GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-sukuruto-matome

【DQMSL】「スクルト」の効果とダメージ計算式について!

ライター

黒豆パン

防御力を上げる呪文「スクルト」についてまとめました!物理攻撃のダメージ計算式や、使うべき場面、転生素材の手に入れ方などを紹介します!

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆「レジェンドDQ3・夜」を攻略!

スクルト

スクルトは物理攻撃のダメージを軽減することができる呪文です!

ある程度やりこんでいる人には当たり前のことかもしれませんが、今一度スクルトの効果や使うべき場面についてまとめます!

◆スクルトの基本
スクルトは全員の防御力を上昇させる呪文です。

1回使うと1段階上昇し、最大で2段階まで上げることができます。
プラスが付くと消費MPが減少します。

防御力を1段階アップさせると防御力が1.2倍になり、2段階だと1.4倍にアップします。
逆によろいくだきなどで防御力が下がった場合、1段階で0.8倍、2段階で0.6倍になります。

◆ダメージ計算式

物理攻撃のダメージ計算式は以下のようになっています。
攻撃力÷2-防御力÷4=ダメージ

例えば攻撃力500で防御力500のモンスターに攻撃した場合
500÷2-500÷4=125ダメージ

同じ条件で防御力が2段階上がった場合
500÷2-500÷4×1.4=75ダメージ

同じ条件で防御力が2段階下がった場合
500÷2-500÷4×0.6=175ダメージ

このように変化します。

◆高防御ほど効果が高い

ここで注意したいのが、バイキルトは計算後のダメージにかかるのに対して、スカラは防御力そのものにかかるということです。

つまり、素の防御力が高ければ高いほど防御力アップがかかった時の軽減効果が高くなります。

攻撃力500で防御力600に攻撃
500÷2-600÷4=100ダメージ

防御力600に防御力2段階アップ
500÷2-600÷4×1.4=40ダメージ

攻撃力500で防御力400に攻撃
500÷2-400÷4=150ダメージ

防御力400に防御力2段階アップ
500÷2-400÷4×1.4=110ダメージ

防御力600の場合は60ダメージも軽減できていますが、防御力400の場合は40しか軽減できていません。

スクルトは素の防御力が低いモンスターにかけるよりも、素の防御力が高い方がより効果的に使うことができます。

◆スクルトの使いどころ

スクルトは補助呪文としては存在感が薄いです。
ダメージの軽減効果が少ないため、ピオリムをかけた方が効果的なことが多いです。

究極転生への道や、カーニバル地獄級程度の難易度のクエストでは使ってもそこまで効果を感じられないでしょう。

ただ、最近は竜神王の試練など高難易度クエストが増えてきているため、シビアなHP管理が必要な場面では使えます。

かなり使う場面が限られてくるので、ピオリムのように誰に付けても使いやすい呪文ではありません。

使う場面を見極めてから覚えさせましょう。

◆重ねがけのタイミング

重ねがけできる補助呪文の効果が切れる時は、1段階づつ下がるわけではなく2段階一気に下がります。
そのため効果が継続している間にかけなおせば常に2段階アップの状態を維持する事ができます。

スクルトの効果が切れるターン数はランダムです。
2~5ターン経過すると効果が切れるので、確実に切らさないようにするためには2ターンに1回かけなおした方がいいです。

維持ターン数と効果が切れる確率はピオリムと同じです。

◆代表的な特技タマゴの入手先
・リーフエッグ(悪魔 超級)
・タマゴーレム(ドラゴン 上級、タマゴロンの隠れ家、ちいさなメダル40枚)

リーフエッグとタマゴーレムでしか覚えることができないので、自然系、ドラゴン系、物質系、魔獣系のモンスターにしか使えません。

ちいさなメダルで手に入るタマゴーレムが最も入手難易度が低いので、クエストで使いやすいモンスターが多い物質系のモンスターに覚えさせるのが適しています。

闘技場ではスクルトをかける暇がないので、闘技場向きのモンスターが多い魔獣系は不向きでしょう。

ランキング