https://gamy.jp/dqrivals/dqrivals-advtrade

【ドラクエライバルズ】有利トレードの判断基準の解説

ライター

練炭
0
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』の有利トレードについてまとめた記事です。有利トレードとはなにか、理解することの意味などをご紹介します。ぜひ、攻略やデッキ編成の参考にしてください!

有利トレードとは

試合運びに重要な要素

有利トレードとは、試合を自分の有利に運ぶために必要なテクニックの1つです。基本的には自分が使ったカードよりも相手のカードの損失が大きい状態を指します。
具体的には、相手のユニットカード2体を自分のカード1枚で除去した場合は「1:2交換」となり有利トレードに当たります。
また、「低コストユニット」で相手の「高コストユニット」を除去した場合なども有利トレードに当たります。
上記のように、相手の選択肢を潰しつつ自分に有利な状況を作っていくことが、有利トレードの真髄です。

有利トレードの注意点

トレードのメリット・デメリット

有利トレードのメリットは、相手のユニットカードを除去することで相手の選択肢を狭め、テンポを崩すことにあります。相手ユニットを残しておくのは相手に攻撃する余裕やユニットを強化して大ダメージを与える機会を与えてしまうことになります。有利トレードのメリットはこうした相手の行動に牽制する意味合いもあります。

有利トレードは名前の通り自分が試合を有利に進めるためのモノですが、それだけでは勝てません。ずっと盤面で有利をとっていても、「閃光烈火拳」のように強力な特技カードを使われて逆転負けしてしまう可能性があります。時には、盤面を無視して強引に相手のHPを削りに行くことも重要なことです。

有利トレードの判断基準

有利トレードをするべきかどうかの判断方法は単純で、相手のユニットを残しておいても問題ない場合は無視してしまうことです。これは、自分が盤面をとっている有利な状況の場合がよく当てはまります。
また、相手を次のターン追い詰めることができる場合なども、有利トレードを狙うよりも相手リーダーのHPを削ったほうが効果的です。後一撃で敗北が決まってしまう場合、相手は不利トレードとわかっていてもこちらのユニットを除去しなければならないので、自然とこちらが有利になってきます。

コメント/情報提供

ランキング

GAMYガチャ実施中

事前登録ランキング