https://gamy.jp/dqrivals/dqr-charge

【ドラクエライバルズ】レジェンドレア・チャージの解説

ライター

いのうえかける
1
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』のガチャに実装されるレジェンドレア・チャージについてまとめました。何枚カードを引いてもレジェンドが出ない、そんな悲しい結果とはオサラバ。この機能の詳細をチェックして、ぜひ攻略に役立ててください。

レジェンドレア・チャージとは

レジェンドレア・チャージは、簡単に説明すると、30パック開ければ確実にレジェンドレアのカードが入手できるというシステムです。

何パック引けばレジェンドレアが出るのかわからないよりも、少なくとも30パック引けば確実にレジェンドが引けるとわかっていたほうが心持ち的にも大分楽になりますね。

レジェンドレアの排出率

公式生放送の発表では、レジェンドレアの排出率は、10パック程度カードを引けば入手できる確率に設定してあるとのことですが、どうしても確率である以上、運が悪いといつまでたってもレジェンドレアが引けないということもないわけではないので、そういったリアルラックの低いユーザーの救出措置になっているとのことです。

どんな機能?

各カードパックを1回開けるごとに、「レジェンドレア・チャージ」というパラメーターが1つずつカウントアップしていきます。

このカウントはレジェンドレアが出るまで上昇していき、レジェンドレアが出た時点で0にリセットされます。

レジェンドが引けない場合は、そのままカウントが上昇していき、29まで数字が進むと30パック目に確定でレジェンドレアのカードが排出される仕組みになっています。

まとめ

30パック引けば確実にレジェンドが引けるというこの機能は、確かに実際プレイするとこの機能にお世話になる可能性はそれほど高くないでしょう。

しかし、何パック開けてもレジェンド引けないんじゃないかという疑心暗鬼にかかることなく、とりあえず少しづつでもパックを開けていけば確実にレジェンドが出るんだと安心してパックを引くことができそうです。

レジェンドレアの重要性

レジェンドレアは、その強力な性能からデッキに同カードは1枚しか入れることのできない、デッキのコンセプトを決める重要な要素です。また、レジェンドは被りが出ても分解することで大量の錬金石を入手することができます。

錬金石は錬金機能で欲しいカードを指定して入手できるので、カードの被りが発生しても決して腐ることはありません。そういった意味でも確実にレジェンドが入手できるこの機能は、救済措置としてとてもありがたいですね。

コメント/情報提供

  • ななし
    2017/11/21 14:19

    知らなかったです。有益な情報ありがとうございます!