https://gamy.jp/dragonproject/dragonproject-battlesystem

【ドラプロ】モンスターとの基本的なバトルシステム(操作方法、戦闘方法など)

ライター

koya
1
コメントへ

『ドラゴンプロジェクト』におけるモンスターとどのようにバトルを繰り広げていくのか紹介していきます。 スマホの操作方法からモンスターとの戦闘方法まで基本的なことをまとめていきますので参考にしてください。

※この記事は現在検証中の記事です。実際のゲーム内容と違う場合がありますのでご了承ください。

バトルの操作方法について

「ぷにコン」を搭載

「ぷにコン」を搭載の画像

同じコロプラ開発スマホゲームの『白猫プロジェクト』や『バトルガールハイスクール』でも搭載されている次世代インターフェース「ぷにコン」が今回も搭載されています。
指一本で操作可能で、長押しやフリックすることによってスキルを放ったり、敵の攻撃を回避したりすることができます。

プレイヤーの移動方法は?

プレイヤーの移動方法は?の画像

画像ではわかりにくいですが、ぷにコンをスライドさせることで移動が可能です。
ダッシュについては不明ですが、基本はダッシュ移動になるのではないでしょうか。

攻撃方法は?

攻撃方法は?の画像

『ドラプロ』ではタップすることでモンスターを斬りつけられます。
『白猫』でも同じようにタップで通常攻撃が可能なので、『白猫』ユーザーの方は馴染みやすいかもしれません。

防御方法(回避方法)は?

防御方法(回避方法)は?の画像

現状、モンスターからの攻撃を防ぐ術はわかっていませんが、フリックで攻撃をかわすことが可能です。
また、片手剣には特殊スキルとして「ガード」があるので、職業ごとに防御方法がわかれているのかもしれません。

カメラの切り替え方法は?
『白猫』と同じであれば、2本指で画面をスライドさせることでカメラ(視点)の切り替えができそうです。(1本の指を固定し、もう1本の指をスライドでも可能)
またはボタン式で拡大(+)縮小(-)が考えられます

そのほかの細かな動きは?
『モンハン』では基本的な動きのほかに、しゃがみジャンプ武器の構えと収め方武器を出しながら攻撃、回避方法ボタン同時押しによるスキル発動方法討伐後の剥ぎ取り方法などがありました。
※新情報判明次第更新していきます。

モンスターとの戦闘方法について

5種類の武器で立ち向かう

5種類の武器で立ち向かうの画像

『ドラプロ』の武器種(職業)は

・片手剣
・両手剣(大剣)
・双剣
・槍
・弓

以上の5つの武器が設定されています。
すべてぷにコンによる操作が可能ですが、それぞれ通常攻撃の手数やモーション、スキル範囲などは異なってくるので、自分のプレイスタイルにあった武器種(職業)を選びましょう。

上記の画像は『PSO(ファンタシースターオンライン)』と『ドラプロ』の比較です。

『モンハン』では一回のクエストにつき、5種類の武器の中からひとつしか選択できませんが、『ドラプロ』では3つ装備できるようなので『PSO』と戦闘システムが似ているのかもしれません。

武器ごとの特殊スキル

武器ごとの特殊スキルの画像

5/10の公式HP更新で各武器には特殊スキルがあることが判明しました。
特殊スキルの内容は以下の通りです。

片手剣:ガード
両手剣:溜め切り
双剣:乱舞
:突進
:溜め撃ち・狙い撃ち

それぞれの武器に特徴が表れていて、自分のプレイスタイルに合った武器を選択できそうです。

各武器の詳細は以下を参考にしてください。

▼片手剣

片手剣の使い方と立ち回り 
両手剣
両手剣の使い方と立ち回り 
双剣
双剣の使い方と立ち回り 

槍の使い方と立ち回り 

弓の使い方と立ち回り 

※リンク先記事が完成次第更新

マギによる魔法攻撃

マギによる魔法攻撃の画像

『ドラプロ』には武器による通常攻撃のほかに、「マギ」と呼ばれる魔法石を使用して魔法攻撃が出せたり、回復ができたりするようです。
マギは武器に装備との情報ですが、いくつまで装備可能なのか、またコスト制限があったりすると組み合わせを楽しむことができそうですね

ボスモンスターの出現方法とクリア方法

ボスモンスターの出現方法とクリア方法の画像

ボスモンスターまでの道のり
『ドラプロ』には「」(『白猫』でいうタウンのようなもの)が設定されており、街の外に出るとフィールドに移動できるようになっています。
そこに出現したモンスターを一定数倒すと次のフィールドが解放されていく仕様になっており、また、街へはボタンひとつで戻ることが可能です。

ボスモンスターとの遭遇
基本的にはひとつひとつステージをクリアしてボス面まで、というのがオーソドックスですが、フィールドによっては敵をすべて倒すとボスが出現したり、最初からパーティを組んでも挑戦できるようです。

クエストのクリア方法
『ドラプロ』はボスモンスター討伐がメインのコンセプトですので、モンスターのHPが0になったら基本的にはクリアです。
中には捕獲しなければクエスト失敗になるクリア条件もでてくるかもしれません。

※画像はイメージです

プレイヤーからモンスターへのターゲット方法は?
現状では不明ですが、『モンハン』のように直接モンスターをタップする方法と、ボタン(パネル)をタップしてターゲットする方法が考えられます。
また、自動ターゲットがあったら便利ですが、ひとつのフィールドに複数モンスターが出現するクエストだと混乱しそうなので「自動⇔手動」の切り替えができると快適に遊べそうです。

3DS版『モンハン』は「Lボタン」でプレイヤーの向いている方向に自動的にロックオンしてくれますが、そういった細かな動きにも期待です。

モンスターからプレイヤーへのターゲットは?
こちらも現状では不明ですが、基本的には自動的にターゲットされ襲ってくることが予想されます。
マルチプレイでは、一番最初にモンスターに発見されたプレイヤー、その後はランダムにターゲットが考えられます。

弓は特殊スキル「溜め撃ち・狙い撃ち」ができる
ほかの武器は不明ですが、現状弓はターゲットが可能のようです。
特殊スキルを使うことにより、モンスターにターゲットを取ることによって狙う撃ちができ、また溜めを最大まで行うと巨大な矢を突き刺し、継続的にダメージを与えることができます。

モンスターに攻撃を当てると素材獲得

モンスターに攻撃を当てると素材獲得の画像

『モンハン』だとクエスト終了後に報酬画面がでてきて、はじめて獲得素材がわかりますが、『ドラプロ』では一発でもモンスターに攻撃を当てると素材がドロップするようです。
レア素材などの確率は不明ですが、ドロップしたものは必ず自分が獲得できるのでほかのプレイヤーと素材の取り合いになることはないそうです。

モンスターの弱点箇所(属性)を把握する

※画像はイメージです

弱点箇所を狙う
画像は『モンハン』ですが、モンスターにはそれぞれの体の部位に弱点が存在してます。頭部、腹部、背中、翼、尻尾、モンスターによって弱点箇所は違いますが、攻撃した時のひるみ頻度などを確認しつつ把握していきましょう。
また、頭部にダメージを蓄積することによりダウン(混乱)を狙ったり、脚に集中攻撃することにより、転倒させることもできそうです。

弱点を知ることでより効率的に狩りを進めることができるでしょう。

弱点の属性を知る
モンスターには弱点箇所のほかに属性によっても大ダメージを与えることが可能です。
現状、属性の種類は不明ですが、武器やマギ(魔法石)に付与されてそうなので確認してみましょう。
『モンハン』では弱点の属性が装備で、ある程度確認できました。

部位破壊で獲得素材がアップ?

※画像はイメージです

画像では少しわかりにくいですが、頭部や翼が破損しているのが確認できますでしょうか。
破壊できる部位の例として、頭部、腹部、爪、背中、尻尾の切断、などがあげられます。

『モンハン』では部位破壊が成功するとレア素材が獲得できたり、特殊攻撃を発動させなくできたりしました。

状態異常や罠を仕掛けて討伐効率をあげる

※画像はイメージです

状態異常をかけてモンスターの動きを鈍くさせる
麻痺眠り燃焼凍結、などの状態異常が一般的で、今ではどのゲームでも見かけますよね。
それぞれの効果を把握していると、モンスターを足止めでき集中攻撃で大ダメージを狙うことも可能になります。

罠を仕掛ける
落とし穴」や「シビレ罠」と呼ばれる罠を仕掛けることで、状態異常と同じようにモンスターの足止めができると予想しています。
罠は1つのクエストで所持できる数が決まっている可能性がありますので、使いどころを間違えないように気をつけましょう。

コメント/情報提供

  • 取り合いおつ
    2016/07/04 05:44

    モンハン関係ないしかもレアキャラ取り合いなるし。 適当なこと書くなモンハンが一番意味わからん