GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-yukinojoh-estimation

【DQMSL】ゆきのじょおうのモンスター評価

ライター

黒豆パン

「ゆきのじょおう」は『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(DQMSL)』に登場する物質系のランクAモンスターです。期間限定のクエストを攻略することで仲間にできます。ヒャド系の特技が充実しており、ランクAのクエストドロップモンスターなので、闘技場のウェイト戦で活躍を期待できます。

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆「レジェンドDQ3・夜」を攻略!

ゆきのじょおう

ゆきのじょおうの画像
名前 ゆきのじょおう ランク
系統 物質 タイプ 攻撃

ステータス

  Lv.1 Lv.70(新生転生 ☆4 Lv.70(新生転生
HP 24 450 526
MP 21 186 220
攻撃力 19 351 415
防御力 15 258(308 306(358
素早さ 13 239(339 281(389
賢さ 16 190 224

耐性

メラ 弱点 ヒャド 吸収
ギラ 弱点 バギ
イオ 半減 デイン
ドルマ 半減 ザキ 半減
マヒ 毒・猛毒
眠り 無効 混乱 弱点
マヌーサ マホトーン
息封じ

覚えるとくぎ

とくぎ1 ブリザーラッシュ
習得レベル 10 消費MP 17
効果 敵1体にヒャド系の斬撃ダメージを与える
とくぎ2 こごえる吹雪
習得レベル 34 消費MP 62
効果 敵全体にヒャド系の特大息ダメージを与える
新生転生とくぎ1 スノーラッシュ
消費MP 28
効果 敵1体にヒャド系のダメージを与え 動きを止める
新生転生とくぎ1 氷結の呪縛
消費MP 32
効果 敵全体に体技ダメージを与え 素早さをさげる

特性

リーダー特性

新生転生後
全系統の息効果+10%

全系統の息効果+10%
(変更なし)
特性1 みかわしアップ
特性2

新生転生後


ときどきおいかぜ
新生転生
追加特性1
防御力+50
新生転生
追加特性2
素早さ+100

転生情報

新生転生 ゆきのじょおう☆
転生素材 しんせいの宝玉
ランクS ゆきのじょおう
転生素材
とくぎ転生
必要素材

マスターエッグ
メカタマゴロン
タマゴーレム
デビルエッグ
キングタマゴロン

ゆきのじょおうの総評

■クエストでの使いやすさ ★☆☆☆☆
■闘技場での使いやすさ  ★☆☆☆☆
■育成優先度       ★☆☆☆☆

■称号:ウェルター級ヒャドファイター
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

・期間限定のクエストで仲間に
ゆきのじょおうは期間限定のクエストを攻略することで仲間になります。
初期ステータスは高いとは言えず、パワーアップや新生転生による強化を施してもなお物足りません。
しかしランクAのクエストドロップモンスターということで、ウェイトがかなり抑えられています。
そのためしっかり鍛えれば、闘技場のウェイト戦では活躍が期待できるでしょう。

ゆきのじょおうのとくぎ考察

■覚えるとくぎ
・ブリザーラッシュ
ヒャド系の単体斬撃です。
威力・消費MPともに優秀な特技で、クエストでの主力技になります。

・こごえる吹雪
ヒャド系の全体ブレスです。
消費MPが重いのでクエストでは使いづらいものの、闘技場ではダメージ効率の良い全体攻撃として活用できます。
また、ブレスは威力が彼我のステータスに依存しないため、攻撃能力の低いゆきのじょおうでも、比較的威力を発揮しやすいです。
ただし、相手の耐性などで軽減・無効化される点には留意しましょう。

■とくぎ転生おすすめとくぎ
・れんごく斬り(クエスト/闘技場)
メラ系の単体斬撃です。
属性以外は「ブリザーラッシュ」と同等の性能なので、相手の耐性に合わせて使い分けましょう。

・各種補助特技(クエスト/闘技場)
補助特技はステータスに関わらず一定の効果を発揮できます。
ただし、「ピオリム」などの貴重な特技を使用するのはもったいないかもしれません。
「マホカンタ」などが余っていれば付けてあげると良いです。
新生転生後は素早さがそれなりに高くなるので、補助役としての使いやすさが多少増します。

ゆきのじょおうのクエスト評価

・ピンポイントで採用の余地あり?
攻防両面で目立った強みはなく、最大MPや素早さも低いため、ほかのモンスターに比べて活躍するチャンスが少ないです。
ヒャド系を吸収できる点は長所なので、ヒャド系の特技をメインに使用するクエストボスとの戦闘であれば活躍できるかもしれません。
それでも攻撃能力は高くないので、とくぎ転生で覚えさせた補助特技をうまく使いながら戦いましょう。

ゆきのじょうの闘技場評価

・本領は新生転生後から
素早さ、耐久力ともに低く、行動前に倒されてしまう可能性が高いです。
序盤であれば「こごえる吹雪」による全体攻撃で活躍できますが、ブレスの使用に限定するのであれば、ゆきのじょおうである必要はありません。
新生転生すれば素早さが大幅に上昇し、有力な特技を新たに覚えるので、低ウェイトのサポートアタッカーとして活躍を期待できます。

ゆきのじょおうの新生転生評価

■クエストでの使いやすさ ★☆☆☆
■闘技場での使いやすさ  ★★★☆☆
■育成優先度       ★★★☆☆
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

■新生転生おすすめとくぎ
・れんごく斬り
・こごえる吹雪
・各種補助特技

新たに「スノーラッシュ」と「氷結の呪縛」を覚えます。
「スノーラッシュ」は敵単体にダメージ+確率でマインドを与える単体斬撃です。
「マヒャド斬り」とは消費MPや効果が同じで、「ブリザーラッシュ」にマインドの追加効果が加わったような特技です。
新生転生ゆきのじょうは闘技場向けのモンスターということもあり、消費MPの増大はそれほどデメリットになりません。
そのため、「ブリザーラッシュ」を両立する必要はあまりありませんが、特技枠には比較的余裕があるので、+が付いているようなら引き継でおいても良いでしょう。

「氷結の呪縛」は敵全体にダメージ+確率で素早さを2段階下げる無属性の体技です。
特技名からはヒャド系のようなイメージを受けますが、無属性の全体体技なので、どんなモンスターにもダメージを与えることができます。
威力は控えめですが、追加効果が発動すれば対象の素早さを一気に2段階も下げることができるます。
素早さが重要となる闘技場では、追加効果だけでも価値のある特技です。
しかし、2ラウンド以上の戦闘が前提となるため、低ラウンドでの勝利は狙う場合は相性があまりよくありません。

そのほかに覚えさせたい特技では、ヒャド系に耐性を持つモンスターへの有効打として「れんごく斬り」がおすすめです。
残りは威力重視の全体攻撃として、「こごえる吹雪」を引き継でおくのがベターでしょう。
素早さの上昇により、サポートもできなくはないので、「マホカンタ」などの補助特技を覚えさせておくのも良いかもしれません。

■ウェイトの低さが最大の利点
新生転生により素早さは大きく上昇し、防御力も強化されます。
大幅な改善ではありますが、元々の素早さが低すぎることもあり、それでも少し物足りないといった印象です。
火力はほとんど強化されないため、残念ながら過度な期待はできません。

パワーアップを重ねればそれなりの素早さにはなります。
装備やリーダー特性などでさらに補い、物質系の系統ボーナスルールなども利用すれば、行動を確保することは難しくありません。
「氷結の呪縛」による素早さダウン効果で、敵の弱体化を狙うのが主な役割となります。

最大の利点はわずか9というウェイトの低さです。
ウェイト制限のあるルールでもパーティを圧迫しないため、強力なランクSSモンスターや魔王などを組み込みやすいです。
新生転生「竜王」などの、素早さがそれほど高くないアタッカーを、「氷結の呪縛」で支援しましょう。

ゆきのじょおうのおすすめ装備

・ドラゴンクロー[素早さ+32 ドラゴン系へダメージを12%アップ]
素早さを重点的に強化できる装備です。
できる限り素早さを高めて、行動回数を確保しましょう。
闘技場で特におすすめの装備です。

・ふぶきのオノ[攻撃力+24 防御力+32 ヒャド系の斬撃ダメージを10%アップ]
攻撃力と防御力の両方を同時に補える装備です。
さらに固有効果によって、「ブリザーラッシュ」や「スノーラッシュ」の威力が上がります。
クエストで特におすすめの装備です。

ほかのシリーズにおけるゆきのじょおう

『ドラゴンクエストⅤ』で初登場しました。
幼年時代に「妖精の世界」の「氷の館」で戦うことになるボスモンスターです。
天候を操り、世界を凍てつかせようとしていました。
戦闘では全体攻撃の「冷たい息」が厄介です。
HPを削られたところに「きあいため」からの攻撃を受けると危険なので、回復はしっかり行いましょう。
ただし、「ゆきのじょおう」も「ホイミ」で回復するため、攻め手が緩いと戦闘が長引き、少しずつ不利になってしまいます。
「ベラ」の「ルカナン」で守備力が下がったら、一気に攻勢に出て勝負を決めましょう。

ランキング