https://gamy.jp/dqrivals/dqr-ControlTerry-counter

【ドラクエライバルズ】「コントロールテリー」対策まとめ

ライター

トトロ丸
0
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』の「コントロールテリー」の対策についてまとめた記事です。コントロールテリーデッキのキーカードや立ち回りを理解して、その対策に適したカードを紹介します。今流行りのランクマッチで猛威を振るっているコントロールテリー対策の参考にしてください。

コントロールテリーの特徴

武器は盤面コントロールのために使用!

アグロテリーミッドレンジテリーとは異なり、コントロールテリーにおける武器カードの主な用途は対ユニット用! 武器を装備したテリー自身がアタッカーとなり、盤面をコントロールします。テリーが攻撃役として働くので、低コストのユニットの採用率がある程度少なくても中盤に繋げることができます。

バトル終盤は大型ユニットラッシュ!

テリーが得意とする武器は盤面コントロールに使うので、リーダーへの打点の確保は終盤の大型ユニットが担います。コントロールデッキには欠かせない「ゾーマ」、「シドー」、「りゅうおう」といった高コストの魔王カードを大量に投入することでバトルを制します。

ミッドレンジテリーとの違い

Tierランキングの上位デッキの「ミッドレンジテリー」の違いは以下の通りです。

デッキ名 デッキの特徴
ミッドレンジテリー
  • 中コストユニットが多め
  • 序盤は相手より一歩リードする
  • 中盤から攻める
コントロールテリー
  • 高コストユニットが多め
  • 序盤は守りの姿勢
  • 終盤にラッシュ

コントロールテリーミッドレンジテリーとの見分け方としては、序盤の立ち回りで判断できます。

コントロールテリーは序盤のユニット展開が少なく、少ないカードで盤面のコントロールに徹します。対してミッドレンジテリーは中盤以降にラッシュをかけるので、序盤はある程度盤面を意識した立ち回りになります。

コントロールテリーのキーカード

盤面をコントロールするための武器

コントロールテリーの武器カードのお主な用途はユニット除去。盤面をコントロールするために武器を振るいます。武器は装備したターンから使用できるので、盤面への干渉力は非常に高いです。

はがねのつるぎ」は序盤の要でユニットの除去用に使われます。「きせきのつるぎ」も主にユニット除去に充てられますが、HP回復効果もあるのでリーダーに直接攻撃して回復するという目的で使用される場合もあります。

中盤で盤面を取るための特技

武器と並んで、盤面をコントロールする際に使用される特技。コストが比較的軽く、複数のユニットを一気に除去される可能性があります。

ギガスラッシュ」は消費MP3と非常に軽いです。範囲が縦1列と広く、3ダメージを与えるコストパフォーマンスが高い特技。「ギガスラッシュ」の代わりに、より火力が高い「ギガブレイク」を採用している場合もあります。

ジゴスパーク」はテリーの必殺技。テリーの攻撃回数に応じてダメージがアップする危険な特技で、除去能力は「シドー」以上! 6ターン以降、相手がテンション最大を維持している場合は「ジゴスパーク」に警戒しましょう。

コントロールデッキの必須級大型ユニット

コントロールデッキへの採用率が非常に高い魔王カード。

・「ゾーマ」はドローロックと強制MP消費を要求
・「シドー」は全体除去で盤面を返す
・「りゅうおう」は死亡すると強くなる除去しにくいユニット

上記の3体以外にも「グラコス」や「バルザック」を投入している場合もあります。コントロールデッキと対峙する場合、これらレジェンドレアカードの大型ユニットが少なくとも3枚は投入されていると想定して立ち回りましょう。

コントロールテリーの立ち回りと弱点

コントロールテリーは長期戦に持ち込みたがる

コントロールデッキということで、終盤に勝負を仕掛ける立ち回りをします。そのため、序盤は盤面コントロール、中盤は盤面を取る、といったゆったりとした展開になります。コントロールデッキと知らずに戦うと、終盤までは拮抗した状態が続くので、良い試合ができていると思いがちですが、相手の思惑通りにことが進んでいるだけです。

アグロデッキが微有利

リーダーにもよりますが、超高速展開を得意とするアグロデッキがコントロールデッキに対してやや有利とされています。コントロールデッキは高コストのカードを投入しているので、序盤に攻められると対応しにくいためです。

特にTierランキング上位のアグロゼシカは大量のユニットを序盤に展開し、かつテンションスキルでユニットを除去できるため、コントロールテリーに対してやや優勢に試合を運ぶことができます。

大型ユニット対策をしよう

アグロデッキ以外でコントロールテリーと対決する場合、フィニッシャーの大型ユニット対策をしておかないと、終盤で一方的にやられる可能性が高いです。

高コストのレジェンドレアカードの「ゾーマ」、「シドー」、「りゅうおう」、「グラコス」は、現環境においてコントロールデッキのテンプレカード。これらカードの対策は用意しておきましょう。

武器対策をしよう

テリーの代名詞である「武器」の対策も重要です。コントロールテリーにとって武器は終盤までの繋ぐためには欠かせないカードなので、うまく処理できれば流れを呼び込むことができます。

ユニットをジグザグに配置しよう

テリーは複数体のユニットを除去できるカードも豊富! 縦1列に並んでいる場合は「ギガスラッシュ」や「ギガブレイク」、前後に並んでいる場合は「稲妻の加護」で処理されます。

被害を最小限に抑えるためにも、場に出すユニットをジグザグに配置させましょう。

コントロールテリー対策カード

カード1枚でコントロールテリーに勝てるということはありませんが、以下に紹介するカードを使えば、一方的な試合展開になることなく立ち回れます。

武器を破壊する「くさった死体」

くさった死体 コスト 攻撃力 HP
効果
召喚時:敵リーダーの武器を破壊する

はがねのつるぎ」や「きせきのつるぎ」対策カード。召喚時にリーダーが装備している武器を破壊します。序盤から武器を破壊する目的で使用しても良いですが、武器を乗り換えたり、「からくりしょうぐん」で武器を強化した直後に召喚するとかなり効果的!

武器を強奪する「カミュ」

カミュ コスト 攻撃力 HP
効果
召喚時:敵リーダーが装備中の
武器を奪い自分の手札に加える

きせきのつるぎ」や「雷鳴の剣」対策カード。「くさった死体」とは異なり、装備中の武器を奪い、自分の手札に加えます。相手の戦力を削ぐだけでなく、自身の戦力に加えることができる最強の武器カウンター。

大型ユニットのカウンターカード「アンルシア」

アンルシア コスト 攻撃力 HP
効果
召喚時:攻撃力5以上の
敵ユニット1体を攻撃力0にする

ゾーマ」や「竜王」対策カード。攻撃力を0にすることで、単なる置物へと変えることができます。スタッツも優秀で戦力としても期待できます。

アンルシア」を「竜王」に充てても良いのですが、できれば「ゾーマ」に使いたいです。「アンルシア」は光の玉(消費MP4)を使った後でも場に出せるので、即座に「ゾーマ」を処理できます。

唯一の封印を持つユニット「サイレス」

サイレス コスト 攻撃力 HP
効果
召喚時:ユニット1体を封印する

りゅうおう」や「アトラス」対策カード。ユニットが持つ効果を封じることができるので、「アトラス」の23点コンボや死亡時に本領発揮する「竜王」の抑止力となります。

また「アンルシア」のカウンターカードとしても使えます。弱体効果を受けたユニットに使用することで、「アンルシア」の効果を受ける前のスタッツに戻せます。

盤面を取っているときに活躍する「ドラゴンガイア」

ドラゴンガイア コスト 攻撃力 HP
効果
召喚時:次の相手ターン終了時まで
全ての味方は相手の特技ダメージを受けない

ジゴスパーク」対策カード。「ジゴスパーク」はコントロールテリーによく採用されており、テリーの攻撃回数次第で除去性能が高まる危険な特技です。使用するタイミングを見極める必要がありますが、「ドラゴンガイア」は「ジゴスパーク」を無効化できる唯一無二のカード。

コントロールテリー以外のリーダーに対しても使えるカードなので、デッキに編成していても損はないです。ただし、注意点が1つあります。特技ダメージを無力化できますが、ユニットの効果ダメージは入ります。例えば、全体除去効果を持つ「シドー」の効果は防げないので気をつけましょう。

コントロールテリーに有利なデッキは?

序盤からラッシュをかける「アグロゼシカ」

アグロゼシカは序盤から大量のユニットを展開し、ボード・アドバンテージを獲得しつつ、盤面からダメージを与える戦略を取るデッキ。テンションスキルも相まって、相手が盤面にユニットを残すことが非常に難しいです。コントロールテリーは序盤の立ち上がりが遅いため、アグロゼシカで一気に押し切れるケースが多いです。

MPブーストで一歩先に行く「ランプピサロ」

ランプピサロコントロールテリーと同じ終盤に勝負を仕掛けるデッキ。似た立ち回りになりますが、ランプピサロはMPブーストで相手よりもコストが多い状況を作れます。コントロールテリーよりも先に大型ユニットを出して、盤面を制することで有利に立ち回れます。

ランキング