https://gamy.jp/dqrivals/dqr-dragonquest10

【ドラクエライバルズ】ストーリー 各作品紹介(ドラゴンクエスト10)

ライター

ユウラル
0
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』は大人気ゲーム『ドラゴンクエスト(ドラクエ)』のキャラやモンスターたちで戦う対戦型デジタルカードゲームです。その元となった『ドラゴンクエスト(ドラクエ)』の各作品のストーリーについての記事です。ドラゴンクエストXは2012年8月2日に発売されたソフトです。

ドラゴンクエスト10のストーリー

『ドラゴンクエスト10』の主人公は、レンダーシアの中心に位置するエテーネ島の村でカメ様の加護で平和な日々を送っていました。

ある日、カメ様のお告げを聞くことができるアバ様からエテーネ村は大いなる災厄に見舞われ滅びること、また、清き水の洞窟に咲くテンスの花があれば滅びの運命から逃れられることを知らされます。アバ様の決定でテンスの花は主人公、主人公の妹(兄弟)、シンイの3人で取りに行くことになります。

洞窟の奥に到着するとテンスの花は咲いていました。しかし、そこには魔導鬼ベドラーがいました。戦闘の末3人はベドラーを倒すことに成功しますが、ベドラーはテンスの花を全て燃やしてしまいます。しかし諦めて村に帰ろうとした時、妹の不思議な力によりテンスの花を1つだけ見つけることができます。

村への帰り道になぜか魔物の姿がなく、村に急いで帰ります。村に到着すると、村はエテーネの民が代々引き継いでいる時渡りの力を危惧した冥王ネルゲル達の襲撃をうけています。シンイがアバ様を探しに行こうとした時、妹に巨大な火の玉が襲いかかります。しかし火の玉がぶつかる瞬間、主人公の中の時渡りの力が目覚め、妹をその場から消し助けます。

時渡りの力を見たネルゲルはレンダーシアを迷いの霧で覆い、主人公は死んでしまいます。死亡した主人公の魂はカメ様の力により謎の神殿に飛ばされ、同時期に不慮の死を遂げた別の種族として生き返り旅をするストーリーです。

ランキング