウン」を使用して、リリースなしで召喚することもあります。

レベル40「海馬瀬人」の要注意カード

海馬瀬人の使用する魔法カードは「ツイスター」、「エネミーコントローラー」、「コストダウン」の3種類。これらカードはデッキに各2枚ずつ入っています。

ツイスターで攻撃力弱体化の「ワンダー・バルーン」やATK500ポイント強化の「破邪の大剣—バオウ」が破壊されるので、これらカードはレベル40の海馬戦ではあまり向いていません。フィールドに長く滞在する魔法カードでモンスターを強化したり、相手を弱体化しない戦術が必要!

エネミーコントローラーは2つの効果(表示形式変更とモンスターコントロール)があり、いずれかの選択して発動。いずれの効果もこちらのモンスターを破壊しうる性能なので、エネミーコントローラーの対策は必要です。

コストダウンはエメラルド・ドラゴンと青眼の白龍のための通常魔法カード。手札のモンスターのレベルを2つ下げるため、エメラルド・ドラゴンはリリースなし青眼の白龍はリリース1体で召喚します。このカードのみで戦況を一気に変えてしまう恐ろしいカード!

攻略サンプルデッキの紹介

キャラ名・デッキの特徴

ネコ耳族
【ネコ耳ロック】
ネコ耳族で敵の攻撃を防ぐ
ネコ耳族エネミーコントローラーから守る!
・効果ダメージのみで勝利
レア度 モンスターカード名 枚数
ネコ耳族 必須!
UR クリボール おすすめ
SR 死の4つ星てんとう虫 おすすめ
スケルエンジェル
レア度 魔法カード名 枚数
革命 おすすめ
SR ワンダー・バルーン
レア度 罠カード名 枚数
アヌビスの裁き おすすめ
フォースフィールド 必須!
UR マジック・ジャマー
デッキ内のカード枚数 20
「ネコ耳ロック」デッキのエースカード

ネコ耳族のモンスター効果
エースカードはデッキの名前にもなっているレベル1の「ネコ耳族」! モンスター効果は相手のターン時に、このカードと戦闘する相手モンスターの元々の攻撃力は、ダメージステップ時に「200」になります。

CPUはネコ耳族にあまり攻撃しない
CPUはネコ耳族に攻撃を行いません。相手のターンに、ネコ耳族との戦闘を行うと同士討ちになるため! しかし、例外も存在します。それは、こちらのLPが少なく、相打ちをすることで勝利する場合です。例えば、自身のLPが2500で、フィールドにはネコ耳族が1体存在しているとします。相手フィールドには青眼の白龍1体とミノタウルス1体がいる場合、ミノタウルスネコ耳族に攻撃を仕掛けます。これはミノタウルスネコ耳族の同士討ちをした後、青眼の白龍でとどめを刺すことが可能だからです。こちらのLPが非常に少ない(ワンパンライン)状況で、かつフィールドにはネコ耳族が少ない場合は要注意!

エネミーコントローラーが天敵!
レベル40の海馬瀬人が使用してくる速攻魔法のエネミーコントローラーネコ耳族と非常に相性が悪いです。表示形式を変更する効果を使われた場合は、相手モンスターがATK200になっても、こちらのDEFは100なので容易に破壊されます。またコントロールを奪われると、エメラルド・ドラゴンや青眼の白龍の生贄にされたり、またネコ耳族同士を相打ちする、といった行動をとります。

フォースフィールドネコ耳族を守ろう!
海馬瀬人のエネミーコントローラーからネコ耳族を守れば、勝率は一気に高くなります。死守する方法としては、カードトレーダーとの交換で簡単に手に入る「フォースフィールド」がおすすめ! モンスター1体を対象にした魔法カードの効果を無効化し、破壊します。エネミーコントローラーの2つの効果を無効化できるので、最低でも2枚はデッキに入れましょう。

時間稼ぎ用モンスター

クリボールの効果
クリボールは相手モンスターの攻撃宣言時に、モンスター効果発動。その攻撃モンスターを守備表示にします。相手フィールドに複数のモンスターがいる場合は、効果が薄いですが、時間を稼ぐことは可能! またネコ耳族エネミーコントローラーによって、コントロールを奪われて、ネコ耳族同士で相打ちにする、といった状況でも、クリボールの効果により、守備表示にすることでネコ耳族を守ることができます。

死の4つ星てんとう虫の効果
レベル40の海馬瀬人が使うモンスターのほとんどがレベル4。死の4つ星てんとう虫は海馬瀬人との相性が非常に良く、レベル4以下のモンスターが複数体展開された状況を打破します。時間稼ぎにはもってこいのカードなので、できるだけデッキに多く編成したいですね。

「効果ダメージ(大)」コンボ

ワンダー・バルーンは囮
海馬瀬人は速攻魔法カードのツイスターを持っているため、ワンダー・バルーンは簡単に破壊されてしまいます。そのCPUの行動パターンを逆手に取り、カウンター罠「アヌビスの裁き」を仕掛けましょう。手札1枚をコストとしますが、相手モンスターを破壊し、さらにそのモンスターの攻撃力分をLPにダメージを与えます。青眼の白龍が召喚された状況で、このコンボを決めると相手に3000ポイントのダメージ! ワンダー・バルーンで弱体化できれば、ネコ耳族の壁強化にもなります。

他の対策カード

モンスターカード名・特徴
ハネハネ
リバース効果で相手モンスターを手札に戻します。相手モンスターが青眼の白龍やエメラルド・ドラゴンの場合、再召喚までの時間も稼げます。
魔法カード名・特徴
呪魂の仮面
時間稼ぎとダメージ効果を持つ装備魔法カード。強力なカードですが、海馬瀬人はアドバンス召喚やツイスターエネミーコントローラーの生贄で呪魂の仮面を剝がします。
罠カード名・特徴
マジックアーム・シールド
時間稼ぎ用罠カード。こちらのフィールドにモンスターが存在している場合に発動可能。相手モンスター1体を選んで、攻撃対象にします。この時、選んだモンスターが攻撃したモンスターより攻撃力が低い場合、ダメージを受けます。
連鎖破壊
闇遊戯のレベルアップ報酬で手に入ります。モンスターが召喚・反転召喚した時に発動可能。デッキ・手札にある同名のモンスターを破壊します。ATK1900のブラッド・ヴォルスやモンスター除外効果を持つ異次元の戦士をターゲットにしましょう。

関連リンク

この記事へのコメント