https://gamy.jp/dqrivals/dqr-tension-system

【ドラクエライバルズ】テンションシステムの解説

ライター

ふーちゃん
0
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』には、テンションシステムがあり、リーダー固有の能力です。どのようにすれば使用できるのか、使いどころなどを解説します。『ドラクエライバルズ』の攻略にぜひご活用ください。

テンションとは?

『ドラクエライバルズ』のバトル中に、リーダーキャラの横にゲージがあります。これを3段階まで貯めると、リーダー固有の「テンションスキル」を発動させることができます。

テンションスキルはリーダーによって違う!

それぞれのリーダーによって使えるテンションスキルは違います。その職業に合わせた強力なテンションスキルになりますので、使い所をしっかり見極めて発動させるのが重要です。

テンションゲージはどうすれば貯まる?

「テンションアップカード」というテンションを上げることができるカードが1ターンに1度だけ使用できます。MPを1消費するので、テンションカードを使用するか、ほかのことをしたほうが良いのかの判断は毎ターン考える必要があります。

とりあえず1MP分でほかにやることがなければ、必ず使用しておくと良いでしょう。

テンションMAXじゃないと使えないカードも

テンションが3段階MAXの状態でないと使用できない、強力な「必殺技」カードも存在します。すぐ、テンションスキルを使用するべきか、使用しないで維持してプレイを進めていくか……。その駆け引きも重要になっていきそうですね。

後半だとテンションが2貯まってスタート

後攻だとテンションゲージがいきなり「2」貯まった状態でスタートします。後攻の不利をテンションスキルで補うように……との意図だと思いますが、果たしてそう上手く行くのでしょうか。

テンションスキルの使いどころ

テンションスキルはゲージが貯まってしまえば、MPを使用しないで使用できます。使用するのはゲージのみですので一発逆転も狙うことが可能です。ですが、先述したとおり、相手がどう動くか、「必殺技」のために残しておいたほうが良いのかなどの駆け引きもありますので、よく見極めて使用するようにしましょう。

出し惜しみは自分の首を絞める!?

ただし、『シャドウバース』の進化権のように、あまり出し惜しみしすぎると相手に一気に畳み掛けられて挽回不可能になる可能性もあります。テンションスキルの使用は思い切りも必要になるでしょう。

コメント/情報提供