https://gamy.jp/dqrivals/al_move

【ドラクエライバルズ】アリーナ(武闘家)の立ち回り総合

ライター

ST
0
コメントへ

『ドラクエライバルズ(DQR)』で登場するリーダー、アリーナ(武闘家)の立ち回りについてまとめた記事です。マリガン・序盤・中盤・終盤の動きについて書いたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

アリーナ(武闘家)の立ち回りの基本

武闘家はカードを1ターンにまとめて使うことでどんどん強くなるカードが充実しています。

閃光烈火拳」や「ビッグスロース」や「さそりばち」などの効果を最大限生かせるように手札を増強することが何より大切です。

「手札の増強」ばかりに気を取られると逆転不可能になってしまうので、「盤面の管理」「自分のHPの管理」「相手のHPの管理」も意識して立ち回る必要があります。

アリーナ(武闘家)のマリガン

かくとうパンサー」のように手札も増やせるユニットを1ターン目から使えるのが理想です。

ただし、アリーナはテンションスキルの「おてんば姫」などドローソースが充実しているので、手札を安定して増やし続けることができます。

リーサルを目指したいターンまでにキーカードを引ける可能性が高いので「閃光烈火拳」や「ビッグスロース」や「さそりばち」などのキーカードは交換してしまって大丈夫です。

閃光烈火拳」や「ビッグスロース」などの終盤に使いたいカードが複数手札に来てしまうのが一番怖いので、「さそりばち」のようにリーサルに使いたいカード以外の1コスト2コストのカードが来たらキープしましょう

アリーナ(武闘家)の序盤の立ち回り

低コストのユニットを展開して相手の体力を削りつつ、コンボパーツも揃えていきましょう

余ったMPを使ってテンションをアップさせることも大切です。

テンションスキルの「おてんば姫」を使えば、手札の増強も順調に進められます。

きあいため」が引ければテンションをためやすくなるので序盤は積極的にテンションスキルの「おてんば姫」を使って大丈夫です。

アリーナ(武闘家)の中盤の立ち回り

中盤になって相手のデッキのことがわかってきたら、相手の体力をどこまで削って、コンボパーツをどれくらい揃えるのを目標にするのかを決めましょう

ビッグスロース」や「さそりばち」を使って相手のHPをある程度削っておいて、終盤に「閃光烈火拳」で相手のHPを削りきるというような動きも可能です。

後のコンボを強くするために手札を温存するのは大事ですが、手札があふれるほど温存するともったいないので気をつけましょう。

アリーナ(武闘家)の終盤の立ち回り

終盤になると手札がかなり多くなるので、使う順番ごとのダメージを計算して一番最適な順番で使いましょう

あしばらい」を使ってから「おたけび」を使ってうまく相手のウォールやにおうだちを突破するコンボのような基本は事前にしっかり把握しておきましょう。

盤面やHPでは不利になっている事が多いので、手札のアドバンテージを活かして一気に逆転を狙いましょう。

ランキング